11.8 C
ブリュッセル
10月(日曜日)1、2023
ニュース行為は宗教を妨害し、「すべての人に平等」を提供するものではありません

行為は宗教を妨害し、「すべての人に平等」を提供するものではありません

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

著者からのより多く

支援の呼びかけ、マラケシュ地震の犠牲者はあなたの助けを必要としています

0
8年2023月XNUMX日のマラケシュ地方はモロッコ史上最も暴力的な事件の一つとなった。 アルハウズ地方は大きな被害を受け、多くの人命が失われ、村全体が破壊されました。
メンタルヘルス

ヨーロッパで最もストレスの多い国が精神医療に革命を起こしている

0
ギリシャの精神衛生危機の隠された現実と、サービスを強化する取り組みをご覧ください。 5 か年計画と直面する課題について学びます。
迫害されたキリスト教徒 - サハラ以南アフリカにおけるキリスト教徒の迫害に関する欧州議会での会議 (クレジット: MEP Bert-Jan Ruissen)

迫害されているキリスト教徒に対する沈黙を破る

0
バート=ヤン・ルイセン議員は、世界中で迫害されているキリスト教徒の苦しみをめぐる沈黙を非難するため、欧州議会で会議と展示会を開催した。 EUは、特にこの沈黙により命が失われているアフリカにおいて、信教の自由の侵害に対してより強力な行動をとらなければならない。

スタッフ編集部

メアリー・モネによるグラフィック

多くの宗教団体が憲法修正第 25 条の権利に対する脅威を懸念しているにもかかわらず、下院は XNUMX 月 XNUMX 日に平等法を可決しました。または宗教的信念。

新しい法律を支持しない多くの非教会所有グループに加えて、カトリック教会、ユダヤ人価値連合、福音教会、セブンスデー アドベンチスト教会などの宗教団体はすべて、平等に激しく反対しています。活動。
米国カトリック司教会議によると、「カトリック教会は、米国で最大の非政府人道的サービス提供者であり、教区、学校、病院、シェルター、法律診療所、フードバンクを通じて、困っている何百万人ものアメリカ人を助けています。そして慈善団体。 カトリック教会は慈善団体を通じて何百万人ものアメリカ人を支援しているため、なぜカトリック教会が人道的であると主張する平等法に反対するのかと疑問に思う人もいるかもしれません。 平等法に対する信念を明確にするために、USCCB は次のような声明を発表しました。 すべての人は神のかたちに造られており、敬意と思いやりを持ってそれに応じて扱われるべきです。 つまり、不当な差別を受けないというすべての人の権利を尊重する必要があるということです。」
法案は善意であるが最終的には誤った方向に導かれていると述べることから始めて、USCCB はこの行為を解決し、「信仰を持つ人々を差別し、胎児の生命を脅かし、共通の利益を弱体化させます」。 彼らは、この行為が宗教施設に彼らの信念に違反する行事を主催することを強制するだけでなく、連邦納税者の資金の使用の禁止を危険にさらすことになると信じています。
福音教会も平等法は信教の自由の侵害であると信じている。 全米福音主義者協会会長のウォルター・キムは、平等法がどのようにあるグループの自由を他のグループよりも優遇しているかについて言及した。 「平等法は、すべてのアメリカ人のニーズを尊重する、慎重に作られた双方にとって有利な解決策を提供する代わりに、 性的少数者 神が人間を男と女として創造したことや、性的親密さは女性と男性の結婚にのみ与えられた神からの貴重な贈り物であると信じる人々に反対する人々だ」とキム氏は語った。
NAE が発表した声明では、宗教的慈善団体が規制されているという懸念が提起されています。 「下院で可決された平等法のバージョンは、機関に宗教的信念を変えるか、私たちの慈善部門を非常にダイナミックにする官民パートナーシップから撤退するよう圧力をかけるでしょう. もしそれが法律になったら、何十年にもわたる論争の的となっている訴訟を引き裂くでしょう」とnae.netは述べています.
福音教会は、すべてのアメリカ人の完全な平等を促進するのではなく、下院の行動はアメリカの深い二極化を克服するという重要な仕事を後退させると信じています.
不可知論者のフェミニスト リーダーであるナターシャ チャートと正統派ユダヤ教のラビであるラビ ヤーコフ メンケンは、coalitionforjewishvalues.org で平等法について話しました。 平等法は、差別や偏見との戦いとして推進されてきました。 チャートとメンケンは、coalitionforjewishvalues.org で、「実際には、これは憲法によって保証されている自由に対する戦いであり、急進的なフェミニズムと伝統的な宗教の両方が共有するほど一般的な見解です」と述べています。 「私たちは、平等法が致命的な欠陥があり、憎悪に満ちた法律であることに全面的に同意します」と彼らは言いました。
メンケンは、この行為がユダヤ人の慣行に与える影響についての考えを表明しました。 メンケンは、不当なスポーツの変化に加えて、「平等法も同様に、生物学的男性が女性用トイレ、更衣施設、避難所にアクセスできるようにすることを要求しています。 公共のイベントで座席を分けたり、運動施設 (特にプール) を別の時間に利用したりするなど、宗教的に動機づけられた正統派ユダヤ教の慣行は違法となるでしょう。」 彼の意見では、平等法は、1993 年の宗教の自由回復法の下で保証されていた宗教的実践の保護を具体的に剥ぎ取っています。 congress.gov. によると、負担が一般的な適用規則に起因する場合でも、宗教の行使は行われます。
チャートとメンケンは、平等法の過激主義についても議論しています。 彼らによると、公民権法は意図的に、元奴隷の子孫に対する現在進行中の人種差別を是正するために設計された率直な法的手段です。 「したがって、平等法は、同性婚への参加を宗教的に動機付けて拒否することは、KKK メンバーが多民族のカップルの結婚式に応じることを拒否することと同じであると見なしている. これは、平等法が法律である世界では、伝統的な宗教的慣行がジム・クロウと同じように受け入れられないことを意味します。」
また、AdventistReview.org によると、セブンスデー アドベンチスト教会は平等法に反対しています。 「セブンスデー・アドベンチスト教会は、すべての人が神のかたちに造られ、尊厳、思いやり、敬意を持って扱われるべきであると固く信じていますが、教会は、起草された平等法が信仰共同体の宗教の自由をさらに侵食することを依然として懸念しています。とそのメンバー」と AdventistReview.org は述べています。
アドベンチスト・レビューは、この法律は、信仰のあるコミュニティや個人が結婚やジェンダーについて伝統的な見解を保持することを認めていないと考えています. 彼らはまた、この法律は、社会奉仕、人道支援、および教育機関が奉仕を続けることを可能にする保護を提供していないと述べています.
セブンスデー アドベンチスト教会の北アメリカ支部の会長である G. アレクサンダー ブライアントは、立法の進展に応えました。 「私たちの国では信仰を持つ人々が重要な役割を果たしており、この重要な会話の中で彼らの価値観が考慮されているのを見ると勇気づけられます。 公平かつバランスの取れた方法で、すべてのアメリカ人の権利を保護する方法を見つける必要があります」とブライアントは言いました。
全米レポーターであり、religionnews.com の上級編集者である Yonat Shimron 氏によると、多くのグループが、平等法が法制化された場合に何が起こるかを予測しています。 予測の中には、宗教学校の子供たちのための無料または割引価格の昼食プログラムを停止するという懸念、正統派ユダヤ教のシナゴーグに対する連邦政府のセキュリティ助成金に対する脅威の懸念、および宗教大学の学生が連邦の学生ローンを受け取ることができなくなるという脅威があります。そして、結婚に対する彼らの見解のために助成金を与えます。 これは、学生だけでなく、ビジネス オーナーにとっても有効な問題です。
「この法案はまた、個人や組織の宗教的行為を保護する 1993 年の法律である宗教の自由回復法 (RFRA) を無効にすることにより、差別の主張から身を守る人々の能力を制限することになるでしょう」とシムロンは言いました。 「つまり、パン屋は、たとえば RFRA の弁護を使用して、同性カップルへのウエディング ケーキ サービスを拒否することはできなくなります。」
WVIK (90.3 FM) の宗教と信念の特派員である Tom Gjelten は、この法律は、人種差別に関与する機関が連邦資金から締め出される可能性があることを説明する公民権法第 VI 編の規定を拡張し、人種差別に基づく差別をカバーするようになると書いています。性的指向と性自認。 「しかし、多くの宗教関連の学校では、性行為に関連する厳格な道徳規範を生徒に順守させるか、トランスジェンダーの人々を受け入れない男女別の住居を用意する必要があります」とジェルテンは言いました。 これは明らかに、これらの学校から連邦政府の資金を奪うことになります。
平等法はすべての人に平等を求めるキャンペーンを行っていますが、可決された場合、同性結婚や性転換を信じていない伝統的なグループの宗教的自由を侵害することになります。 どのグループもその権利を剥奪されるべきではなく、異なる意見を持つ市民は、法を自分たちのイデオロギーに適合させようとするのではなく、尊重を実践する必要があります。 対立する側の人々のための妥協案は、ユタ州のクリス・スチュワート下院議員によって導入された、すべての人の公正法です。 Council for Christian Colleges and Universities によると、「このイニシアチブは、宗教の自由と LGBTQ の人々に対する連邦政府の保護を同時に組み合わせる方法を見つけようとしています。もう一つ。 すべての人の公平性に関する法律は、雇用、住宅、店舗、レストラン、金融サービス、陪審義務サービスなどの公共スペースの分野で LGBTQ の人々を法的に保護します。 cccu.org によると、LGBTQ の人々にこれらの保護を提供する一方で、すべての人の公正法は「憲法によって保証されている宗教的権利の完全な範囲」を法律に追加します。
現在上院に提出されている平等法は、反対する必要がある信教の自由に対する抑圧です。 平等法が可決され、修正第 XNUMX 条の権利が妨げられるのを阻止するために、市民は請願書に署名し、自分のコミュニティ内で自由に会話し、必要に応じて抗議する必要があります。 すべての人間を尊重することは、この問題のそれぞれの側にとって主な関心事ですが、意見の相違があっても、他の人を尊厳をもって扱うことが重要です. ウィンストン・チャーチルは次のように述べています。 座って聞くのにも勇気が必要です。」 この問題について強く感じている場合は、敬意を持って声を上げ、請願書に署名し、すべての人間の権利を擁護してください。

- 広告 ​​-
-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-