1.2 C
ブリュッセル
12月(日曜日)3、2023
ヨーロッパ欧州連合、重要な原材料リストにリチウムを追加

欧州連合、重要な原材料リストにリチウムを追加

欧州連合は、輸入への依存を減らすための戦略の一環として、電気自動車(EV)に電力を供給するバッテリーに使用されるリチウムを重要な材料のリストに追加しました。

アナリストの推定によると、27か国のグループは、60年までにEVバッテリーとエネルギー貯蔵のために約15倍のリチウムと2050倍のコバルトを必要とします。 ハイテク機器や軍事用途で使用される希土類に対するEUの需要は、同期間に10倍に増加すると予測されています。

EUの執行機関である欧州委員会は木曜日に、コロナウイルスのパンデミックが、リモートワーク、教育、通信のための電子機器と技術への世界の依存の高まりを浮き彫りにしたと述べた。

その結果、これらの品目を製造するために必要な主要な要素の不足は、重要な産業を弱体化させ、中国や他の資源の豊富な国からの供給スクイーズにブロックをさらす恐れがあると委員会は述べた。

マロシュ・シェフチョビッチ副大統領は声明のなかで、「アプローチを大幅に変える必要がある」と述べた。 「現在の化石燃料への依存を重要な原材料への依存に置き換えることはできません。」

EU はレアアースの約 98% を中国から輸入しています。 Turkey チリはホウ酸塩の 98% を供給しており、チリはヨーロッパのリチウム需要の 78% を満たしています。 南アフリカはプラチナの 71% を供給し、ブラジルはニオブの 85% を供給しています。ニオブは、ジェット エンジン、ガーダー、石油パイプラインで使用される合金鋼の重要な部分です。

「私たちは完全に第三国に依存する余裕はありません」とヨーロッパの産業委員であるティエリー・ブルトンは言いました。 「第三国からの供給を多様化し、希土類の抽出、処理、リサイクル、精製、分離のためのEU独自の能力を開発することにより、私たちはより回復力と持続可能性を高めることができます。」

コモディティ価格の高騰に対応して2011年に重要な原材料の在庫を最初に作成したベルギーを拠点とする団体は、航空宇宙や整形外科用インプラントに使用されるボーキサイトとチタン、およびEV磁石の成分であるストロンチウムも追加しました。リスト。 体はまた、30の材料のグループからヘリウムを排除しました。

3月XNUMX日に発表された戦略の一環として、欧州委員会は年末までに原材料同盟を結成することを誓約しました。

連立には、業界のメンバー、投資家、欧州投資銀行、EU諸国など、生の鉱物のサプライチェーンを確保するのに役立つ人々が含まれます。

委員会はまた、重要な元素、特に希土類のリサイクルを促進することを計画しています。 リサイクルはうまくいくと言われています ヨーロッパ、コンポーネントを含む製品の1%未満が実際に回収されます。

この活動はヨーロッパ内の投資と革新を促進するだろうとそれは述べた。

委員会はまた、来年、カナダおよび関心のあるアフリカ諸国とのパートナーシップを開始したいと述べた。

—この記事はMINING.comに最初に掲載されました.

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-