6.6 C
ブリュッセル
2月(水曜日)28、2024
ヨーロッパ総会決議の要求は、ウクライナでのロシアの攻撃に終止符を打つ

総会決議の要求は、ウクライナでのロシアの攻撃に終止符を打つ

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連総会は水曜日に圧倒的に決議を採択し、ロシアがウクライナでの軍事作戦を直ちに終了することを要求した。 
非公式に世界の「市庁舎」として知られている議会は、193の国連加盟国すべてが発言権を持っている場所です。 合計141か国が、ウクライナの主権、独立、領土保全を再確認する決議に賛成票を投じました。 

アブドゥラ・シャヒド議会議長は、大使が立ち上がって話し始めるとすぐに拍手喝采を送り、投票結果を読むのに苦労しました。

「無条件に撤退」

決議は、ロシアが「国際的に認められた国境内のウクライナの領土からすべての軍事力を即座に、完全にそして無条件に撤退させる」ことを要求している。

それは90か国以上によって後援されており、可決するには議会のXNUMX分のXNUMXの過半数が必要でした。 

ベラルーシ、朝鮮民主主義人民共和国(より一般的には北朝鮮として知られている)エリトリア、ロシア、シリアの35か国が反対票を投じ、XNUMXか国は棄権した。

投票は月曜日に始まった総会のまれな特別緊急セッションを締めくくりました。その間、各国は危機に関する立場を宣言するために表彰台に上がり、現在XNUMX週目に入っています。

'はっきりと'

その後、記者団に語ったシャヒド氏は、決議はウクライナ情勢に対する国際社会の深刻な懸念を反映していると述べた。

「私は加盟国に加わり、「住宅、学校、病院などの民間施設への攻撃の報告、および女性、高齢者、障害者、子供を含む民間人の死傷者の報告」について懸念を表明している」と彼はテキストを引用して述べた。 。

UN アントニオ・グテーレス事務総長記者にも演説した彼は、決議を支持し、その呼びかけに導かれる義務があると述べた。

「総会のメッセージは大声で明確です。ウクライナでの敵対行為を今すぐ終わらせましょう。 今銃を沈黙させなさい。 今すぐ対話と外交への扉を開いてください。」 

時計が刻々と過ぎています

国連の首長は、ウクライナの状況がさらに悪化する恐れがあるため、迅速に行動する必要があると強調し、「時限爆弾は時限爆弾である」と付け加えた。 

火曜日に開始された人道的アピールは「記録的な寛大さ」に見舞われた、と彼は言いました。

「今後も、敵対行為の即時停止と平和のための緊急交渉に貢献するために、全力を尽くしていきます」とグテーレス氏はジャーナリストに語った。 

信じる理由

「ウクライナの人々は必死に平和を必要としています。 そして、世界中の人々がそれを要求しています。」

ウクライナの国連大使セルギー・キスリツヤにとって、これは「決定的な日」であり、議会での彼の発言からの言葉を思い起こさせます。

「国連はまだ生きていて、カタルシスの過程を経ています」と彼は言いました。 「私は国連を信じています。 今、ウクライナの人々は国連を信じる理由が増えています。」

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-