4.4 C
ブリュッセル
12月月曜日、4、2023
宗教キリスト教教会の会員数が50%を下回ると、米国はヨーロッパに続きます

教会の会員数が50%を下回ると、米国はヨーロッパに続きます

(写真:ロイター/アンドリュー・ウィニング)カンタベリー大主教ローワン・ウィリアムズ(R)と無神論者のリチャード・ドーキンスが、オックスフォード大学のクラレンドン・ハウスの外で写真を撮り、23年2012月XNUMX日、中央イングランドのオックスフォードのシェルドニアン劇場で討論する。討論の名前は「人間の性質と彼らの究極の起源の問題」です。

(写真:ロイター/アンドリュー・ウィニング)カンタベリー大主教ローワン・ウィリアムズ(R)と無神論者のリチャード・ドーキンスが、オックスフォード大学のクラレンドン・ハウスの外で写真を撮り、23年2012月XNUMX日、中央イングランドのオックスフォードのシェルドニアン劇場で討論する。討論の名前は「人間の性質と彼らの究極の起源の問題」です。

アメリカ人はヨーロッパ人のパターンに従い、礼拝所に行くことが少なくなり、世俗的になっているようです。

自分たちを教会、シナゴーグ、またはモスクのメンバーと見なすアメリカ人の割合は、50%を下回りました。 ギャラップ世論調査 29月XNUMX日リリースが見つかりました。

ギャラップが1937年に教会の会員数が73%だったときに最初に質問したのは、これが初めてのことです。

アメリカ人の礼拝所の会員数は昨年も減少を続け、ギャラップの50年の傾向で初めてXNUMX%を下回りました。

2020年には、アメリカ人の47%が教会、シナゴーグ、またはモスクに所属していると述べ、50年の2018%から70年の1999%に減少しました。

「近年、調査データは、米国の人口が宗教機関から一般的な棄教へと大きく変化していることを示しています。アナリストは、この傾向は、政治、ビジネス、およびアメリカ人のグループ化に大きな影響を与える可能性があると述べています。」 ワシントン・ポスト 報告した。

2020年には、アメリカ人の47%が、教会、シナゴーグ、またはモスクに所属していると述べました。

世論調査会社はまた、宗教が彼らにとって非常に重要であると言った人々の数が48パーセントに減少したことを発見しました。これは2000年以来の世論調査の新しい最低点です。

ギャラップが1937年に最初に測定されたとき、米国の教会の会員数は73%であり、70世紀の変わり目に着実に減少し始める前に、次の21年間はXNUMX%近くに留まりました。

ギャラップは、多くのアメリカ人が今週イースターと過越の祭りを祝うので、過去2019年間の教会会員の減少を調べた20年の分析を更新していると言いました。

ギャラップは、年にXNUMX回、アメリカ人に彼らの宗教的態度と慣習について一連の質問をしていると述べた。

伝統主義者の66%、つまり1946年以前に生まれた米国の成人は教会に所属しているため、教会の会員数は年齢と強く相関していることがわかりました。

これは、ベビーブーム世代の58%、ジェネレーションXの50%と比較して、1960年代半ばから1980年代初頭に生まれたアメリカ人の世代です。 ミレニアル世代の36%は、1981年から1996年の間に生まれました。

「米国は依然として宗教国家であり、10人にXNUMX人以上が何らかの組織的宗教に所属しています」とギャラップの報告書は述べています。

「しかし、特定の礼拝所の正式な会員資格を持っている人ははるかに少なく、現在は半分未満です。

「2020年に見られた減少の一部は一時的なものであり、コロナウイルスのパンデミックに関連している可能性がありますが、若い世代と古い世代の成人の宗教と教会の会員数がはるかに低いことを考えると、今後数十年間の継続的な減少は避けられないようです。」

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-