8.6 C
ブリュッセル
2月(水曜日)21、2024
宗教キリスト教ロシアの考え。 正統と国家

ロシアの考え。 正統と国家

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ペタルグラマティコフ
ペタルグラマティコフhttps://europeantimes.news
ペタル・グラマティコフ博士は、編集長兼ディレクターです。 The European Times. 彼はブルガリア記者連合のメンバーです。 グラマティコフ博士は、ブルガリアのさまざまな高等教育機関で 20 年以上の学術経験があります。 彼はまた、新宗教運動の法的枠組み、信教の自由と自己決定、国家と教会の関係に特別な焦点が当てられている宗教法における国際法の適用に関連する理論的問題に関連する講義を調べました。 -民族国家。 グラマティコフ博士は、専門的および学術的な経験に加えて、10 年以上のメディア経験があり、観光の季刊誌「Club Orpheus」誌 - 「ORPHEUS CLUB Wellness」PLC、プロヴディフの編集者としての地位を占めています。 ブルガリア国営テレビの聴覚障害者のための専門ルーブリックの宗教講義のコンサルタントおよび著者であり、スイスのジュネーブにある国連事務所の「Help the Needy」公共新聞のジャーナリストとして認定されています。

正統と国家– 真正教会の聖なる国際シナクスの長、ロシアの真正教会の長、法王メトロポリタンセラフィムの政策報告

ルーシ族の洗礼の瞬間から現在に至るまで、ロシア正教会の人々は、次のようなパラダイム的な声明を遺伝的に認識していることはよく知られています。«モスクワは第XNUMXローマであり、そこにはXNUMX番目ではありません»。

この主張は断定的であり、本質的に非常に真実です。

ニコライXNUMX世の治世中に、上記の声明は理解にいくらかの変化をもたらしました。より正確に言えば、さらに新しい意味を獲得しました。 それは知覚が容易になりましたが、それでもそのカテゴリー的な意味を維持しました:«正教–独裁政治–国籍»。 これらはXNUMXつのステートメントであり、それ自体が統一されており、一方が他方なしで維持されることは不可能です。 少なくとも、それは私たちの状態に関係しています。

もちろん、私たちの祖国の長い歴史を通して、概念を置き換えるいくつかの特定の試みがありました。 さらに、議論中の哲学的トライアドから離れたXNUMXつまたはXNUMXつの概念的な部分を排除するまでです。 しかし、それは良くありませんでした。 さらに、実験中に国家が変貌したこれらの誤った変容はすべて、賢明な格言の完全性なしに、短期間しか存在せず、風に乗ったカードの家のようにバラバラになりました。

歴史自体は、国全体のアイデンティティと自己意識が基づいており、何世紀も何千年も先の独裁政治の根拠を厳しく修正する否定できない真実があることを示しました。

その上で、ロシアはそのような独裁政治の絶対的な証拠であるように思われます、なぜならそれは国の古代とその信仰の完全さに基づいた卓越した力を持っているからです。 それでも、世界が完全な無法状態に直面するのを防ぐ第三ローマの地位を維持しながら、実際に私たちの惑星の精神的中心となったのはまさに大ロシアだったからです。   

私たちの長く苦しんでいる祖国は、現在120年間、本質的なドラマを経験してきました。

1905年の革命的な混乱は、これからの漠然とした時代の最初の兆候でした。 現在の政治システムを変えるための法政の強力な転覆の試み、ならびに空のスローガンと根拠のない声明-これはすべてロシア人の心をねじった。 歴史的な経験と今日の国際関係の実践に基づいて、これらのイベントはそれでも外部から徹底的に計画されたと確信しています。 それは、問題を抱えた不確実な悪徳と誘惑の世界で、精神性の強力な拠点と正統派の純粋さを破壊する最初の真剣な試みでした。

次に、少なくとも私たちの観点からは、第一次世界大戦へのロシア帝国の参加は絶対に不必要で役に立たないものであり、エンテンテのメンバーはロシア軍、私たちの経済、そして私たちの国家を内部から破壊するために最善を尽くしました、すべての可能性のある野党および破壊的な政党、テロ組織、犯罪組織および無政府組織の全面的かつ無制限の支援によって。   

それは1917年のXNUMX月の革命、主権の退位、そしてその後XNUMX月の無神論につながり、かつての偉大な正教会の精神的要点を破壊する試みをもたらしました。

西側に勇気づけられた革命家たちは、何とか昔からの権力を弱体化させました。 しかし、何か新しいものを作るためには、犠牲者が必要でした。 しかし、犠牲者だけでなく、大文字のVを持つ犠牲者。ロシア国民の真の存在感を表すシンボルそのものを破壊する必要がありました。 神への挑戦、さらにはロシアの魂を踏みにじる必要性がありました。

実際、ボルシェビキは無神論者でさえありませんでした。 彼らは完全な神学者でした! 誇りに包まれて、彼らは自分たちの人生の真の意味を、神とその戒めのまさに記憶の宗教と忘却としての正統派の完全な消滅であると考えました。

古代ユダヤ人の言葉でさえ彼らを怖がらせることはできませんでした:「彼の血を私たちの上に置いてください」。 彼らはかなりひどい規模の犠牲を恐れていませんでした。 彼らは、神と正教会のロシアの憎しみに導かれて、絶対に何でもするでしょう。

犠牲者の選択は彼らにとってかなり明白でした。

彼らの意見では、それはロシア皇帝でした。 しかし、彼だけでなく、彼のすべての王室、皇室のすべてのメンバー、つまり狂った転覆者の血まみれの手にしか届かなかった人々。

犯罪は犯された。

帝国の崩壊には王家の殉教者の血が染み込んでおり、皇帝の家族の処刑はその歴史的な期間に終止符を打ち、その結果、偉大な過去と不明確な未来が厳密に分離されました。

私は、他の人たちとは異なり、私たちの罪の贖いのための主イエス・キリストの犠牲と、主の油そそがれた最後の皇帝の犠牲的な死とを比較することはあえてしません。 それでも、私は、1918年前に起こったことと、XNUMX年に犯罪によって犯されたこと(それほど昔ではない)との間にいくつかの類似点があることを認識しています。  

しかし、正統派の敵が計画していたように、物事はうまくいきませんでした。

つまり、主の犠牲によって、世界は生き残り、人々は天国を目撃する機会を得ました。

そして天皇の犠牲によって彼の民は絶滅から救われ、将来の大帝国の復活への希望も保たれました。 

しかし、後者の場合、前者の場合と同様に、人々が犠牲の全体の偉大さを理解できなかったという事実に私は深く腹を立てています。

イエスの迫害者が悔い改めなかった場合と同じように、皇帝の家族の殺人者たちはまだ告白していません。 そして、彼らの追随者たちは、王殺しのひどい罪を犯しました。  

残念ながら、私たちはまだ誠実な悔い改めを見つけることができません。 なぜなら、教会でさえ、私たちは偽善と謎の演劇化に直面しているからです。

私たちは、正統派の主権者を私たちに与えるように神に謙虚に懇願し続けますが、私たちの声がこの罪と悪のすべてのバッカス祭の中で聞こえるかどうかはわかりません。 それでも、心に希望があります…

いわゆる「終わりの時」の予言はたくさんあります。 それらのすべては、避けられない血なまぐさい結果について語っています。

しかし、それらの多くでは、ロシアは世界の残りの部分と人類を救う機会を持っている国家として重要な役割を果たしています。

たとえば、皇帝パウロに与えられた僧侶アベルによる予言は、悪によって悪を打ち負かす多くの試みが行われるであろうと公然と宣言しています。 しかし、人々はそれが一時的な措置に過ぎないことを理解し、彼らはロシアのために祈り始めるでしょう。 全世界の助けを借りて、すべての人々が、XNUMXつの口とXNUMXつの心を持っています。 そして、大帝国を支えていた束縛が崩壊し、神の最も聖なる母の家である大ロシアがその精神的な美しさと力に満ちて立ち上がるでしょう。

私は、私たちの真正教会に関するこの予言の特定の部分があると信じたいと思っています。 人々を昔からの眠りから目覚めさせ、祈りを呼びかけ、暗闇から光への道を示すために、誰がそのトクシンになるのでしょうか?

愛する心は常に善行によって私たちによって取り戻されます。 私はそれについて何度も前に言いました。 だから、今も同じことを繰り返します。

真正教会の本質は、人々に仕えることによって、人々を気遣うことによって、無数の主の群れから各魂を導くことによって、神に仕えることです。

ロシアではいつもそうだった。 そして、それが全世界で同じになることを願っています。真の正教会の聖なる国際シナクシスの助けを借りて、私は残りの日々まで向かい、真実と愛の光をもたらすことになっています。神は人々に、彼の大いなる犠牲の本当の意味を明らかにするもの。

私はよく自問します:「これは何のために必要なのですか?」。 私はこの質問に、私自身だけでなく、ここ数年ずっと私が滞在してきた人々、そして今日来て、おそらく明日来る人々にも話しかけます。

そして、私は答えを知っています。

キリスト教は、むしろ正統派であり、孤独に耐えることはできません。 どちらも、自分自身と自分の問題の中で孤立することはできません。 それは自分自身の認識を切望しており、心と思いで神をまだ受け入れていないが、魂ですでに神に立ち返っている人々の間で成長し、広がっています。

今日、私たちは正統派の世界の中でローミングと混乱に直面しています。 教会は互いに分離しています。 彼らは血まみれの狂気の中で主の衣服を引き裂き、コミュニケーションをやめ、彼らの共通の祈りを止め、お互いを否定し、最近王位によって聖餐を受けたすべての人々を敵と呼びます。

宗教的階層は、私たちの信仰の象徴の言葉、国際教会の教義が基礎を置いているすべてのもの、そして私たちがキリストの聖なるミステリーの受け入れを敢えて始めるたびに繰り返し続けることを意図的に無視しています:«I単一の聖なる大聖堂と使徒教会を信じる»。 私が見ているように、彼らは意識的に真実を彼らの瞬間的な願い、彼らの巨大なプライドと止められない力への渇望によって置き換えています。

私の非常に悲しいことに、いくつかの「カノニカル」教会は、さまざまな規模の彼ら自身の宗教指導者の健康と繁栄を懸念して、全体主義の宗派にますます類似するようになっています。

しかし、耳を持っている人は、聞いてもらい、目を持っている人は、見てもらいましょう。

神の民は、子羊を山羊から、小麦をもみ殻から分離するために、善と悪を区別することを学びました。 そして彼らは、虚偽と猥褻さを彼らの人生の意味にし、彼らの奉仕を罪のレベルに落とし、最終的に彼らの動物のむき出しの歯を子羊の皮の下に隠す人々から公然と背を向けています。

さらに、世界正教会が不一致と相互の非難に向けられるとすぐに、それどころか、真正教会は家族を築くために互いに参加します。

私が教会への司教奉仕を始めてから25年になります。 この間、私は自分たちを大都市や教会と呼んでいた多くの真正教会のコミュニティの形成、発展、崩壊を見る機会がありました。 同じことと同じ間違いを見るたびに、それはついに致命的になりました。 彼らは皆、自分たちを究極の真実だと考えており、他の権威を受け入れたり、他の世界から離れたりすることなく、首長になりたいと思っていました。 彼らは、自立した宗教的共同体の中で彼らの存在を楽しんだ。 

結局、それは崩壊、活動の終了、または実際の宗派と限界単位への再生をもたらしました。

対話を受け入れ、団結を切望し、神と人々に奉仕することを第一に考えた人々–今日、彼らは人々の真の良心、霊的な燭台の声、神が私たちのそばにとどまるという本当の希望になりました。非常に終わり。

私たちの国際シナクスは、前進する道、神への道、精神的な創造と真の信仰の道です。

これは、信仰の象徴に述べられているように、単一の聖なる大聖堂と使徒教会を信じ、禁欲主義。

あなたは私からそれを取ることができます:この方法は歴史によって運命づけられ、神によってあらかじめ定められています。 私たちはそれを感じ、どんな困難も乗り越える準備ができています。それはそのようなものであり、さらにそのようなものになることをはっきりと認識しているからです。 

切り離し、憎しみ、否定し、自己孤立している人々–彼らは皆、無に自分自身を失い、ゴミに変わり、歴史的なゴミ捨て場に永遠にとどまり、そのような誤った方法の堕落を彼ら自身の例で示します。

互いに会おうと努力し、愛と共通の祈りに心を開き、とげのある道の困難を恐れず、キリストの戒めに従う人々–彼らは皆、キリストの教会の基礎となるため、永遠にとどまります。接地されています。

さて、私たちは長い道のりを歩んでいます。 それが祈りと創造の道となるでしょう。 愛と精神的な偉業の方法。 奉仕の方法と教会の建設。 そして、一世紀前と同じように、真正教会の復活が再びロシアから始まったことを心から嬉しく思います。

もう一度言わなければなりません。 私は、世界に現れ、空腹と貪欲でそれらを求める人から隠された、よく知られていて絶対に知られていないたくさんの予言を読みました。 それらはすべて完全に異なり、それぞれが理解と理解の下に置かれることになっているわけではありません。

それでも、それらすべてに分野横断的なテーマであるXNUMXつのステートメントがあります。

世界の救いはロシアから来るでしょう。 東の星として、ロシアは信仰、光、愛に満ちたすべての人々を団結させます。

ロシア王冠の天蓋の下には、待望の「地球上の平和と男性への善意」があります。ロシアは、天国の女王の王冠、私たちの最も神聖で最も純粋な神の母、そして永遠の聖母マリアを象徴しています。

私たちの共通の任務は次のとおりです。私たちの子孫と後継者に、世界中で真の正教会を創造し、団結させ、集めるという私たちの道を続けさせ、普遍的な真の正教会によってそのための確固たる基盤を築きましょう。

今日、私はロシアの社会と国家で起こっている変化を心から感じることができます。

人々の意識が新たになり、ロシア市民の道徳的背景が強化され、正教会の信仰が真の意味で満たされ、すべての人の心に光る主の火花があります。

いつの日か、現在ロシア国家で支配しているロシア正教会が、その目標が、それ自体や聖職者、制度、利益への配慮とは少し異なることに気付くことを願っています。 とにかく、それは私たちのビジネスではありません。

しかし、モスクワ総主教の行為によって私たちを判断してはいけません。 私たちは彼らとはまったく異なります。 兄弟の有罪判決は歓迎しません。 私たちは正統派の世界における無秩序と分離を支持しません。

私たちは創造と結合の道をたどります。

私たちの主な目標は、私たちと共有し、私たちの道を受け入れる人々の魂に対する罪、不幸、誘惑から保護することによって、愛と平和をもたらすことです。

確かに、私たちは簡単な負担ではないことを選択しました。

しかし…彼らが言うように、千マイルの旅は一歩から始まります。

私たちのすべての善良な主がそれについて私たちを助けてください。

謙虚な+セラフィム

彼の法王と祝福されたメトロポリタン

モスクワとすべてのロシアの

ロシアの真の正教会の長

聖なる国際シナクシスの責任者

真正教会の

N.B. NB地方ロシア教会の支部として、組織的にその形成を最終的に始めました。 20代–早い。 30年代20世紀それは、ロシア教会の監督制と聖職者の大多数がソ連の共産主義無神論体制と協力することを拒否した結果として形成されました。 )。 OGPU-NKVD分裂の指導の下でセルギウス氏が行ったことの結果として、それ以来ソ連には公式の(「ソビエト」または「赤」)教会が並行して存在し、1943年にスターリンの命令により、 「モスクワ総主教区」に正式化され、真正教会ロシア教会(TOC)の神との戦いの体制から独立しました。 後者は、残酷な抑圧と迫害の結果として、違法な奉仕の方法に切り替えることを余儀なくされました。そのため、彼女は別の名前、カタコンブ教会になりました。

カタコンベ教会は、かつて統一されていた地元ロシア教会の支部として、「ティーホン」とも呼ばれています。これは、聖総主教ティホン(Belavin、+ 1925)の名前にちなんでいます。

ロシアの真の正教会の規範的な基盤は、362年7月20/1920日の聖総主教ティホン第XNUMX号の法令に基づいています。

聖ティホンは、全ロシア地方議会によって選出されたロシア教会の最後の合法的な総主教であり、ロシア教会の充実度を表明しました。

真の正教会の国際シナクシスの責任者、ロシアの真の正教会の責任者であるメトロポリタン・セラフィム猊下の政策報告書「ロシアの思想」。 正統性と国家性»。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-