9.9 C
ブリュッセル
2月(火曜日)27、2024
アフリカフランスの石油大手EACOPプロジェクトは有毒ガスで東アフリカに害を及ぼすだろう...

フランスの石油大手EACOPプロジェクトは有毒ガスで東アフリカに害を及ぼすだろう、とグループは警告する

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

市民社会団体は、ウガンダとタンザニアが、東アフリカ原油パイプライン (EACOP) の契約にトタルエナジーズと中国の CNOOC との署名を急いでいると非難している。

パトリック・ニョロゲ

このグループは、先祖代々の土地やその他の公共財産をプロジェクトで失った市民は、プロジェクトの危険性やリスクを「回避、最小化、または軽減する」方法について十分に説明を受けていなかったと主張している.

ウガンダの公共政策研究・擁護団体であるアフリカエネルギーガバナンス研究所のダイアナ・ナビルマを含む活動家たちは、ウガンダは2006年に原油鉱床が発見されたときに近いと思われた石油大当たりの恩恵をまだ享受していないと警告している.

 「Total と CNOOC は、EACOP が前進するために、保険を確保し、2.5 億ドルの借入金を調達する必要があり、そのようなプロジェクトに参加してくれる十分な数の銀行と保険会社を見つけるのに非常に苦労するでしょう」と彼女は主張しました。

トタルは、プロジェクトに関連して「厳格な」環境的および社会的リスク評価と緩和戦略を実施したと繰り返し述べています。

ウガンダが 2006 年にコンゴ民主共和国との国境近くのアルベルティン グラベン地域で商業用石油鉱床を発見して以来、カンパラは成長と開発を促進するための効果的な管理手順の確立に着手しました。

この発見は、英国の大手タロウ・オイルによって行われました。

 2020 年 XNUMX 月、同社はプロジェクトの権益を TotalEnergies に売却しましたが、同社は抽出のための投資家をまだ確保していません。

東アフリカ原油パイプライン (EACOP) は、ウガンダのホイマからタンザニアの港湾都市タンガまで石油を輸送する、提案されている 1,443 キロメートルのパイプラインです。

EACOP プロジェクトは、アルバート湖に近いホイマで始まり、マサカとブコバの間のウガンダとタンザニアの国境を越え、ビクトリア湖を過ぎ、西の国境に沿ってタンザニアを横断し、カハマ、シンギダ、コンドアの近くを通過してタンガに入ります。

Tilenga プロジェクトは、ウガンダのブリサ地区とヌウォヤ地区における石油探査、原油処理プラント、地下パイプライン、およびインフラストラクチャで構成されています。

製油所は、コンゴ民主共和国との国境近く、アルバート湖の東岸に沿った西部地域ホイマ地区ブセルカ サブカウンティ カバアレ タウンシップの 29 平方キロメートルの土地に建設されます。

これは、ホイマの西、道路で約 60 km のカイソ トーニャ地域にあるウガンダ最大の油田の近くになります。

カイソは、ウガンダの首都であり最大の都市であるカンパラの北西にある道路で約 260 km の場所にあります。

ウガンダ 原油の埋蔵量は 6.5 億バレルであることが証明されており、そのうち約 2.2 億バレルが回収可能です。

IMF は 2013 年に、埋蔵量はナイジェリア、アンゴラ、南スーダンに次ぐサハラ以南のアフリカで XNUMX 番目に大きいと述べたと伝えられました。

1.7 年には約 2006 億バレルの回収可能な石油が発見されました。掘削は、中国海洋石油会社 (CNOOC Ltd) が運営するキングフィッシャー油田と、フランスの多国籍企業であるトータル エナジーが運営するティレンガ油田の XNUMX つの油田で行われます。

石油発見の所有権には、TotalEnergies の 56.67%、中国の CNOOC Group の 28.33%、ウガンダ政府が残りの 15% の株式を取得しています。

抽出された石油鉱床は、地元市場への供給のためにウガンダで部分的に精製されますが、大部分は東アフリカ原油パイプラインを通じて国際市場に輸出されます。

完成すれば、この施設は世界最長の加熱パイプラインとなる。

しかし、国際的および地元の環境保護団体は、ウガンダ、タンザニア、およびコンゴ民主共和国全体の野生生物保護地域、水源、コミュニティに対する環境および社会的リスクに対して、抽出サイトとEACOPがもたらす危険性について依然として警告を発しています。

グループはそのプロジェクトに激しい反対を表明している.

1 月 10 日に署名された XNUMX 億米ドルを含む最終的な投資決定にもかかわらず、広範な反対と資金確保への障害により、アフリカで最も野心的な化石燃料プロジェクトの XNUMX つが台無しになる可能性があります。

ウガンダ西部のアルバート湖で、プロジェクト 開発者は油井を建設します、原油処理プラント、地下パイプライン、ブリイサ地区とヌウォヤ地区の国内石油消費のためのインフラストラクチャ。

アルバート湖の北にあるティレンガ油田は、マーチソン フォールズ国立公園内での操業を含み、TotalEnergies が 56.67% を所有しています。

論争

 開発者は、プロジェクトがウガンダとタンザニアの社会的および経済的運命を変えると主張しています。 しかし多国籍企業は、地域社会や市民社会団体からの大きな抵抗に直面しています。

ウガンダ、タンザニア、その他のアフリカ諸国の合計 260 のコミュニティ グループが、国際組織とともに、#StopEACOP キャンペーンを推進するために団結しました。これは、大衆の動員、法的措置、研究、株主の行動主義、メディア アドボカシーを主な前提とする世界的な運動です。

このグループは、大規模な石油採掘と原油輸出パイプラインが、ウガンダとタンザニア全体で保護された野生生物地域、湖と川、森林、湿地、国立公園、コミュニティに深刻な環境的および社会的リスクをもたらすと主張しています。

彼らは、世界の多くが化石燃料への依存と排出量を削減するために競争しているときに、パイプラインは毎日250,000バレルの石油を抽出すると言います.

ストックホルム環境研究所の研究者による計算では、アルバート湖油田での EACOP ピーク生産に関連する炭素排出量は、年間 33 万トン以上に相当し、現在のウガンダとタンザニアの合計年間排出量の 30 倍以上になることが示されています。

キャンペーンの一部である環境団体 350.org のケニアの弁護士である Omar Elmawi は、同盟が 11 の銀行にパイプラインへの資金提供を撤回する影響を与えたと述べています。

NGO は、XNUMX 万人を動員して、TotalEnergies の CEO である Patrick Pouyanne と他の資金提供者に、法廷で投資に異議を唱え、市民の抗議を行うことで、プロジェクトの運営を停止するよう求める請願書に署名したと主張しています。

#StopEACOP キャンペーンの参加者である Inclusive Development International (IDI) の法務および政策アソシエイトである Coleen Scott 氏は、このプロジェクトは、観光や漁業などの持続可能な仕事を支える多くの生態系に取り返しのつかない損害を与えると述べています。

英国の NGO である Oxfam は、ウガンダとタンザニアで 100,000 人以上がこのプロジェクトの影響を受けると主張しています。

他の 14,000 人以上が、建設のために道を譲るために 5,300 ヘクタールの土地から立ち退かされる危険にさらされています。

ストックホルム環境研究所は、2021 年の分析で、石油採掘とパイプラインによって、合計 2,000 平方キロメートルの保護された野生生物の生息地が乱されると主張しています。

これらには、ウガンダのチンパンジーの 12% を収容するブゴマ森林、ウガンダのワンバヤ森林とタアラ森林、タンザニアのミンジロ自然森林保護区とブリギ ビハラムロ ゲーム保護区が含まれます。

ティレンガ油田には、ウガンダで最も古い自然保護区であるマーチソン フォールズ国立公園内での操業が含まれており、XNUMX 万人以上の人々が漁業と水を利用しています。

ティレンガ油田は、XNUMX 万人以上の貧しい農村住民にとって唯一の食料と水源であるティレンガ国立公園内で操業します。

ナビルマ氏によると、ウガンダの法律は保護地域での石油探査を禁止していませんが、国際自然保護連合のメンバーとして、保護地域での産業活動を避けることを約束しています。

彼女は、パイプラインは、特に 40 万人が水、食料生産、工業生産に依存しているビクトリア湖流域に高い淡水汚染リスクをもたらすと述べています。

TotalEnergies とパートナーは、このプロジェクトにより、建設および生産段階で 12,000 の直接雇用と 50,000 近くの間接労働の機会が創出されると主張しています。

しかし、エネルギー経済・財務分析研究所のエネルギー金融アナリストであるサイモン・ニコラス氏は、アフリカの他の化石燃料プロジェクトの実績が乏しいため、楽観的な見方はほとんど期待できないと警告している。

EACOP の投資家は、請負業者が雇用を創出し、ウガンダとタンザニアの外国直接投資を 1.7% 増加させるビジネス チャンスに 60 億米ドルを投資すると主張しています。

 また、TotalEnergies のメディア リレーションズ オフィサーである Stephanie Platat 氏は、中国やインドを含む国々への石油輸出から最大 2 億米ドルの年間収入を生み出すことが期待されています。

彼は、ウガンダとタンザニアで影響を受ける 18,800 世帯のうち、Tienga と EACOP のプロジェクトによって物理的に立ち退かされるのは 723 世帯だけだと主張しています。

 「これらのプロジェクトは、多くの場合、雇用と開発の約束を伴いますが、常に失望します」とニコラスは警告します. 「化石生産に依存しているアフリカ諸国は、そうでない国よりも経済発展が遅い」

#StopEACOP キャンペーンの Elmawi は、TotalEnergies と CNOOC がパイプラインの 70% の所有権を保持し、ウガンダとタンザニアが残りの 30% を共有すると警告しています。 「これはウガンダとタンザニアのリソースのようには聞こえませんが、Total と CNOOC のリソースのように聞こえます」と彼は言いました。 中国対話.

エルマウィとサイモン・ニコラスは、タンザニアとウガンダは、化石燃料をアフリカから遠ざけることになる石油とガスの採掘を増やす代わりに、再生可能エネルギー、観光、持続可能な農業と漁業に目を向けるべきだと警告しています。

最近では、15 つの保険会社と XNUMX の国際的な銀行がプロジェクトとの関係を終了し、資金調達が不確実性に陥っています。

IDI の Coleen Scott 氏は、「Total と CNOOC は、このような物議を醸すプロジェクトへの資金提供に伴う風評被害に耐えられる銀行を見つけるのに苦労しているのではないかと考えています。

「昨年、プロジェクトのコストが急激に上昇し、約 30% 増加しました。これは、非常に多くの金融機関がプロジェクトに背を向けたため、ローンのコストが増加したことが一因です。」

プロジェクトの今後

EACOP プロジェクトは、3 億米ドルの融資を求めています。 しかし、世界の主要な金融機関が気候変動と戦うために石油とガスの探査への資金提供を断念しているため、プロジェクトの将来と成功に疑問が投げかけられています。

「銀行債務によるEACOPプロジェクトの資金調達は、関心のある国際金融機関とまだ取り決められている」とプラタットは述べた。 中国対話.

彼女によると、このプロジェクトは、資金提供を約束した株主によって承認されましたが、それでも銀行融資を必要とする 3 億米ドルの不足が残っています。

スコット氏は、EACOP 規模の石油採掘プロジェクトは、ウガンダを化石燃料依存に陥れ、同国の環境への移行の機会を損ない、ウガンダ人をより多くの貧困にさらす可能性があると警告しています。
Already を含む批評家は、ウガンダの観光、クリーン エネルギー、アグロフォレストリー、およびその他のグリーン経済セクターへの投資は、4 万近くの雇用を生み出し、GDP を 10% 増加させる可能性があると主張しています。 この動きにより、30.4 年までに 2031 万トンの炭素排出量を削減できる可能性があります。

 「石油プロジェクトは大きな環境リスクをもたらします。 アルバート湖、ビクトリア湖、河川など、コンゴ民主共和国、タンザニア、ケニアなどの国と共有されている資源は、油汚染の危険にさらされています」と彼女は言います。

ウガンダの Rise Up Climate Movement の創設者である Vanessa Nakate 氏は次のように述べています。

「化石燃料産業に未来はなく、私たちは石油を飲むことができません。 私たちはトタルが人々と地球のために立ち上がることを要求します」と彼女は言います。

金融システムの脱炭素化に取り組んでいる Reclaim Finance のルーシー・ピンソン氏は、 追加されました「私たちは銀行に対し、プロジェクトに近づかないよう公に約束することを求め、投資家に対しては、XNUMX 月のグループの AGM でトタルの気候戦略と CEO のパトリック・プヤネの任務の更新に反対票を投じるよう求めます。」

コミュニティが有害な企業プロジェクトから権利を守ることを支援するインクルーシブ デベロップメント インターナショナルのデビッド プレッド氏は、次のように述べています。

しかし、TotalEnergies の CEO である Patrick Pouyanne 氏は、すべてのパートナーが模範的な方法でプロジェクトを実施し、生物多様性と環境への関心、および地域社会の権利を最大限に考慮していると主張しています。

「Tilenga 開発と EACOP パイプライン プロジェクトは、Total にとって主要なプロジェクトであり、グループの上流ポートフォリオの平均炭素強度を下げながら、損益分岐点の低い石油プロジェクトに集中するという当社の戦略と一致しています。 これらのプロジェクトは、ウガンダとタンザニアの両方に重要な国内価値を生み出します.

「トタルはまた、これらの陸上プロジェクトのデリケートな環境的状況と社会的利害を最大限に考慮しています。 私たちのコミットメントは、模範的かつ完全に透明な方法でこれらのプロジェクトを実施することです、と彼は言います.

Pouyane の立場は、ウガンダのエネルギーおよび鉱物開発省の次官である Robert Kasande によって支持されています。 「私たちは自分たちが働く環境に気を配っています。非常にデリケートなエコシステムです。 そのため、私たちは行う必要があるすべてを適切に配置しました。」

しかし、著名な米国の生態学者であるビル・マッキベンは次のように警告しています。 東アフリカ原油パイプライン 世界で最も生態学的に多様で野生生物が豊富な地域の XNUMX つを脅かしています。

彼によると、約 1,445 km のパイプラインが、ライオン、エランド、レッサークーズー、バッファロー、インパラ、カバ、キリン、ローンアンテロープ、シタトゥンガ、セーブル、シマウマ、ツチブタなど、象徴的で絶滅の危機に瀕している動物の生息地である、数多くの重要な生息地と自然保護区を通っています。 、赤いコロブス モンキー。

彼は、「提案されたルートは、できるだけ多くの動物を危険にさらすために描かれたように見える」と警告している.

ウガンダからタンザニアの海岸に向かう途中で、パイプラインは、美しいマーチソン フォールズ国立公園、ターラ森林保護区、ブゴマ フォレスト、ビハラムロ ゲーム リザーブなど、保護された野生生物の生息地約 2,000 平方キロメートルを妨害します。

サイトには、東部チンパンジーやアフリカゾウなどの脆弱な種の保護に重要な複数の保護区が含まれています。

最大XNUMXWの出力を提供する アフリカ象は地球上で最大の動物であり、世界 37 か国で群れをなして歩いています。

生き物はそれ自体が素晴らしいだけでなく、他の多くの動物に適した生息地を維持する上で重要な役割を果たしています.

McKibben 氏は次のように述べています。

また、EACOP は重大な気候リスクをもたらし、広範な抵抗に直面していますが、危険性を強調した市民社会のメンバーやジャーナリストは、引き続き脅迫され、逮捕されています。

22 年 2021 月 XNUMX 日、ディケンズ カムギシャ所長を含むアフリカ エネルギー ガバナンス研究所の XNUMX 人の職員がカンパラで逮捕されました。 AFIEGO は、プロジェクトに対して訴訟を起こしたウガンダの XNUMX つのグループの XNUMX つです。その中には、フランスの TotalEnergies と東アフリカ司法裁判所の XNUMX つが含まれます。

これにより、国連特別報告者によるプロジェクトの精査が行われました。
プロジェクトラインに沿ったコミュニティも恐怖の中で暮らしています。 パイプラインの建設と運用には 5,300 ヘクタール以上の土地が必要です。これは、約 14,000 世帯が小作農や祖先の土地を失うことを意味します。

総計のうち、ウガンダでは 200 世帯、タンザニアでは 330 世帯が再定住する必要があります。 ウガンダではさらに 3,500 世帯、タンザニアでは 9,513 世帯が経済的に立ち退きを余儀なくされます。

気候への影響

BankTrack の Ryan Brightwell は、EACOP パイプラインが「プラトー生産」で 216,000 日あたり 2 バレルの原油を運ぶと予想されているため、石油は COXNUMX 排出量を超える可能性があると警告しています。 毎年33万トン.

これは、ウガンダとタンザニアの現在の合計排出量よりも大幅に大きくなります。 プロジェクトへの資金提供は、気候リスクに対処するための投資家、規制当局、および同じ銀行の一部による他の作業を弱体化させます。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-