4.1 C
ブリュッセル
12月(金曜日)8、2023
防衛敵の電子機器を「殺す」ための武器のテスト、ただし兵士はテストしない

兵士ではなく敵の電子機器を「殺す」ための武器のテスト

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュースレター

HiJENKSの武器は、電子レンジのように敵の乗り物を「揚げる」ことができます。

米空軍は最近、人を殺したり建物を破壊したりするように設計されていない新しい兵器をテストしました。 popsci.comによると、このデバイスは「高出力協調電磁非運動衝撃兵器」と呼ばれ、電子機器を意図的に破壊するように設計されています。

HiJENKSは、CHAMPの高度な超強力マイクロ波ロケットの後継機です。 どちらの兵器モデルも、爆発や衝撃の運動力などの物理的な力を使用せずに電子機器を無効にするように設計されています。 簡単に言うと、HiJENKSは、マイクロ波エネルギーのパルスバーストで電子機器を「ロースト」します。これにより、「スマート」な武器が無効になります。

この出版物は、HiJENKSは巡航ミサイルに搭載された爆撃機を使用して発射できると報告していますが、UAVを装備することもできます。銃のプラットフォームはまだ最終的に選択されていません。 AFRLの電磁気部門の責任者であるGeoffreyHeggemeyer氏は、軍はテスト後にプラットフォームとして最適なオプションを選択すると述べています。

「HIJENKSは、CHAMP開発チームがかつて直面した運用上の問題の解決策になるはずです」と空軍のJackMcGonegalは書いています。 「主張されている革新には、最大電力を増やしながら、[強力なマイクロ波エミッター]ペイロードのサイズと重量を減らすことが含まれる可能性があります。」

HiJENKSプロジェクトがどのように発展しても、リスクは避けられません。 たとえば、敵はミサイルが「致命的」に発射されたかどうかを判断できず、いずれの場合も「通常の」ミサイルに攻撃されたかのように行動します。

「戦闘では、そのような武器はまったく重要ではないかもしれません。 軍や政治家は、HiJENKSのような非運動兵器が武力紛争の際にその能力を強化できることを望んでいますが、それでも一般的な脅威として認識されます」とメディアは書いています。

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-