7 C
ブリュッセル
2月(水曜日)28、2024
ヨーロッパミャンマー西部の教会は軍事政権による攻撃に直面している

ミャンマー西部の教会は軍事政権による攻撃に直面している

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。
(写真:REUTERS / Soe Zeya Tun)カトリック教徒は、500年21月2014日、ヤンゴンのセントメアリー教会でミャンマーにカトリック教会が存在するXNUMX年目のヨベルの年を記念してスピーチを聞きます。

ミャンマー軍事政権の治安部隊は、1 月 XNUMX 日の反乱に反対する民族武装勢力や民兵との衝突の際に、国の西部で教会を占拠し、難民への食糧援助物資を破壊しました。

軍事政権に対抗するのは、軍事政権に反対するために市民によって形成された数百の民兵グループの多くであり、その中には何十年にもわたってミャンマー軍と戦っている武装民族グループから訓練と支援を受けているものもある. ラジオフリーアジア 報告した。

チン州のキリスト教徒コミュニティにも緊張が波及している。

より多くの教会が標的にされており、ビルマ軍(国軍)と民族民兵グループとの間の戦いが続いているため、ミャンマーからの冒涜された報告は、特にチン州などのキリスト教徒が多数を占める州で示されている.

国際的なキリスト教の懸念 は、チン州のファラム タウンシップにあるバプテスト教会の冒涜を明らかにしました。

国軍が占領している同じ州のカトリック教会も、兵士の招かれざる滞在中に冒涜されたと述べた.

ミリタリープッチ

ミャンマー軍は1月XNUMX日、選出されたアウンサンスーチー政権を打倒し、複数の政治指導者を投獄した後、権力を掌握した。

ICC は、ミンダット タウンシップのチャット村にあるセント ジョン カトリック教会の占拠に関する UCA ニュースの報道を引用した。

伝えられるところによると、治安部隊の兵士は奉献されたホストを連れ去り、幕屋を開き、施錠されたキャビネットを破壊した.

さらに、衣服やその他の物が床に散らばり、開いた幕屋と破壊された鍵のかかったキャビネットが居住者によって共有された写真で見ることができました.

チャットの別のバプテスト教会も、聖書と発電機を破壊されました。

ICC によると、国軍はミャンマーのキリスト教徒に対して特に敵対的である。その理由は、彼らの宗教と、彼らの多くが自治を求める同国の少数民族グループに属しているためである。

「彼らのキリスト教徒の信仰がいかに彼らにとって神聖なものであるかを知っている兵士たちは、彼らの崇拝の場所を猛烈に標的にし、多くのキリスト教徒とその指導者を悲しませています」と ICC は述べた。

UCA の報告によると、15 月 XNUMX 日、キリスト教徒が圧倒的に多いミャンマー西部チン州のバプテスト教会が、同地域で激化する戦闘の最中に軍に攻撃された。

キリスト教徒の情報源と地元メディアの報道によると、14 月 XNUMX 日の夜、タントランのジョンソン メモリアル バプテスト教会が砲撃を受けました。

教会の窓が割られ、屋根が損傷したにもかかわらず、死傷者は報告されていません。

この攻撃は、先週、チン国軍と地元のレジスタンス グループであるチンランド国防軍で構成されたチームが軍の前哨基地を制圧し、少なくとも 12 人の兵士が死亡した後、タントラング タウンシップのラングラー村に対する軍の空爆と砲撃の後に発生しました。

支援団体によると、1,800月10日から14月XNUMX日までの間に、タントラン郡区のさまざまな村からXNUMX人以上が国境を越えてインド北東部のミゾラムに逃げたが、一部の人々は近くの村に避難した.

「彼らは、ミンダット タウンシップのチャット村にある地元の教会で、酒場のように酒を飲み、ふるまいをしていました。 教会には多くの破壊があります」と RFA によると、Chin Baptist Convention の事務局長である Law Ha Ling 氏は語った。

「こんなことがあってはならない。 特に私たちのような国は、私たちが一緒に築いてきた多民族、多宗教の国であり、彼らはさらに注意を払うべきだと思います」と彼は言いました。

「国を統治する者は誰であろうと、この種のことを起こしてはならない…宗教を侮辱することによって。 それは、その宗教を信じる民族に対する侮辱と見なされる可能性があります。」

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-