3.7 C
ブリュッセル
12月月曜日、4、2023
ニュースレターシリア:安全保障理事会は国境を越えた援助の提供をXNUMXか月延長します

シリア:安全保障理事会は国境を越えた援助の提供をXNUMXか月延長します

国連安全保障理事会は、火曜日の投票後、さらにXNUMXか月間、トルコ北西部への救命援助の提供を延長する決議を採択しました。 

アイルランドとノルウェーは決議案を提出しました。この決議案は、XNUMX月にバブアルハワ国境を越えて人道主義者の配達を更新し、さらにXNUMXか月の延長を要求します。 

フランス、英国、米国が反対票を投じた一方で、XNUMXカ国が賛成票を投じました。 棄権はありませんでした。 

記録レベルのニーズ 

シリアの人道的ニーズは、XNUMX年以上前の紛争の開始以来最高レベルにあります。   

国境を越えたメカニズムは2014年から実施されており、2021年XNUMX月からの最新の承認は日曜日に失効しました。 

先月、国連 アントニオ・グテーレス事務総長 地域の12万人以上の人々の苦しみに対処することの「道徳的要請」を強調し、XNUMXヶ月間国境を越えた活動を更新するよう理事会に訴えました。 

「難しい交渉」 

延長は、大使が金曜日にXNUMXつの競合する決議を拒否した後に行われます。 

アイルランドとノルウェーによって提案された最初の草案は、ロシアによって拒否されました。 XNUMXつ目は、ロシアによって提示されたもので、国と中国によってのみサポートされていました。 

アイルランド大使のジェラルディン・バーン・ネイソン氏は火曜日の投票に先立ち、「これが困難な交渉であったことは周知の事実だ」と述べた。 

「この交渉を開始したときのペンホルダーとしての私たちよりも、12か月の更新期間が短いことを認識しています。 また、評議会の大多数が、XNUMXか月の任務が必要であるというその見解、および現場での人道的関係者の見解を共有したことも認識しています。」 

決議2642は国境を越えたメカニズムを開いたままにしている、とノルウェーの大使、モナ・ユールはその採択後に語った。  

「シリア北西部で人道支援が必要で、交渉が延長戦に突入するという不確実な状況にあった人々にとって、私たちは彼らを保証することができます。それが重要です。 国境を越えた作戦は彼らの生命線であり、今日でも国境を越えた作戦は残っています」と彼女は言いました。 

シリア北西部では、1.7 万人の避難民が、イドリブとアレッポ北部の 1,414 のキャンプに住んでいます。
UNOCHA / Ahmad Alito –シリア北西部では、1.7万人の避難民がイドリブとアレッポ北部の1,414のキャンプに住んでいます。

「不安定な更新」 

フランスのニコラス・デ・リビエール大使は、妥協に向けたアイルランドとノルウェーの努力を称賛した。 しかし、彼の国は、援助が最も必要とされる冬の間にXNUMXか月が満了し、継続の確固たる保証がないため、「この不安定な更新」を支持しないことを選択しました。 

「事務総長と人道コミュニティ全体によるこのメカニズムを12か月間更新するという呼びかけは明白であり、無視された」と彼は述べた。 

英国の大使であるバーバラ・ウッドワードは、シリアにおける人道上の計り知れないニーズを想起しました。 援助を必要とする北西部の4.1万人のうち、2.4万人は国境を越えたメカニズムのみに依存しています。 

彼女は、少なくとも12か月の信頼がなければ、国連機関と非政府組織は、事前配置と緊急時対応計画の永続的なサイクルに巻き込まれるリスクがあると警告しました。  

「英国は、人道的対応計画を実現するための国連の取り組みを引き続き支援しますが、信頼できる実質的かつ真の政治プロセスがしっかりと進行していない限り、復興支援を提供することは検討しません」と彼女は評議会に語った。 

クロスライン配信を加速 

中国のダイビン大使は決議を歓迎し、理事会メンバーが異なる見解を持っているのは普通であり、時にはこれらの相違は「鋭いかもしれない」と述べた。 

彼は、シリアへの人道支援は、国の主権とプロセスのシリア政府の所有権を尊重しなければならないことを強調した。 

「クロスライン配信はシリアへの人道支援の主要なチャネルになるはずです」と国連の中国の副常駐代表であるダイ氏は言いました。  

「国境を越えた配達は、特定の状況下で行われる一時的な取り決めです。 国境を越えた救済への移行をスピードアップし、国境を越えた救済を最終的に決定するための明確なスケジュールを確立する必要があります。」 

ロシアは、国境を越えたメカニズムの最終的な運命を決定するための努力において決議の実施の進捗状況を監視し続けると、ドミトリー・ポリャンスキー大使は評議会に語った。 

「私たちは、シリアの人道主義の問題について率直かつ実質的な対話を通じてのみ、すべての利害関係者を巻き込みながら、XNUMXか月以内によく考えられた決定を下すことができると確信しています。」彼は言った。 

ポリャンスキー氏は、評議会はシリアのすべての地域でのクロスライン援助の提供を増やすことや、シリアの文脈で国に対する一方的な制裁を解除することを含む、多くの重要な分野に取り組む必要があると付け加えました。 コロナ パンデミック。  

米国のリチャード・ミルズ大使の場合、投票により、「XNUMX人の評議会メンバーが全体を占めるとどうなるかが明らかになりました。 安全保障理事会 人質。"  

決議は人道援助の縮小をもたらし、それはシリアの人々を傷つけるだけだと彼は言った。 

「シリアでの最近の切迫したニーズのいくつかは、ロシアのウクライナ侵攻の直接の結果であり、残忍な侵略がシリアと世界中の食料システムに引き起こしたショックです。 そして、単純な真実は、ロシアが気にしないということです」と彼の国の副常駐代表であるミルズ氏は言いました。  

「ロシアはシリアの生活を無視していることに非常に勇敢であるため、人道主義に基づいてその立場を正当化しようとさえしていません。 これは、人道的ニーズに対する不道徳で冷笑的なアプローチです。」 

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-