11.9 C
ブリュッセル
4月(木曜日)18、2024
健康カザフスタンの小児肥満に関する新しい WHO データ: より高い身体活動レベル...

カザフスタンの小児肥満に関する新しいWHOデータ:より高い身体活動レベルだがより多くのスクリーンタイム

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

WHOヨーロッパ地域の他の国と比較して、カザフスタンは子供の太りすぎや肥満のレベルが低いです。 しかし、最近のWHOの監視データは、これらのレベルが、特に男児の間で増加している可能性があることを示しています。 この新しい発見は、WHOとカザフスタンの保健省によって作成された新しいファクトシート「小児肥満、栄養および身体活動のサーベイランスの結果2020」の基礎を形成しました。

最新の国のデータ:より多くの甘い飲み物とより多くのスクリーンタイム

最新のWHOデータによると、カザフスタンの21〜6歳の子供の9%は、太りすぎまたは肥満で生活しています。

8歳の女の子の場合、この割合は約18%であり、2015年以降ほぼ安定しています。男の子の場合、この傾向はさらに懸念されます。 2015年から2020年にかけて、8歳の男児の太りすぎと肥満のレベルは5%以上増加し、24%に達しました。

「カザフスタンでは、より甘い飲み物の消費と、ガジェットで過ごす座りがちな余暇への移行が徐々に見られます。 しかし同時に、より前向きな傾向が見られます。 毎日の身体活動(60分以上)の有病率は15%以上増加し、86%に達しました」と、保健省の国立公衆衛生センターの理事長を務めるZhanarKalmakova博士は説明しました。

学齢期の子供たちの太りすぎと肥満は、WHOヨーロッパ地域の主要な課題です。 小児期の後でも、これらの状態は、心血管疾患や2型糖尿病を含むいくつかの非感染性疾患を発症する主要な危険因子です。

同じ研究のデータによると、カザフスタンの子供たちの約5%は痩せており、これは後年の健康問題にもつながる可能性があります。

親は子供の体重を過小評価している

カザフスタンのWHO代表であるキャロライン・クラリンバル博士は、次のように述べています。 「私たちが小児肥満症を測定するとき、私たちは子供たちに健康な未来を与えることを確実にするためのより良い準備ができています。 この調査の結果は、カザフスタンの太りすぎと肥満のレベルが、この地域の他の地域のレベルと比較して低いことを示しています。 しかし、彼らはまた、太りすぎや肥満のレベルがこの地域の他の地域で見られるレベルまで上昇しないようにするために、子供たちのスクリーンタイムへの露出など、警戒を怠らない必要がある領域があることも示しています。」

クラランバル博士は、次のように述べています。「WHO欧州小児肥満監視イニシアチブ(COSI)の強みのXNUMXつは、意思決定者が体重に影響を与える要因を調査できることです。肥満や太りすぎの問題に間接的に影響を与えます。」

たとえば、WHOのデータは、カザフスタンの親が子供の体重を過小評価する傾向があることを示しています。 太りすぎまたは肥満の調査対象の子供たちの77.6%の親は、子供たちが平均的な体重のカテゴリーに分類されたと述べました。 親は子供たちの食事パターンと運動習慣を発達させる上で重要な役割を果たしているので、効果的な政策アプローチを開発する際には、この課題を考慮する必要があります。

新しいデータは、カザフスタンの保健省(国立公衆衛生センターを通じて)とCOSIが、国連児童基金(UNICEF)の支援を受けて、2020年に共同で実施した全国調査から得られたものです。

肥満との闘い:WHOの推奨事項

小児肥満と太りすぎに取り組むための人口ベースの政策には以下が含まれます:

  • 砂糖、塩分、脂肪を多く含む食品や飲料の手頃な価格と入手しやすさを減らすための広範な財政政策。
  • 学校内を含む、果物、野菜、全粒穀物などの健康食品へのアクセスを増やすための政策。
  • 砂糖、塩分、脂肪を多く含む食品および飲料の広告(デジタル広告を含む)の制限。
  • 生後6か月間は母乳だけで育て、2年以上継続して母乳育児を継続する方針。 と
  • 太りすぎや肥満のあるすべての子供が高品質の体重管理サービスを利用できるようにするために、国民皆保険を推進し、医療制度を強化するための政策。

社会経済的要因が肥満リスクに影響を与える可能性がある方法については、特別な考慮が必要です。 社会経済的状況に関係なく、すべての人が健康的な食品と身体活動の機会にアクセスできるように努力する必要があります。

勧告は、2020年から2025年までの欧州作業計画の核となる原則を反映しており、これは、健康の不平等を解消し、WHO欧州地域全体のより良い福祉に努めるための団結した行動を加盟国に訴えています。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-