5.6 C
ブリュッセル
2月(火曜日)20、2024
科学技術考古学馬、サーベル、矢を持ったモンゴルの戦士の墓が見つかりました...

トランスニストリアで発見された馬、サーベル、矢を持ったモンゴルの戦士の墓

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ペタルグラマティコフ
ペタルグラマティコフhttps://europeantimes.news
ペタル・グラマティコフ博士は、編集長兼ディレクターです。 The European Times. 彼はブルガリア記者連合のメンバーです。 グラマティコフ博士は、ブルガリアのさまざまな高等教育機関で 20 年以上の学術経験があります。 彼はまた、新宗教運動の法的枠組み、信教の自由と自己決定、国家と教会の関係に特別な焦点が当てられている宗教法における国際法の適用に関連する理論的問題に関連する講義を調べました。 -民族国家。 グラマティコフ博士は、専門的および学術的な経験に加えて、10 年以上のメディア経験があり、観光の季刊誌「Club Orpheus」誌 - 「ORPHEUS CLUB Wellness」PLC、プロヴディフの編集者としての地位を占めています。 ブルガリア国営テレビの聴覚障害者のための専門ルーブリックの宗教講義のコンサルタントおよび著者であり、スイスのジュネーブにある国連事務所の「Help the Needy」公共新聞のジャーナリストとして認定されています。

スロボジェヤ地方のグリノエ村の近くで、プリドネストロヴィアの考古学者は高貴なモンゴルの戦士の埋葬地を発見しました。

彼が最高の軍事貴族に属していたことは、墓の近くに配置された一連の武器と馬の埋葬によって証明されている、と報告 novostipmr.com

プリドネストロヴィア州立大学の研究所「考古学」の職員は、破壊された手押し車を研究しているときにこの発見をしました。 実際、発掘調査は救助です。ユニークな歴史的情報を含む古代の遺物を見つけて保存することができます。 今年は、社会文化事業支援事業の大統領助成金により研究が可能となった。

戦士の墓の遺物の中には、さまざまな形の鉄の矢じり、短剣、長いサーベル、白樺の樹皮の矢筒の別々の部分が保存されています。 これらのオブジェクトと埋葬儀式の要素(ピットの形状、骨格の向き)の一次分析により、埋葬の時間的帰属を決定することが可能になりました。これは13世紀の終わりです。北黒海地域の草原における黄金の大群の支配。

骨格の大きさから判断すると、生前の男性の身長はわずか 1.6 メートルでした。 興味深いことに、彼と一緒に見つかったサーベルの長さは 1.3 メートルです。 これは写真ではっきりとわかります。 柄は埋められた肩の骨にあり、刃の端は下肢に達します。 戦士は自分とほぼ同じ高さのサーベルを振るった。

これは人の強さと器用さを物語っており、それは彼の広い骨によって確認されています。 頭蓋骨の形と突出した頬骨は、モンゴロイドの起源を物語っています。

矢筒セットは、この男が熟練した射手であったことを示しています。 彼は、形や重さが異なる、先端の異なる矢の扱い方を知っていました。 その中には、巨大な XNUMX 裂片と菱形があります。

近距離で巧みに使用すると、鎧や鎖帷子を貫通し、重装備の歩兵や騎兵に対して非常に効果的でした.

XNUMX 世紀にわたって、腐食によって金属製品が変形し、現在では鉄滓の破片になっています。 たとえば、考古学者はサーベルを文字通り少しずつ組み立てました。 そして、アーティファクトを復元するには、少なくともさらに XNUMX か月かかります。

研究所「考古学」の遠征を率いる歴史科学博士のヴィタリー・シニカは、モンゴルの戦士の埋葬は、カーン・トフタと西部領土の知事との間の黄金の大群での内戦を反映している可能性があることを示唆しました。 Beklarbek Nogay。 13 世紀末、ノガイはドナウ川とドニエプル川の間の土地を支配し、非常に強かったので、独立した政策を追求し、独自のコインを鋳造しました。 ビザンチウムの皇帝ミカエル・パレオロゴスでさえノガイのために彼の娘エウフロシュネーと結婚し、彼と結婚した。

強力なベクリャルベク (支配者に対する支配者) は、ジンギスカン トクテの子孫の 1300 人が黄金の大群で権力闘争に勝利するのを助けました。 しかし、王位に就いたトフトゥは同盟国の独立を危惧し、最終的には軍事衝突に発展した。 アラブの情報筋によると、Nogay と Tokhta の間の戦いは、XNUMX 年に Kukanlyk の代わりに行われました。 歴史家は、この地名をさまざまな方法でローカライズしています。クヤルニク河口であると信じている人もいれば、クチュルガン湖について話していると信じている人もいます。 いずれにせよ、戦いは野外の敗北と死に終わりました。

ドニエストル川とサザンバグ川の間のどこかで行われたこのクカンリクの戦いに、グリノエ近郊のモンゴルの戦士が参加した可能性があります。 彼は、野外の残党の撤退中に重傷を負い、死ぬ可能性がありました。 これまでのところ、これは単なるバージョンであり、今後の調​​査によって確認または反論される予定です。 そして、考古学的発掘によって、プリドネストロヴィエの古代史の新しい粒子を発見できるという事実は、季節ごとに確認されています。

ソース novostipmr.com

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-