4 C
ブリュッセル
11月水曜日、29、2023
ニュースレターマダニに噛まれると肉アレルギーになる?

マダニに噛まれると肉アレルギーになる?

Garvan Institute of Medical Research - マダニに噛まれるとどのように肉アレルギーが引き起こされるのか? 研究は新しい遺伝的洞察を提供します

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

Garvan Institute of Medical Research - マダニに噛まれるとどのように肉アレルギーが引き起こされるのか? 研究は新しい遺伝的洞察を提供します

哺乳類の肉に対するアナフィラキシーに関与する多くの重要な分子の構造が明らかになり、将来の潜在的な治療への扉が開かれました。

マダニ咬傷によって引き起こされる致命的な哺乳類肉アレルギーに関連する特定の重要な分子の遺伝的および分子構造が科学者によって明らかにされました.


研究者は ガーヴァン医学研究所 この研究では、ヒトと高等霊長類を除くすべての哺乳類によって産生される糖分子ガラクトース-α-1,3-ガラクトース (アルファ-gal/α-gal) と抗体がどのように相互作用するかが説明されています。 それはさらに、α-gal がこの特定のアレルギーの重要な分子として機能するという考えを支持します.

東オーストラリア固有の麻痺マダニなどの一部のマダニ種 イクソデス・ホロサイクルス、人を噛んでα-galにさらすと、免疫系が危険と判断し、アレルギー反応を引き起こし、時には生命を脅かす.

Daniel Christ 教授 (右) は、抗体分子の構造を調べています。 クレジット: Garvan Institute of Medical Research

この研究の筆頭著者で、Garvan の抗体治療部門の責任者であり、標的療法センターの所長でもある Daniel Christ 教授によると、この分子研究は、特定の抗体タイプ (3-7) が α-gal が収まる自然なポケットを持っていることを明らかにしました。良い。

「私たちは 70 種類以上の抗体を持っていますが、これは α-gal 認識で著しく過剰に表現されています。 私たちは遺伝的にこの砂糖に敏感になりやすいようです」とChrist教授は言います.

最近ジャーナルに発表された新しい研究 米国科学アカデミー紀要、まれなアレルギー反応を治療するための潜在的な治療候補への道を開きます。

α-gal に対する免疫反応に対する進化上の利点

科学者は、哺乳類の肉アレルギーの患者の血液を分析して、どの抗体が産生されているかを特定しました.3-7型は、α-galに反応して頻繁に発見されました.


このデータは、α-gal に対して動員できる抗体応答を持つ進化上の利点を示しています。

「人類は進化の過程で α-gal を生成する能力を失いましたが、その理由はわかりません」と、この研究の共同主任著者である Westmead Institute の Joanne Reed 准教授は述べています。 「疑わしいのは、感染症に対する保護と関係があるということです。」

キリスト教授は、マラリアに関する最近の研究を指摘しています。 プラスモジウム 寄生虫は、その表面にα-galコーティングを施しています。 α-gal に対する迅速な免疫応答は、寄生虫が定着する前に破壊し、人をマラリアから保護することができます。

ニューサウスウェールズ州はダニ誘発性哺乳類肉アレルギーの世界的なホットスポットです

シドニーの北部地域は、哺乳動物肉アレルギーの世界的なホット スポットであり、1800 件以上の症例が報告され、世界で最も有病率が高い. クイーンズランド州のマレニー周辺のサンシャイン コースト ヒンターランドも、もう XNUMX つのホット スポットです。 麻痺ダニ(イクソデス・ホロサイクルス) は、これらの領域で見つかります。

シドニーのノーザン ビーチ病院のアレルギー専門医で、この論文の共著者であるシェリル ヴァン ヌネン教授は、マダニ咬傷と哺乳類肉アレルギーを関連付けた最初の臨床医でした。 「このアレルギーを持つ人を XNUMX 人見ない週はありません」と彼女は言います。

アナフィラキシーを発症する人もいれば、まったく反応しない人もいる理由は不明です。 van Nunen 教授は、ダニに刺される回数、唾液の注入量、または遺伝的感受性に関連している可能性があると述べています。

特定のダニ種の唾液に存在するα-galが咬傷中に注射されると、暴露が起こる、とvan Nunen教授は述べている. α-gal に過敏になった人の約 XNUMX 分の XNUMX は、哺乳類の肉に対するアレルギーの症状を示すと彼女は言います。 そして、もう一口噛むと、アレルギー反応がXNUMX倍以上になる可能性があります。 重度のアレルギーを持つ一部の人々は、ビーフブロス、フェタやヤギのチーズなどのソフトチーズ、さらにはゼラチンなどの肉製品の存在によって影響を受ける可能性があります.

コラボレーションは科学の卓越性への道

Garvan の Translation Research Pillar Director である Robert Brink 教授は、この仕事の卓越性と学際的な性質を強調しています。 「Garvan Institute of Medical Research は、抗体科学とゲノミクスの両方で世界をリードする能力を備えています。 この研究は、これら XNUMX つの分野を組み合わせて、オーストラリア、特に NSW 州にとって重要かつ拡大している健康問題である哺乳類肉アレルギーの理解を深めるものです。」

参照: 「ヒト抗α-ガラクトシル抗体応答の遺伝的および構造的基礎」David B. Langley、Peter Schofield、Damien Nevoltris、Jennifer Jackson、Katherine JL Jackson、Tim J. Peters、Melanie Burk、Jacqueline M. Matthews、 Antony Basten、Christopher C. Goodnow、Sheryl van Nunen、Joanne H. Reed、Daniel Christ、8 年 2022 月 XNUMX 日、 国立科学アカデミー講演論文集。
DOI:10.1073 / pnas.2123212119

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-