5.1 C
ブリュッセル
2月(火曜日)27、2024
ニュースレターウクライナ:聖座は常に調停の準備ができている-バチカンニュース

ウクライナ:聖座は常に調停の準備ができています–バチカンニュース

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

LindaBordoni著

ピエトロ・パロリン枢機卿国務長官は日曜日、ウクライナでの戦争を終わらせるために聖座が可能な限りのことをする用意があることを繰り返し、モスクワとキエフの間の交渉で仲介者として行動する彼の可用性を確認した。

教皇フランシスコが「神の名において」戦争を止めるように緊急かつ繰り返し訴えた直後に、パロリン枢機卿はイタリアの国家テレビからインタビューを受けました。 数日前にロシアのセルゲイ・ラブロフ外相との会話を想起し、枢機卿は聖座の提案に注意を払いながら、ロシア側では「これまでのところ信号はなかった」と説明しました。機会の。

しかし、枢機卿はまた、「聖座の申し出が受け入れられることは重要ではありません。 重要なことは、起こっていることすべてに終止符を打つ方法が見つかることです」と彼は、継続的な連絡や他の調停が前向きな結果をもたらすことへの希望を表明しました。

一方、パロリン枢機卿は、教会は多くのことを行っており、教皇が平和、祈りのイニシアチブ、連帯、そしてキエフの使徒教皇使節との継続的な接触を繰り返し訴えたことを想起していると述べた。

国務長官枢機卿はまた、ウクライナでの紛争の終結を求める多くのデモの重要性を強調し、アンジェラスの間、教皇は「戦争の終結を求めるために」全員に参加するよう呼びかけたことを想起した。

希望の兆し

ロシアでも平和運動はたくさんあり、これは希望の表れだと彼は述べた。

最後に、この日曜日のアンジェラスでの教皇フランシスコの言葉についてコメントし、パロリン枢機卿は、強く鋭い教皇の言葉だけでなく、彼が感じる痛みを明らかにする話し方にも感銘を受けたと述べました。

「それはそうすることができるだけです。 私たちは皆、意味のないこの戦争に悲しみ、愕然としています。」

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-