11.5 C
ブリュッセル
10月水曜日4、2023
 Roeが転覆した後、米国のカトリック教徒を「母親を助けるための努力を倍加する」ように置く

Roeが転覆した後、米国のカトリック教徒を「母親を助けるための努力を倍加する」ように置く

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

著者からのより多く

チリ司教:国民投票の大勢の参加者が団結への願いを示す - バチカン・ニュース

チリ司教:国民投票の大勢の参加者は団結への願いを示す – バチカン・ニュース

0
チリ・サンティアゴの補佐司教アルベルト・ロレンツェッリ氏は、日曜日にチリで行われた憲法国民投票の結果、改革草案に対する「ノー」投票が確認されたことは国民の反省を求めている一方、幅広い参加は国民が団結を望んでいることを示していると述べた。

デヴィン・ワトキンス

Roeは//「カトリックの慈善団体とカトリックのヘルスケアサービスは、ウェブベースの優れたケアで中絶業界と競争する予定です。私たちは、妊娠支援へのより多くの道を提供するために教会と協力する素人としての努力を倍加するつもりです。」

ハートビート・インターナショナルの取締役会会長であるペギー・ハーツホーンは、最高裁判所の判決を受けて、米国でのプロライフ運動の今後の方向性についての評価を提案しました。 ドブス対ジャクソン.

裁判所は金曜日に5年を覆すために4-1973を決定しました ロー対ウェイド。 ウェイド 中絶は憲法上の権利ではないと述べ、州にこの問題について立法する権限を与えるという決定。

妊娠中の母親への愛と支援

これに応えて、合衆国の司教たちは裁判所の決定を賞賛し、教会は「困難な妊娠に直面し、彼らを愛で取り囲む人々に奉仕しなければならない」と述べました。

ハーツホーン博士が議長を務めるハートビートインターナショナルやその他の教会が運営するプログラムは、危機妊娠センターの形で、すでにその取り組みを具体的なケアに変えています。 超教派のキリスト教協会は、3,000か国に65以上のセンターのネットワークをサポートしており、米国には約1,700のセンターがあります。

バチカンニュースと話して、ハーツホーン博士は、彼女の組織が提供する証人を強調しました。それは、「妊娠中の母親とその赤ちゃん、そして苦労している家族への愛、ケア、サポート」のXNUMXつであると彼女は言いました。

その思いやりのあるアプローチは、妊娠中の女性が赤ちゃんを出産まで運ぶのを助けるだけでなく、中絶に関する内部の対立を解決するのに役立つと彼女は付け加えました。

「中絶が彼らの唯一の選択肢ではないことを理解すると、彼らは何度も安心するので、中絶を選択する必要があるとは感じません。」

完全なインタビューを聞く

中絶をするための強制を克服する

ハーツホーン博士は、研究によると、「膨大な数の女性が、中絶の決定を下すために何らかの強制や圧力を感じている」と述べています。

「彼らは中絶が彼らが必要としているものだと思うかもしれません」と彼女は言いました。

ハーツホーン博士によると、妊娠支援運動はこれらの状況で女性を支援することができます。

危機妊娠センターは、カトリックの医療や社会福祉を含む「信仰に基づくネットワーク」に女性をつなぐのに役立ちます。

「キリストの体は、本当に助けを提供し、本当に本当に望んでいる女性をサポートするために立ち上がったのです。 そして、彼らはますます多くの数の人生を選んでいます。」

世論と法律

法律は問題に対する人々の意見に大きな影響を及ぼします、とハーツホーン博士は言います。

彼女は1973年以来、プロライフ運動に関与しており、「最高裁判所の判決が ロー対ウェイド。 ウェイド]が下落し、50州すべてで中絶が合法であると宣言され、国民の態度は劇的に変化しました。」

以前に 判決では、アメリカ人の大多数は「中絶は悪いことだった」と考えていました。 しかしその後、世論は中絶へのアクセスを支持するようにシフトしました。

困っているお母さんと一緒に歩く

米国中のカトリック教区はまた、「困っているお母さんと一緒に歩く」と呼ばれるイニシアチブで女性と家族に別のサービスを提供しています。

テキサス州ガルベストン-ヒューストン大司教区のプロライフ活動のディレクターであるジュリー・デュマレットJDは、このイニシアチブはカトリックの素人に地元の妊婦や経済的支援を必要としている母親の「靴を履いて歩く」機会を提供すると述べた。

彼女はバチカンニュースに、「困っているお母さんと一緒に歩く」は、幼児、学齢期の子供、XNUMX代の子供を含む年長の子供を持つ親を支援しようとしていると語った。

「私たちができることは幸いです」とDumalet博士は言いました。「私たちが妊娠で行ったことを拡大して、人生全体の文化を作り、あらゆるレベルのニーズで両親を受け入れることができます。」

完全なインタビューを聞く

- 広告 ​​-
-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-