5.9 C
ブリュッセル
2月(木曜日)29、2024
ニュースレターウェブの周りからの宗教ニュース14年2022月XNUMX日

ウェブの周りからの宗教ニュース14年2022月XNUMX日

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

WRN編集スタッフ
WRN編集スタッフhttps://www.worldreligionnews.com
WRN World Religion Newsは、接続された世界のために配線されたフレームワーク内であなたを驚かせ、挑戦し、啓発し、楽しませ、従事させる方法で宗教の世界について話すためにここにあります。 私たちは不可知論からウィッカまでのすべての世界の宗教とその間のすべての宗教をカバーしています。 だから、飛び込んで、あなたがどう思うか、感じるか、嫌うか、愛するか、嫌うか、多かれ少なかれ見たいか、そして常に最高の真実を選んでください。

マクロン政権はフランスのイスラム教の再編を目指しています。 信教の自由とバイデンの最も可能性の高い最高裁判所の選択; アリゾナは宗教の自由とLGBTQの権利の間で妥協を試みます。 メソジストは棄教規則を明確にします。 BYUゲイデート禁止に対する苦情は却下されました

マクロン政権はフランスでイスラム教の再編を目指す

イスラム教徒のメッカ巡礼

フランス政府は先週導入しました フランスのイスラムのフォーラム –その国のイスラム教を再形成するための新しい組織、過激主義を取り除くためのエマニュエルマクロン大統領の努力の一部。 グループのリーダーシップは、西ヨーロッパで最大のイスラム教徒のコミュニティを導くのを助けるために聖職者と一般の人々で構成されます。 そのメンバー全員が政府によって厳選されます。 フランスは過激派の問題を経験しているが、批評家たちは、フランスの10月XNUMX日の大統領選挙に先立って、右翼の有権者をマクロンのセントリスト党に誘惑する政治的策略と見なしている。
信教の自由とバイデンの最も可能性の高い最高裁判所の選択

Religious News From Around the Web February 14, 2022

レオンドラ・リード・クルーガー、準正義
カリフォルニア州最高裁判所と
バイデン大統領の潜在的な最高
裁判所の候補者。

バイデン大統領は言った 彼は黒人女性を選ぶだろう 合衆国最高裁判所の彼の候補者として。 ここに彼の最も可能性の高い選択のいくつかと、彼らの宗教の自由のスタンスについて知られていることを示します。
J.ミシェルチャイルズ サウスカロライナ州の連邦裁判官。
ケタンジブラウンジャクソン コロンビア特別区サーキットの米国控訴裁判所。
レオンドラクルーガー カリフォルニア最高裁判所。

アリゾナは妥協を試みる
アリゾナ-2116045_6402015年にユタは「ユタの妥協、」末日聖徒の指導者と同性愛者の権利の両方によって歓迎された法律は、権利と宗教の自由のバランスをとる突破口として、そして他の保守的な州のモデルとして提唱しています。 アリゾナは現在、同様の「すべてのアリゾナ人の平等と公平」法案は、州の公民権法を更新して、既存の宗教の自由の保護を維持しながら、住宅、雇用、公共施設での反LGBTQ差別を禁止するものです。 提案された法律は、宗教の自由な行使を制限することなくアリゾナの無差別法を強化しようとした信仰の指導者、事業主、およびLGBTQコミュニティのメンバー間の長年の対話から生まれました。 それはユタ妥協と多くのポイントを共有し、 末日聖徒はアリゾナ法案への支持を表明しました.

メソジストは棄教規則を明確にする
メソジストの牧師が LGBT カップルとの結婚を理由に解雇される合同メソジスト教会は、同性愛者の結婚式に対する教会の禁止を強化し、同性愛者の聖職者を実践する一方で、これらの措置に反対した会衆に 「財産を持って」教会を出る 特定の要件を満たしている場合、同性愛に関連する「良心の理由」。 棄教計画は、教会の財産が全宗派の利益のために信頼されていると述べている合同メソジスト教会の何世紀も前の信頼条項から会衆を解放するための限られた方法を提供します。 この規定は、31年2023月XNUMX日までそのような提携解除を許可しています。

BYUゲイデート禁止に対する苦情は却下されました
カトリックのソングライターがプライド月間の歌を作曲米国教育省 苦情を却下した LGBTQの学生に対する私立の宗教学校の扱いについて調査した後、ブリガムヤング大学に対して。 苦情は 同性のロマンチックな関係の大学の禁止。 BYUは、タイトルIX(連邦政府の資金提供を受けている学校での性別による差別を禁止する連邦法)の対象ですが、その宗教的提携により、多くの免除を受ける権利もあります。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-