10.3 C
ブリュッセル
12月(日曜日)10、2023
食品新しい食品安全実践コミュニティは、知識の共有と改善に役立ちます...

新しい食品安全実践共同体は、知識を共有し、実践を改善するのに役立ちます

WHOは、新しい食品安全実践共同体(COP)の立ち上げを発表しました。 Community of Practiceは、食品安全の問題に取り組み、関心を共有し、この分野の知識と専門知識を深め、情報を交換し、継続的に対話することでアイデアについて話し合うグローバルな専門家のための新しいピアツーピアオンラインフォーラムです。 

COPの目標は、学習の可能性を広げ、多様な経験と知識を共有し、新しい視点の理解を促し、個人および集団の学習を刺激することです。 この機能的で活発な開業医のコミュニティは、時間の経過とともに質の高い技術情報を合理化および拡張するのに役立ちます。

実践共同体は次のことを行います。

  • 知識を共有、交換、開発し、実践を改善します。   
  • 定期的なイベントで専門家から直接学ぶ。 
  • WHOの食品安全リソースおよび新しい出版物に関する最新情報にアクセスします。
  • メンバーの集合的な反省に基づいて学んだ教訓と知識を共有します。

メンバーは、定期的なウェビナー、毎月の更新、および食品安全リソースにアクセスできます。 また、リソース、イベントのお知らせ、その他の食品安全に関するコンテンツを提出して、実践共同体の他のメンバーと共有します。

詳細については、 食品安全実践共同体のウェブページ.

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-