9.3 C
ブリュッセル
2月(火曜日)20、2024
ヨーロッパ食料安全保障:委員会は、食料を変革するための世界的な行動への支援を強化しています...

食料安全保障:委員会は、XNUMXつのグローバル連合を介して食料システムを変革するためのグローバルな行動への支援を強化します

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

欧州委員会
欧州委員会
欧州委員会(EC)は、欧州連合の行政機関であり、法律の提案、EU法の施行、および欧州連合の管理業務の指揮を担当しています。 コミッショナーは、ルクセンブルク市の欧州司法裁判所で、条約を尊重し、任務中に職務を遂行する上で完全に独立することを誓約します。 (ウィキペディア)

悲惨な食料安全保障の状況と食料価格の高騰に照らして、19年間のCOVID-23パンデミックとロシアのウクライナ侵攻の結果を受けて、委員会は本日、積極的に24に従事することにより、食料システムの変革への支援を強化しています。行動のための世界的な連合。 これらは、パートナー国が食料システムを変革する取り組みを支援し、ファーム・トゥ・フォーク戦略のアジェンダを国際的に前進させるのに役立ちます。 集団行動のためにこれらの2021つの自主的同盟に積極的に関与するという決定は、XNUMX年XNUMX月XNUMX〜XNUMX日にニューヨークで開催されたフードシステムサミットのフォローアップです。 同盟は、食料安全保障の分野で変革行動を達成するために、国内の代表者、市民社会組織、研究者および国際機関を集めます。 委員会は、XNUMXつの連立の主要なパートナーになります。

  • 食べ物は決して無駄ではありません 政策や規制から自主的なイニシアチブに至るまで、2030年までに食品廃棄物を半減させ、食品損失を少なくとも25%削減するために、一連の状況に応じた介入を開発することで各国を支援します。
  • 子供とすべてのための持続可能なフードシステムからの健康的な食事 XNUMXつの問題に対処します。あらゆる形態の栄養失調。 安全でない食品; そして食糧生産の環境への影響。 たとえば、植物ベースの貢献度が高い健康的な食事を促進します。
  • 学校給食連合 コミュニティに到達するためのプラットフォームとして、学校給食プログラムの質の向上と規模の拡大に焦点を当てます。 連合は学校給食を地元の農民による健康的な食事の提供と結びつけることを意図しており、学校給食を社会的保護計画の一部と見なしています。 学校給食は、学校への入学と出席を促進する上でプラスの効果をもたらす可能性があります。
  • アクアティックフードとブルーフード 淡水または海洋生態系で捕獲または栽培された、魚、甲殻類、水生植物、藻類などの持続可能な水生食品の可能性を最大限に引き出し、栄養失調を終わらせ、自然にポジティブで公平で回復力のあるフードシステムを構築することを目的としています。
  • 農業生態学 より包括的で持続可能な食料システムの可能性を秘めている農業生態学的慣行とバリューチェーンを拡大することを目的としています。 焦点は、地域の科学的知識を活用して、イノベーションを支援することにあります。
  • ゼロ·ハンガー 飢餓削減を提唱し、飢餓削減のために既存の公的および民間部門の資源をより適切に調整します。 連合は、農民組織への参加、女性農民への普及サービス、農村部の若者のための職業プログラム、貯蔵、コールドチェーンなど、小規模農家の生活にプラスの効果をもたらした投資を支援します。
  • に沿って食糧危機と戦う 人道-開発-平和 ネクサス 予測的行動やショックに対応する社会的保護スキームの開発など、脆弱な状況におけるフードシステムのレジリエンスへのアプローチのための条件を作成し、構造を可能にすることを目的としています。
  • 持続可能な生産性の成長 気候変動の課題に取り組みながら、農業生産性の成長のための技術と革新に焦点を当てています。 これは、ベストプラクティスを共有し、知識のギャップと研究の機会を特定するためのプラットフォームを提供します。

委員会は、加盟国、国連機関、市民社会、および選択された連合の他のパートナーと緊密に協力して、食料システムの持続可能な変革を支持する集団行動を強化します。

大学のメンバーは言った:

ユッタ国際パートナーシップ委員 ウルピライネン、言った: "ロシアのウクライナ侵攻は、世界中で食料安全保障に影響を及ぼしています。 戦争は、世界の多くの地域ですでに劇的な状況をさらに悪化させるでしょう。 既存の食糧危機は悪化すると予想され、最も脆弱な人々が最も感じる影響があります。. 今日、これまで以上に、私たちは断固たる態度で、回復力のある持続可能な食料システムに投資しなければなりません。 多国間 パートナー国を支援するためのアプローチ。 これが、食料安全保障の保護と強化に貢献するXNUMXつの行動連合に参加することを決定した理由です。 教育と子どもの発達における学校の栄養の重要な役割のために、私は特に学校給食連合に参加することに感動しました。 

危機管理委員、ジャネス レナチッチ、言った: "ウクライナに対するロシアの攻撃の毎日で、食糧なしで残されるウクライナ人の数は増加しています。 さらに、食料価格の上昇など、この不当な攻撃の世界的な影響により、世界の他の危機やすでに深刻な食料不安に直面している最も脆弱な人々を忘れないように最善を尽くすことが不可欠です。 EUは、パートナーシップを強化し、今世紀で最悪の人道的食料安全保障危機になりかねないものを防ぐために可能な限りの相乗効果を適用することを含め、その役割を果たします。 私は特に、ネクサスアプローチ連合でゼロ飢餓と食糧危機との戦いを支援することを嬉しく思います。これにより、現在の食糧と栄養の危機に対処し、将来の危機を防ぐためのチームヨーロッパとしての取り組みをさらに強化することができます。に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

Janusz 農業長官 Wojciechowski、追加した: "ウクライナでのロシアの侵略は、国際法違反であるだけでなく、国際的な食料安全保障への脅威でもあります。 私たちの食料安全保障の未来は回復力のある持続可能な農業システムに依存しているため、私たちは社会に生産的で、農民に利益をもたらし、環境を保護するシステムを推進するために協力しなければなりません。 したがって、私は、これらの世界的な連合、特に「持続可能な生産性と農業生態学」のための連合への委員会の積極的な関与を歓迎します。 EUの研究とイノベーションを利用して、新しい知識、技術、自然に基づくソリューションを活用し、食料と農業の未来を確保します。 

ステラ保健委員 キリアキデス、言った: "このロシアのウクライナ侵攻は、何千人もの民間人の健康に影響を及ぼしており、世界レベルでの食料安全保障に深刻な悪影響をもたらしています。 気候と生物多様性の危機、COVID-19、そしてウクライナでの戦争は、私たちが回復力のある持続可能な食料システムへの移行を加速することを要求しています。 これらのXNUMXつの連立は、この移行を実現するための具体的な行動であり、一次生産から食品の変換と消費までの食物連鎖全体をカバーしています。 私は、持続可能なフードシステムからの健康的で栄養価の高い食品がすべての人に利用可能であることを保証し、食品ロスと廃棄物を削減することを目的とした連合の目標を完全に支持します。 これらのトピックに協力して行動することは、不安を克服し、地球を持続可能性への道に導くための解決策です。に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

Virginijus、環境・海洋・水産委員会 シンケビチウス、追加した: "食糧生産は私たちの生活を維持するために必要であり、自然もそうです。 私たちは、食品の環境への影響に留意し、健康的で回復力につながる生産と食生活を促進する必要があります。 s持続可能性。これは、世界中の何十億もの人々が食料を確保するための直接的な方法です。 水産養殖もまた、食料安全保障と栄養を提供する上で重要な役割を果たしています。 国内での方針と「水生食品とブルーフーズ」の連立への取り組みにより、私たちは世界中で健康的で持続可能な水生食品の選択を確実にサポートしています。」

イノベーション、研究、文化、教育、青年担当委員、マリヤ ガブリエル、言った: 「委員会による科学的貢献と関与は、連合の準備において極めて重要でした。 サミットに直接関与 科学グループ、JRCは、その専門知識、知識、データ、および分析をCoalitionsビルのサービスに投入しました。さらにUNFSSプロセスへのEUの貢献として、DG Research and Innovationは、食品システムガバナンスを改善するための国際的な科学政策インターフェースを強化するためのニーズとオプションを調査するための高レベルの専門家グループを設立しました。 その勧告は2022年XNUMX月までに最終決定されるでしょう。」

経歴

19年間のCOVID-2021のパンデミック、そして最近ではロシアによるウクライナへの侵入とその後の戦争の後、非常に高い食料価格と不安定で栄養不良の人々の数の増加により、すでに非常に悲惨な食料安全保障の状況を悪化させています。 161年42月、3か国でXNUMX億XNUMX万人以上が深刻な食糧不安に陥りました。 世界のほぼXNUMX人にXNUMX人は十分な食料を手に入れることができず、約XNUMX億人にとって、健康的な食事の費用は手が届きませんでした。

EUは、食糧と栄養の安全保障における人道主義と開発の主要な主体であり、実質的な財政的および政治的支援を提供しています。 開発協力に関しては、2014年から2020年の期間に、EUは、最も貧しく最も脆弱な人々の食料安全保障を改善し、飢餓を根絶し、栄養失調にうまく対処するために10億ユーロ以上を費やしました。 2021-27年の国際協力プログラム(NDICI-グローバルヨーロッパ)では、約70のパートナー国でフードシステムが優先分野となっています。

委員会による23つの連立への関与は、24年2021月XNUMX〜XNUMX日に開催された国連フードシステムサミットのフォローアップです。手頃な価格の食品で、世界的な議題の上位にあります。 EUは、この多国間状況で引き続き積極的に活動し、ファーム・トゥ・フォークのアジェンダをグローバルに追求していきます。 ファーム・トゥ・フォーク戦略は、食品システムを公正、健康、環境に優しいものにすることを目的とした欧州グリーンディールの中心です。 確かな科学的証拠は、イベントの主要な成果のXNUMXつである、行動のための連立に対する委員会の支援の鍵でもあります。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-