1.3 C
ブリュッセル
2月(水曜日)28、2024
ヨーロッパ世界: 予算から人道援助活動の資金調達に関する決定を実施する委員会...

世界:欧州連合の予算からの人道援助活動の資金調達に関する委員会実施決定

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

欧州委員会、

欧州連合の機能に関する条約、欧州議会および理事会の 2018 年 1046 月 18 日の規則 (EU、Euratom) 2018/1296 を考慮して、規則を修正し、欧州連合の一般予算に適用される財政規則に関する(EU) No 2013/1301、(EU) No 2013/1303、(EU) No 2013/1304、(EU) No 2013/1309、(EU) No 2013/1316、(EU) No 2013/223、(EU) No 2014/283 ) No 2014/541、(EU) No 2014/966、Decision No 20121/110/EU および廃止規則 (EU、Euratom) No XNUMX/XNUMX、特にその第 XNUMX 条、

人道援助に関する 1257 年 96 月 20 日の理事会規則 (EC) No 1996/2 1 (「人道援助規則」または「HAR」)、特に第 XNUMX 条を考慮し、

第2条、第4条並びに第15条(2)及び(3)

2013 年 755 月 25 日の理事会決定 2013/3/EU の EU との海外の国および地域の連合 (「海外連合決定」)79 、特にその第 XNUMX 条を考慮し、

一方:

(1) 2021 年に向けた EU の人道援助活動の実施を確実にするために、2021 年に向けた年次財政決定を採択する必要がある。規則 (EU、Euratom) 110/2018 の第 1046 条)は、資金調達の決定に関する詳細なルールを確立します。

(2) 自然災害によって引き起こされる人的および経済的損失は、突然発生するかゆっくり発生するかにかかわらず、壊滅的です。 自然災害は、気候変動により激しさと範囲が拡大しており、人命の喪失、身体的および心理的または社会的苦痛、または物的損害が絶えず増加しています。

(3) 複雑な危機とも呼ばれ、主に紛争の結果として生じる人為的な人道的危機は、今日、世界の人道的および保護のニーズの主な原因であり、ますます長期化しています。

(4) COVID-19 などのパンデミックによる直接的および間接的な人道的影響は、同様に壊滅的である可能性があり、人道的観点からも対処する必要があります。

(5) この決定に基づいて資金提供される人道援助は、特に人道物資および要員の保護を含む、HAR の第 2 条 (c) および第 4 条で言及されているように、不可欠な活動および人道組織への支援サービスもカバーする必要があります。

(6) EU は 28 年 20124 月 1 日に食糧支援条約の締約国となった2013。 条約は 5 年 350 月 000 日に発効しました。条約の第 000 条に従って、この決定に基づいて資金提供される食糧および栄養支援として費やされる 2021 ユーロの金額は、食糧援助条約に基づく連合のXNUMX年。

(7) 原則として、本決定により資金提供される助成金は共同出資されるべきであるが、特例として、認可官は、財政規則の第 190 条(3)に従って、適切な正当性を提供して、その資金調達を完全に認可することができる。受賞決定で。

(8) 想定される支援は、第 215 条 TFEU5 に従って採択された制限措置によって定められた条件および手順に従うことである。 人道援助のニーズに基づく公平な性質は、連合が危機や連合の制限措置の対象となる国での人道援助に資金を提供するよう求められる可能性があることを意味します。
関連する国際人道法の原則、および TFEU の第 214 条第 2 項で言及されている公平性、中立性、および非差別の原則に従って、連合は、市民による人道的救援への迅速かつ妨げられないアクセスを許可し、促進する必要があります。必要。 関連するEUの制限的措置は、意図された最終受益者への人道援助の提供を妨げないように解釈され、実施されるべきである。

(9) 欧州委員会は、関連する協定の締結を条件として、金融規則の第 21 条(2)(a)(ii)に従って行われた他のドナ​​ーからの寄付を認め、受け入れるべきである。 そのような拠出金がユーロ建てでない場合、換算の合理的な見積もりを行う必要があります。

(10) 予見できない作戦をカバーするために、人道援助のための連合予算の一部を予備費として維持することが望ましい。

(11) EU の資金提供が HAR 第 7 条に従って非政府組織に付与される場合、その資金の受益者が長期的にコミットメントを果たすことができることを保証するために、責任を負う認可官は、関連する非政府組織は、特に法的、運営的、財政的能力に関して、必要な適格性と選択基準を満たしています。 行われる検証では、関係する非政府組織が、人道援助に関する欧州コンセンサスに定められた人道原則に従って人道援助を提供できるかどうかを確認することも求めなければなりません。

(12) EU が HAR 第 9 条に従って加盟国の専門機関の人道援助活動に資金を提供する場合、EU 助成金の受益者が長期的にその約束を果たすことができることを保証するために、責任を負う認可官は、この決定に基づいて財政支援を受けることを希望する加盟国の専門機関の法的能力、運用能力、および関連する団体または機関が私法に準拠している場合の財政能力を検証する必要があります。 行われる検証は、特に、関係する加盟国の専門機関が、人道援助に関する欧州コンセンサスに定められた人道原則に従って、連合外で人道援助または同等の国際的救済を提供できるかどうかを確認するよう努めるべきである。

(13) 金融規則の第 195(a) 条に従い、HAR 第 7 条で言及されている目的のための適格性および適合性基準を満たす非政府組織への提案を求めることなく、助成金の授与を承認することは適切である。人道援助の。

(14) 欧州委員会は、危機管理援助またはその他の例外的および緊急事態における極度の緊急性を理由として、この決定の採択日の前である助成金申請書の提出日より前の日付で、費用の適格性を承認する必要があります。欧州連合による早期の関与が非常に重要となる、正当に実証された緊急事態。

(15) 国連や赤十字社、赤十字社などの国際機関の特定の権限を考慮しながら、関連するすべての危機的状況において、連合が資金提供する人道援助の分野で効果的な提供を確保するため。三日月運動(国際赤十字委員会および国際赤十字・赤新月社連盟)では、連合が資金を提供する人道支援活動の実施のために間接的な管理を使用する必要があります。

(16) 欧州委員会は、金融規則の第 154 条(3)に規定されているように、間接管理によって連合資金の実施を委託された団体および個人に関して、連合の財政的利益の保護レベルを確保するものとする。 この目的のために、そのような事業体および個人は、金融規則の第 154 条(4)に従ってシステムおよび手順の評価を受けなければならず7、必要に応じて金融規則の第 154 条(5)に従って適切な監督措置を受けることになります。拠出契約が署名される前に金融規制。

(17) 金融規則第 116 条第 5 項に基づく延滞利息の支払いを考慮する必要があります。

(18) 作業プログラムの実施に柔軟性を持たせるために、金融規則の第 110 条(5)の目的上実質的と見なされるべきではない変更を許可することが適切である。

(19) この決定で規定されている措置は、HAR 第 17 条第 1 項によって設立された人道援助委員会の意見に従っている。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-