9.3 C
ブリュッセル
2月(火曜日)20、2024
ヨーロッパウクライナの戦争:戦争犯罪の証拠を保存することを可能にする新しい規則

ウクライナの戦争:戦争犯罪の証拠を保存することを可能にする新しい規則

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

評議会は、ユーロジャスト機関が戦争犯罪の証拠を保存することを可能にする新しい規則を採用します

ウクライナで犯された犯罪に対する説明責任を確保するために、理事会は本日、許可する新しい規則を採用しました 欧州司法機構 戦争犯罪、人道に対する罪、ジェノサイドを含む中核的な国際犯罪に関連する証拠を保存、分析、保存すること。 このテキストは、30月XNUMX日に欧州議会と理事会によって署名され、直ちに公式ジャーナルに掲載される予定です。 公開の翌日に発効します。

新しい規則により、Eurojustは次のことが可能になります。

  • 衛星画像、写真、ビデオ、音声録音、DNAプロファイル、指紋など、戦争犯罪の証拠を保存および保存する
  • Europolと緊密に協力して、この証拠を処理および分析し、国際刑事裁判所を含む関連する国内および国際的な司法当局と情報を共有します。

ロシアのウクライナに対する侵略戦争の開始以来、ウクライナからの多くの報告は、人道に対する罪と戦争犯罪がウクライナで行われていることを悲しいことに示しています。

4月の初めに、すべてのEU加盟国は、他のパートナー国とともに、ウクライナの状況をまとめて国際刑事裁判所に付託することを決定しました。 XNUMX月XNUMX日の司法・内務評議会の会議で、大臣は、ユーロジャストがその調整的役割を完全に行使し、必要に応じて国際刑事裁判所の検察官が利用できるようにすることを奨励した。

ICC検察官による調査に加えて、ウクライナ検察総長は、いくつかの加盟国の当局と同様に調査を開始しました。 リトアニア、ポーランド、ウクライナの司法当局によって、ユーロジャストの支援とICCの検察庁、まもなくスロバキア、ラトビア、エストニアの司法当局の参加を得て、合同捜査チームも設立されました。

これらの調査の有効性を確保するには、さまざまな管轄当局間の調整と証拠の交換が重要です。 また、敵対行為が続いているため、戦争犯罪や人道に対する罪に関連する証拠をウクライナの領土に安全に保管できないリスクがあるため、安全な場所に中央保管庫を設置することが適切です。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-