9.3 C
ブリュッセル
2月(火曜日)20、2024
ヨーロッパウクライナ、オデーサでのシャルル・ミシェル大統領によるヨーロッパデーの声明

ウクライナ、オデーサでのシャルル・ミシェル大統領によるヨーロッパデーの声明

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

今日、ヨーロッパの日はブリュッセル、ストラスブール、そして欧州連合全体で祝われています。 これは、1950年に、ヨーロッパでの新たな協力のビジョンを打ち出した歴史的なシューマン宣言の記念日です。 そして今日、私はヨーロッパの文化と歴史のるつぼでヨーロッパの日を祝うようになりました。プーシキンが「ヨーロッパを感じることができる」と言った街、オデーサです。 ここでは、ウクライナ人がロシアの侵略からの自由を守っているのと同じように、オデーサの人々がモニュメントを弾丸やロケットから守っています。

月9でth 第二次世界大戦の終結から1950年後のXNUMX年、ロベールシューマンは有名に、「ヨーロッパは作られなかった、私たちは戦争をした」と言った。 したがって、平和を確保するために、シューマンと一握りの先見者は、欧州連合の構築に着手しました。 そしてそれ以来、何世紀にもわたって国家が互いに戦ってきた場所で平和が支配してきました。

私たちが話すように、戦争はヨーロッパで再び激しさを増しています。 別の世紀からの戦争、ある州、ロシアが隣接する主権国家、ウクライナに侵入した覇権戦争。 あなたの学校、病院、都市が爆撃された場所。 あなたの人々が冷血で拷問され、レイプされ、処刑される場所。 しかし、あなたの人々が勇気を持って抵抗しているところでも、私が数週間前にボロディアンカで会ったこの小さな男の子のように。 彼は、彼らの都市がロシア軍によって占領されたときに彼が目撃した残虐行為をどのように経験したかを私に話しました。

クレムリンはあなたの自由と民主主義の精神を「実行」したいと思っています。 しかし、私は彼らが決して成功しないと完全に確信しています。 私はヨーロッパの日にオデーサにXNUMXつの簡単なメッセージで来ました:あなたは一人ではありません。 私たちはあなたと一緒に立っています。 私たちはあなたを失望させません。 私たちはそれがかかる限りあなたと一緒にいます。

そして、私たちはあなたが近代的で民主的な国を作るのを手伝います。 あなたのヨーロッパの未来、私たちの共通のヨーロッパの未来、私たちの共通のヨーロッパの家族の中でのあなたの場所を自信を持って受け入れる準備ができている前向きな国。 私はまた、欧州連合全体の私の仲間の市民へのメッセージを持っています:私たちの平和、私たちの繁栄、私たちの子供たちの未来-彼らはここオデッサでも危機に瀕しています。 ここウクライナで。

スラヴァウクライナ。

長生きするヨーロッパ。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-