10.7 C
ブリュッセル
12月月曜日、11、2023
ヨーロッパ一般的な充電器:MEPは電子廃棄物を削減する提案に同意します

一般的な充電器:MEPは電子廃棄物を削減する提案に同意します

MEPは、携帯型電子機器用の一般的な充電器をサポートし、電子廃棄物を削減し、さまざまな携帯電話、タブレット、デジタルカメラの使用をより便利にします。

水曜日に、内部市場および消費者保護委員会は、賛成43票(反対2票)で改訂された無線機器指令に関する立場を採択しました。

新しいルールにより、消費者は新しいデバイスを購入するたびに新しい充電器とケーブルが不要になり、すべての中小規模の電子機器にXNUMXつの充電器を使用できるようになります。 携帯電話、タブレット、デジタルカメラ、ヘッドホン、ヘッドセット、ハンドヘルドビデオゲームコンソール、ポータブルスピーカーは、メーカーに関係なく、有線ケーブルで充電できるため、USBType-Cポートを装備する必要があります。 免除は、スマートウォッチ、ヘルストラッカー、一部のスポーツ用品など、USBType-Cポートを搭載するには小さすぎるデバイスにのみ適用されます。

この改訂は、製品の持続可能性、特にEU市場の電子機器に対処し、電子廃棄物を削減するためのより広範なEUの取り組みの一環です。

充電に関する明確な情報

MEPは、充電オプションに関する明確な情報と新しいデバイスのラベル、および製品に充電器が含まれているかどうかも確認したいと考えています。 これは、混乱を避け、複数の異なるデバイスを所有することが多く、必ずしも追加の充電器を必要としない消費者の購入決定を容易にするのに役立つと彼らは言います。

ワイヤレス充電の使用が増えるにつれ、MEPは、欧州委員会が2026年末までに、新しい充電ソリューションの相互運用性を最小限に抑える戦略を提示することを望んでいます。 目標は、市場での新たな断片化を回避し、環境廃棄物を削減し続け、消費者の利便性を確保し、独自の充電ソリューションによって生じるいわゆる「ロックイン」効果を回避することです。

見積もり

報告者 アレックスアギウスサリバ(MT、S&D) 「ヨーロッパでは毎年11,000億個の携帯機器用充電器が出荷され、13,000〜2026トンの電子廃棄物が発生します。携帯電話やその他の中小規模の電子機器用の単一の充電器はすべての人に利益をもたらします。 それは環境を助け、古い電子機器の再利用をさらに助け、お金を節約し、そして企業と消費者の両方にとって不必要なコストと不便を減らすでしょう。 私たちは、XNUMX年までにワイヤレス充電技術の相互運用性を要求し、専用のラベルで消費者に提供される情報を改善することにより、委員会の提案に基づいて、真に包括的な政策介入を提案しています。 また、ラップトップなど、新しいルールに準拠する必要のある製品を追加することで、提案の範囲を拡大しています。」

次のステップ

議会全体がXNUMX月の本会議でこの交渉の草案を承認すると、MEPは、法案の最終的な形についてEU政府との協議を開始する準備が整います。

経歴

議会とその内部市場および消費者保護委員会は 過去XNUMX年間の一般的な充電器ソリューションを求める、継続的に委員会に行動するよう呼びかけます。 The 立法提案 23年2021月XNUMX日にテーブルに置かれました。評議会はその交渉を採択しました 位置 26 1月。

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-