1.3 C
ブリュッセル
2月(水曜日)28、2024
健康不眠症は精神のキラーです

不眠症は精神のキラーです

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュースレター

安定したメンタルヘルスの秘訣は、私たちが考えるよりもはるかに簡単かもしれません。

米国のビンガムトン大学の科学者のグループは、8日XNUMX時間未満しか眠らない人々が非常に深刻な精神的健康問題を抱えていることを発見しました。

MeredithColes教授と彼女の学生であるJakubNotaは、睡眠障害のある52人のグループを観察しました。

彼らは定期的に不安、無関心、その他の否定的な感情状態を訴えました。 研究の参加者は、ショック、悲しみ、喜びなどのさまざまな状態を引き起こす画像の評価を行う必要がありました。 彼らが答えたときの彼らの目の動きが記録された。

この研究では、睡眠が少ないほど、否定的な感情を呼び起こす画像に注意が向けられることがわかりました。

コールズ教授によると、慢性的な睡眠不足は人々を深刻な感情状態に「閉じ込め」させ、そこから逃れることはできないようです。

科学者たちは、睡眠を改善できれば、死に至る強迫観念などの深刻な精神疾患と戦うことができると信じています。

私たちの感情的な状態に加えて、良い睡眠は免疫系、心臓機能に良いです、そして何人かの研究者によると、アルツハイマー病と脳と神経系の多くの病気の予防です。

睡眠不足は、肥満、高血圧、高コレステロール、糖尿病などの心血管系の問題のいくつかの危険因子を持っている人々にとって特に危険です。

研究者は、睡眠不足は心臓発作や脳卒中による死亡のリスクをXNUMX倍にする可能性があると主張しています。

AFPが引用したこの研究には、平均年齢1,344歳の49人の参加者が参加しました。その42%は、実験室環境で一晩寝ることに同意した男性です。

研究の著者によると、参加者の39%がこれらの危険因子のうち少なくともXNUMXつを持っており、これらが一緒になってメタボリックシンドロームを構成しているとのことです。

参加者の健康状態は16年以上監視され、その間に22%が死亡しました。

実験室での睡眠時間が6時間未満のメタボリックシンドローム患者は、実験室での睡眠時間が2.1時間未満の患者よりも、16歳で心臓発作または脳卒中で死亡する可能性が6倍高かった。 そのような危険因子はありません。

メタボリックシンドロームの影響を受けた人は、影響を受けていない人よりも、何らかの原因で死亡する可能性が1.99倍高くなります。 6時間以上眠ったメタボリックシンドロームの影響を受けた人の場合、死亡のリスクは1.49倍高くなります。

これは、実験室環境での睡眠時間に焦点を当てた最初の研究です。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-