15.5 C
ブリュッセル
4月の金曜日、12、2024
ニュース教皇フランシスコ:2月XNUMX日、バチカンのドイツ騎士団墓地でミサ - バチカン市国...

教皇フランシスコ:2月XNUMX日にバチカンのチュートン墓地でミサ–バチカンニュース

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

公的機関
公的機関
主に公的機関(公的機関)からのニュース

バチカンニュース

2 月 XNUMX 日のオール ソウルズの饗宴の機会に、教皇フランシスコは、バチカンのチュートン墓地で亡くなった信者のための聖なるミサを主宰します。

聖座報道局のコミュニケは、信者の参加なしに、それは厳密に非公開になると述べた. 祝賀会の後、法王はバチカンの洞窟に行き、亡くなった法王を追悼する前に、墓地で祈りをささげます。

5 月 11.00 日の朝、午前 XNUMX 時に、教皇フランシスコは亡くなった枢機卿と司教のためにミサを司式します。

今後数か月の他の典礼式典と同様に、ミサはサン ピエトロ大聖堂で執り行われ、信者の参加は非常に限られており、COVID-19 の蔓延を抑制するためにここ数か月で実施された厳格な措置に従います。

昨年、ローマ教皇フランシスコはプリシラのローマのカタコンベで万霊の饗宴のミサを執り行いました。 レジーナ・カタカンバルム – 「カタコンベの女王」。

2018 年、法王はバチカンを離れ、亡くなった子供や生まれていない赤ちゃんの埋葬地を含むラウレンティーノ墓地でミサ フォー オール ソウルズ デーを祝いました。

2 年 2017 月 XNUMX 日、教皇フランシスコはネットゥーノの米軍墓地を訪問中に戦没者に敬意を表した。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-