9.2 C
ブリュッセル
4月(火曜日)16、2024
人権ポルトガルのカトリック教会が子供に対する性的虐待を調査

ポルトガルのカトリック教会が子供に対する性的虐待を調査

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

JoãoRuyFaustino
JoãoRuyFaustino
João Ruy はポルトガルのフリーランサーで、ヨーロッパの政治的現実について執筆しています。 The European Times. 彼は Revista BANG! の寄稿者でもあります。 Central Comics と Bandas Desenhadas の元ライター。

沈黙に声をかける–ポルトガルのカトリック教会の子供に対する性的虐待の研究のための独立委員会

2021年0月、ポルトガル司教会議は、ポルトガルカトリック教会内で18歳からXNUMX歳までの子供に対する性的虐待事件に関する調査を実施することを決定しました。 

この委員会は、1950年から2022年までの事件を調査し、ポルトガルのカトリック教会における児童の性的虐待の証言を見つけます。 委員会は、ポルトガルおよび他のいくつかの国における「憤慨の波」を認識し、これらの犯罪の調査だけでなく、数人の聖職者の不正行為によって影響を受けた人々へのより大きな支援を求めています。 委員会の意向書の中で、プロジェクトのコーディネーターである精神科医のペドロ・ストレヒトは次のように述べています。

「(…) サーチ 歴史的真実を求めて、社会のさまざまな状況、特にカトリック教会自体の中で、性的虐待の分野で無数の未成年者に何が起きた可能性があるかについて、教会の最高代表である教皇フランシスコ法王が次々と求めてきたビジョンの中で。これらの犯罪の存在を絶対的に認める態度で、明確な解明の対象となっている(…)」

虐待を受けた人は誰でも委員会に連絡し、「チームの専門的な秘密と匿名性の保証を最初から数えて」証言することができます。 証言は、オンラインアンケートまたは電話で行うことができます。

委員会は「あらゆる外力」から完全に独立しており、自律的ですが、感謝します 「ポルトガルのカトリック教会、すなわち司教会議の議長であるD.ホセオルネラスは、法王フランシスコによって定められたガイドラインに従って、このチームの構成と必要なものを提供するための可用性に完全な信頼を置いています。公平性と独立性を備えた仕事のための手段であり、それが私たち全員がこの途方もない挑戦のリスクの一部であることを受け入れる理由です。」

プロジェクトは2022年続きます。 2022年XNUMX月に開始され、XNUMX年XNUMX月に調査が終了します。委員会は、次のようなレポートを作成して提示することを目指しています。 「児童の権利に関する普遍的条約に記載されているように、すべての未成年者の昇進と保護の将来の統合への幅広い貢献」.

委員会は214月に、活動の最初の月にXNUMXの有効な証言を受け取ったと発表した。

詳細については:

darvozaosilencio.org

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-