9.5 C
ブリュッセル
4月(土曜日)20、2024
科学技術考古学アレキサンダー大王の消えた墓

アレキサンダー大王の消えた墓

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

古代の未解決の謎の 90 つは、アレキサンダー大王の使い古された墓です。 彼の伝記作家 Arrian / Arrian of Nicomedia、または Flavius Arrian は、ローマ帝国に住んでいたギリシャ人で、歴史家、政治家、哲学者です。 アレキサンダー大王の生涯の最も信頼できる情報源と考えられています。 彼は葬式の準備について言及していませんが、ディオドロス シクルス/シクルス (紀元前 30 年 - 紀元前 40 年頃) は、古代ギリシャの歴史家であり、64 つの部分に分かれた XNUMX 冊の本からなる歴史図書館 (「歴史の図書館」) の著者であり、その「図書館」に挑戦。 ディオドロスは、アレキサンダーの体がエジプトのやり方でミイラ化され(結局、彼はエジプトの前のファラオだった)、巨大な黄金の類人猿の石棺(ツタンカーメンの石棺に似ている)に置かれ、それは斑岩で覆われた別の金の棺に置かれたと語っている. . アレクサンダーの墓は、豪華に装飾された巨大な馬車に収められています。 彼女は出発し、ペルシャからの XNUMX 頭のラバに引き寄せられて、アレキサンダーの永眠の地への長い旅に出ます。 車列には、道路を平準化する独自の道路建設チームさえあります。 最終目的地はエジプト、特に西部砂漠のシワのオアシスにあるアムン ラー神殿と言われています。 しかし、最終的にエジプトのプトレマイオス朝のファラオのギリシアエジプトの血統を発見することになるアレクサンダーの将軍の一人であるプトレマイオス・ソーターは、大隊に会うために彼の軍隊をシリアに行進させた. プトレマイオスはアレクサンドリア (シヴァの代わりに) をアレクサンダーの石棺の終着点として示唆しています。

他の人は、アレクサンダーのもう一人の将軍であるペルディッカスが、実際にコルテッジをマケドニアのアイガイ(アレクサンダーの先祖が埋葬された場所)に連れ戻したと主張しています。 ペルディッカスは、アレキサンダー大王の幼い息子であるアレクサンドル XNUMX 世の摂政に任命されたので、アエリアンが書いているように、プトレマイオス ソーターがペルディッカス将軍からアレキサンダー大王の石棺を強制的に横領し、プロパガンダ目的でアレクサンドリアに持ち込んだと考えられることがよくあります。 .

アレクサンダーの墓がエジプトにあることは論理的であり、プトレマイオス自身の未成年のアレクサンドルXNUMX世の王位への主張は正当化される. アレクサンドル XNUMX 世は帝国の正当な相続人であり、彼の遺産を否定する唯一の状況は、彼が純粋なギリシャ人ではないという事実でした。 アレクサンダーのペルシャ人 (バクトリア人) の妻ロクサーナの息子として。 では、プトレマイオスは、エジプトの王位への主張をさらに進めるために、アレキサンダーの石棺で実際に何をしたでしょうか?

プトレマイオスがアレクサンドリア王朝の影響を最小限に抑える方法として、フェニキアのレヴァンに石棺を隠した可能性は十分にあります。 彼がコルテッジに会ったとき、プトレマイオスはレバント海岸全体を含む地域であるシリアに石棺を運んだと言われています。

問題は、アレキサンダー大王の墓が歴史から完全に抜け落ちていることです。 その場所は、考古学界の最大の謎の XNUMX つです。 では、アレキサンダーの華麗な石棺は最終的にどこに置かれるのでしょうか?

そして大捜索が始まる。 考古学者、歴史家、作家、研究者は、何年にもわたってアレキサンダー大王の墓を「発見」してきました。

1887 年、イスタンブールのオスマン帝国博物館の館長であるオスマン ハムディ ベイは、レバノンのシドンで大きな発見を報告しました。 XNUMX組の地下室が発見され、開かれました。 多数の石棺があります。 これらの XNUMX つは、ギリシャのペンテリアン大理石 (アクロポリスと同じもの) から彫られた壮大な石棺で、これまでに発見された最高級の古典的なギリシャの彫刻に囲まれています。 石棺は、アレクサンダーに関連する適切な時代と文脈のものです。 しかし、この「発見」は、ディオドロスの「歴史の図書館」の石棺の記述がこの大理石の石棺と一致せず、発見された場所もありそうにないため、いくつかの問題をもたらします。 これらの困難に直面して、石棺はアレキサンダー自身によって任命されたシドンのフェニキア人の王、アブダロニムに帰されました。

何千年もの捜索の末、考古学者たちはアレキサンダー大王の墓を発見したと信じています。 現在、少なくとも XNUMX 人の研究者が謎を解いたと確信しています。

XNUMX 人の現代の専門家が、この古くからの謎を最終的に解決した可能性があります。 著者であり研究者でもあるアンドリュー・マイケル・チャグ博士 (「アレキサンダー大王の失われた墓」) と考古学者のリアナ・スヴァルツィーは、それぞれ独自の方法で真実に近づいていると信じています…

アレクサンダーの埋葬については、明確な答えよりも多くの質問があります。 ナショナル ジオグラフィックによると、現代の歴史家は、古代の王がエジプトのアレクサンドリアに埋葬されたことにほぼ同意しています。

彼が 32 歳で亡くなったとき、彼のアドバイザーはアレクサンドリアに決定する前に彼をエジプトのメンフィスに埋葬しました。 彼の墓は崇拝の場所になります。 地震と海面上昇の期間が始まり、都市を脅かします。

Suvaltsi は、アレクサンダーの墓がエジプトのシワにある古代の要塞の遺跡にあると信じています。 2019年、アレキサンドリア文明のギリシャ研究所所長であるカリオペ・リムネオス・パパコスタは、現在のアレクサンドリアの地下を発掘することに成功し、統治者の墓を発見するという大きなブレークスルーを起こしました。

「オリジナルの土台が発見されたのはこれが初めてです」と考古学者のフレドリック・ヒバートは言います。 「それを見たとき鳥肌が立った。」

有望な飛躍とはいえ、アレキサンダーの墓はまだ見つかっていません。 歴史によれば、ローマ皇帝テオドシウスが 392 年に異教徒の崇拝を禁止したとき、彼の遺体は姿を消しました。

Express によると、Suvaltsi は、アレキサンダーの願いがエジプトの神 Amun Ra の寺院に埋葬されることであったと信じています。 これにより、彼女は 1984 年にシワのオアシスを発掘する許可を要求し、エジプト当局は 1989 年に彼女に許可を与えました。彼らはライオンの像、入り口、5,651 平方フィートのヘレニズム王家の墓を発見しました。 Suvaltsi は、死体の輸送に関する彫刻や碑文は、アレキサンダーの有名な仲間であるプトレマイオスによって書かれたと信じています。

当時、スヴァルツィー氏は、「これがアレクサンダーの墓であることは間違いありません…ギリシャの手がこの非常に重要な記念碑を発見したので、すべての[仲間のギリシャ人]に誇りを持ってもらいたいです。」

1995年に古代王の墓がついに発見されたと発表されたが、ギリシャ政府はエジプト政府に発掘を中止するよう求めた.XNUMX人の考古学者の間の緊張が高まった. チャグの最新の発見が有望になる中、スヴァルツィは発掘を再開するために戦い続けています。

アンドリュー・チャグ博士は、ロンドンの大英博物館にあるネクタネブ XNUMX 世の石棺に、アレクサンダーの遺体の本当の場所を知る手がかりが含まれていると信じています。

アレキサンダー大王の墓に関しては、チャグは別の理論を持っています。 彼は著書の中で、エジプトのメンフィス近くのセラペウム複合施設にあるアレクサンダーの元の神殿は、ファラオ ネクタネブ 16 世によって建てられたと説明しています。 彼の本が出版されてから XNUMX 年が経過した現在、この説を支持する新たな証拠が現れています。 ヴェネツィアの聖マルコ大聖堂の土台で発見された石積みの一部は、大英博物館にあるネクタネブ XNUMX 世の石棺の寸法と正確に一致し、アレキサンダーの墓の場所を確認する可能性があります。

彼の遺体は 392 年に姿を消し、同時に聖マルコの墓が出現したため、チャグはアレクサンドリアの遺体がベネチアの商人によってアレクサンドリアから盗まれ、それを聖マルコと間違えたと信じています。 その後、彼はヴェネツィアに送られ、それ以来、大聖堂で聖マルコとして崇拝されています。

ベネチアで発見された破片は英国の石棺の外殻を形成するのに「ちょうどいい高さと長さ」であると言うチャグにとって、これはベネチアの遺跡がアレキサンダー大王のものであることを意味します。

大英博物館でさえ、キュレーターのコメント セクションの一部をこの新しい証拠を反映するように変更して、確信を持っています。

「このオブジェクトは、1803 年にコレクションに入ったとき、アレキサンダー大王に関連付けられていると誤って考えられていました」とまだ書かれています…しかし! – 重要な単語「間違った」が抜けています。

「発見」は続きます。 考古学者は主張します。 しかし、アレキサンダー大王の失われた墓はおそらく見つからないでしょう。

イラスト: アレキサンダー大王 – ローマ時代のモザイク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-