1.5 C
ブリュッセル
2月(水曜日)28、2024
編集者の選択太極拳と財政の正義、インドのスピリチュアルな運動に反対

台湾の精神運動に反対する太極拳と財政正義

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

アレッサンドロ・アミカレッリ
アレッサンドロ・アミカレッリ
Obaseki&Co Ltd(ロンドンのObaseki Solicitors Law Firm)のメンバー兼ディレクターであるAlessandro(Alex)Amicarelliは、イングランドとウェールズの上級裁判所の弁護士であり、国際人権法と移民を専門とするイタリアの法廷弁護士です。と難民法、投資と持続可能な開発と国際協力も扱っています。

欧州信教の自由連盟(FOB)として、そして人権弁護士としての私は、宗教的および精神的マイノリティとそのメンバーに対する差別の事例を目撃し、対処してきました。

財政や税の問題は、たとえば、グループの成長が速すぎる場合や当局に嫌われている場合など、一部のグループの活動を停止するために政府によって使用されてきました。

このような制度が国内で実施されている場合、これらのグループが免税ステータスを拒否されたり、しばらく楽しんだ後にステータスが取り消されたりすることがあります。

これは、外だけでなく、西側諸国でも起こっています ヨーロッパ 誰かが考えるかもしれないように。

台湾は今や完全な民主主義であり、その現在の状況は複雑な過去に由来しています。 しかし結局のところ、戒厳令の時代は長い間過ぎ去りました。

台湾は私が何度も訪れて良かった素晴らしい国であり、そこで私はコースを教えることもできました。 人権、2012年に蘇州大学でのマイノリティ法と信教の自由。

同じ建物の中に、異なる宗教の礼拝所が見られる台湾の文化的、宗教的、精神的な多様性に感銘を受けました。 隣同士。 文字通り。

台湾の精神運動に反対する太極拳と財政正義 台湾の精神運動に反対する太極拳と財政正義
台湾の精神運動に反対する太極拳と財政正義2

Tai Ji Menコミュニティが関与する税務訴訟は、長すぎます。 実際、すべての税務請求が裁判所で消去され、請求はもう存在しないはずですが、1992年の税務請求は、Tai Ji Menを支持する裁判所の判決にもかかわらず、税務署によって維持されています。裁判費用で数百万台湾ドルを彼らに費やした後、TaiJiMenに損害を与えます。

進行中のTJM事件は、一般的には容認できないものであり、法的な観点から理解することも非常に困難です。

「禁反言」の法原理に基づいて、Tai Ji Menは、争議がまったくないはずであるため、争議された1992年に税金を支払わなければならないと主張または主張することはできません。これは、特に私たちが「正当な期待」(または法的確実性)のもうXNUMXつの原則を説明します。これによれば、法に基づいて誠実に行動する人々は、現状または見た目どおりに、期待に挫折してはなりません。

欧州信教の自由連盟(FOB)として、私は個人的に、この訴訟が可能な限り最善の方法で終結し、タイ・ジメンを称え、人権と基本的自由の保護に対する台湾の民主的な成果とコミットメントを称えることを望んでいます。

私たちの期待は、台湾がこれらの原則を尊重し、それらを遵守することにより、この問題に関するタイジメンのすべての法的期待に最終的に完全に応えることです。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-