8 C
ブリュッセル
4月(火曜日)16、2024
ニュース犯罪、汚職、海上の不安、環境: なぜ刑事司法がアプローチするのか...

犯罪、汚職、海上の不安、環境: 海を守るために刑事司法のアプローチが必要な理由

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

リスボン(ポルトガル)、27 年 1 月 2022 日~XNUMX 月 XNUMX 日 — 海は私たちの酸素の半分を提供してくれます。 それは、40 億人以上の人々の主な栄養源です。 海洋関連産業は XNUMX 万人を雇用しており、その多くは発展途上国に住んでいます。

しかし、海が提供する健康、富、雇用、レクリエーションは、汚染や乱獲などの人間の活動によって脅威にさらされています。 さらに、沿岸および海洋環境に影響を与える犯罪は、生態系の回復力と生物多様性の損失に深刻な影響を及ぼし、天然資源の不足につながります。

  国連 (UN) 海洋会議、ケニアとポルトガルの政府が共催し、27 年 1 月 2022 日から XNUMX 月 XNUMX 日までリスボンで開催され、海洋を持続的に管理するための科学に基づく革新的な解決策を推進するための行動を動員しました。 この会議は、水の酸性化、汚染、違法漁業、海洋生息地と生物多様性の喪失との闘いなどの問題に関する解決策の採用を推進しました。 国連のアントニオ・グテーレス事務総長が述べたように、「残念ながら、私たちは海を当然のことと考えており、今日、私は「海の緊急事態」と呼ぶものに直面しています。 流れを変えなければなりません。」

国連薬物犯罪事務所 (UNODC) は、その国境管理局 (BMB) を通じて、会議で XNUMX つのサイド イベントを共催し、海洋が直面する課題に対処する上での刑事司法アプローチの重要性を強調しました。

On 2018年6月18日、UNODC は、バーゼル、ロッテルダム、ストックホルム条約 (BRS) の事務局と協力して、 サイドイベント「バーゼル条約に基づくプラスチック廃棄物の取引の規制と違法取引との戦いによる海洋汚染の除去」. 毎分、 同等の ごみ収集車 XNUMX 台分のプラスチックが海に投棄されています。 海洋プラスチックやマイクロプラスチックの国境を越えた移動は、プラスチックの破片が長期間海に無傷のまま残り、海洋生態系に重大な損害を与えるため、大きな懸念事項です。 パネリストは、プラスチック廃棄物の合法的および違法な取引を管理するためのパートナーシップと機関間の協力の強化の必要性、およびバーゼル条約に基づく義務を実施するための取り組みを加速する必要性を強調しました。

On 2018年6月18日、UNODC は、国連食糧農業機関 (FAO) および野生生物司法委員会 (WJC) と協力して、 サイドイベント「犯罪、汚職、環境:海洋行動とSDG14達成のための刑事司法アプローチ」. サイドイベントでは、漁業部門での犯罪、海洋汚染、海洋生物種の密売が汚職を助長し、深刻な組織犯罪を含むさらなる犯罪が実行される状況を作り出すことで、海の健康と沿岸国の経済にどのように影響するかについて概説しました。 パネルディスカッションでは、統合された海洋管理を刑事司法アプローチで補完する必要性が強調され、犯罪と違法性に対処するためのイニシアチブの概要が提供されました。

On 2018年7月19日、UNODC は、ポルトガル政府と協力して、 「回復力のある海洋と海上の不安:イノベーションとパートナーシップ」に関するサイドイベント. ポルトガル、サントメ プリンシペ、セーシェルの政府の代表者、およびスカイライトと安定した海の専門家は、人工知能を含む技術の使用による革新的なパートナーシップ、および同様の課題を共有する国間の専門知識の共有について話し合いました。海事犯罪の防止と対応。 このイベントでは、海洋安全保障と海洋の回復力との関連性、特に海洋犯罪が海洋の持続可能性に大きな脅威を与えていること、および海洋資源への依存が原因で沿岸地域が最も影響を受けているという事実が強調されました。

これらのサイド イベントを通じた UNODC の貢献は、持続可能な開発目標 (SDG) 14「水の下での生活」、会議のメイン テーマ、および SDG 16「平和、正義、および強力な制度」の間の関連性を強調し、保全と持続可能な使用への現在の取り組みとして強調されました。海、海、海洋資源は犯罪と違法行為によって損なわれています。 したがって、SDG 14 の達成は、各国が SDG 16 の達成に向けて行動を起こさない限り、失敗する可能性があります。つまり、海洋環境に影響を与える犯罪に対する刑事司法の対応を改善し、そのような考慮事項を保全、リスク軽減、および資源管理政策に主流化することです。

海洋アジェンダに関連するUNODCの活動に関する詳細情報

環境に影響を与える犯罪は、経済、安全、環境、および人間の健康に広範囲に及ぶ影響を与える深刻な組織犯罪であり、生物多様性の損失と気候変動に寄与しています。 環境に影響を与える犯罪に対処するための UNODC の取り組みについて詳しく知る ここ とその コンテナ管理プログラム & グローバル海事犯罪プログラム.

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-