15.9 C
ブリュッセル
日曜日、月19、2024
宗教キリスト教総主教キリルは異教徒、「ロシア世界」は異端

総主教キリルは異教徒、「ロシア世界」は異端

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

著者: エピファニウス キエフとすべてのウクライナのメトロポリタン

「ロシア世界」という考えは異端であり、モスクワ総主教キリルは異教徒で反正統派の帝国主義者とナショナリストのイデオロギーを採用した。 これは、キエフおよび全ウクライナのメトロポリタンであり、ウクライナ正教会の霊長類であるエピファニウスが、28 月 XNUMX 日付のエキュメニカル総主教バーソロミューへの手紙で求めたものです。

モスクワ総主教庁の副スポークスマンであるヴァフタン・キプシゼの最初の反応は、この訴えは教会ではなく、その主張を真剣に受け止めるべきではない分裂構造から来たものであるというものでした。 (ウクライナ正教会は 2018 年 XNUMX 月に設立され、その XNUMX か月後、バーソロミュー総主教は、自頭症を認めるトモスを発行しました。ロシア正教会は、この決定を認めませんでした。編集者に注意してください。) OCU は、ウクライナ当局を喜ばせ、参加しようとしています。ロシア正教会の首長に対するものを含め、ロシア国民全体に対するキャンペーンにおいて、彼は付け加えた。

モスクワ総主教はその後、ロシア正教会はロシア人、モスクワ市民のためだけに存在するという「悪意のある人々」の主張は現実に対応していないと述べた。 説明は、それは世界中の60カ国以上にあり、彼にとって正教会はどこに住んでいても、ロシア正教会の一部であるというものでした.

シリルは、モスクワの「救世主キリスト」教会で、いわゆるドネツク人民共和国とルハーンシク人民共和国、およびハリコフ州のウクライナの子供たちとの会合でコメントしました。 彼にとって、この会議は「大きな喜び」だった。モスクワ総主教庁の子供たち」。

ウラジーミル・プーチンがウクライナを攻撃した後、総主教は説教の中でこの話題に何度か触れた。 彼によると、ロシアとウクライナの人々は一体であり、外力が分離しようとしており、ロシアは他の国を攻撃したことはなく、「国境を守るだけ」です。

キリルはカナダとイギリスから制裁を受けており、ハンガリーのヴィクトル・オルバン首相の介入により、欧州連合はリトアニアの提案で同じことをすることができなかった.

これは、ウクライナのメトロポリタンがエキュメニカル総主教バーソロミューに送った手紙です。

あなたの聖性、

今年の 24 月 XNUMX 日の司教評議会の決定に従って、モスクワ総主教キリル・グンジャエフの活動と、「ロシア人」の民族系統学的および人種主義的教義について、汎正統派レベルでの調査と非難を開始するようあなたに呼びかけます。世界」を説いた。

24 年 2022 月 2014 日、ロシア連邦は公式の宣戦布告なしに、知らぬ間にウクライナに対する本格的な軍事攻撃を開始しました。 200 年 XNUMX 月にヨーロッパの中心部でロシアが開始した戦争は、ウクライナの国家を破壊し、極度の残虐行為で攻撃することを目的として行われています。 全世界の目の前で、真のジェノサイドがウクライナの人々に対して行われています。 侵略者は、平和なウクライナの都市を破壊し、病院や学校を砲撃し、女性や未成年者を強姦し、拷問し、子供を殺し、不具にしています。 ロシア軍によって殺害された人々の中には、ウクライナ正教会の聖職者や、他の宗教の宗教教師も含まれています。 ロシアの砲撃の結果、約 XNUMX の宗教的建造物、主に正教会が完全または部分的に破壊されました。

ロシアは、何世紀にもわたってそのアイデンティティを正教と結びつけてきた国です。 しかし、ここ数十年で、ロシアのキリスト教信仰は異教にさらされてきました。正教会の伝統に基づいているが、福音の精神と教皇たちの正教会の信仰の内容とは相容れない市民宗教に、知らぬ間に取って代わられたのです。 私たちの国に侵入した多くのロシア兵は、正統派と同一視しています。 しかし、侵略者が行った行為は、彼らがキリストとその教会との生きたつながりを失った犯罪者であることを証明しています。

殺害された子供、レイプされた女性、住宅や寺院の破壊は、戦争犯罪であるだけでなく、キリストを否定する行為でもあり、その結果、犯罪者は教会の肥沃なフェンスの外にいることに気づきます。 しかし、犯された犯罪に対する道義的責任は、直接の加害者だけでなく、彼らのイデオロギー的インスパイア者であるモスクワ総主教キリルと、何十年にもわたって民族系統学的で人種差別的な教義を広め、現在は祝福されている、同じ考えを持つ高官たちによっても負われています。ロシアの世界」。

メトロポリタン・キリル (2009 年) の総主教長の選挙の多くは、教会生活の復活への特定の希望を結びつける。 しかし、今日、シリルがモスクワ大聖堂を占領してから 16 年半が経過した今、発表された改革が行われなかったことは明らかであり、第 XNUMX 代モスクワ総主教の唯一の真の功績は、一人の男の手に権力が集中したことでした。本物の教会評議会の完全な劣化と、教会のロシア国家への完全な依存を伴います。

メトロポリタン、そして後に総主教キリルは、正教会の信仰を公言するための基準ではありませんでした. キリル司教のいくつかの神学的声明 - たとえば、聖三位一体の第三位位を「父なる神から永遠に発生する神のエネルギー」と同一視したこと - は、ロシア教会の聖職者の間で論争と誘惑さえ引き起こしました。 シリルは神学的問題にほとんど無関心だったので、完全に異端の領域に陥ることはありませんでした。 長い間地政学的問題に注意を向けていた高官が、「ロシア世界」の教義の創設に参加することを決定したとき、状況は変わりました。これは、世界におけるロシアの国家と国家の特別な役割に関するナショナリストの民族系統学理論です。そして教会で。

今年の 15 月 340 日の正教会の日曜日に、「ロシア世界」に関する宣言が公布されました。この宣言には当初、世界中から 1872 人以上の正教会の神学者が署名しましたが、その数は現在 XNUMX 人に増えています。 この宣言で指摘されているように、「ロシア世界」は、XNUMX 年のコンスタンティノープル公会議で非難された、エスノフィレティズムの教えに近い非正統的な異端教義です。この卑劣な教義によって引き起こされたウクライナとの戦争を許可したロシア当局は、ロシア正教会の共謀に対して、非常に非正統的で非キリスト教的な行動をとったためである」と、宣言に署名した正教会の神学者は指摘した。 同様の評価は、別の公文書、つまり正教会の首長への公開演説で表明されました。

上記の上訴に含まれる声明のほとんどを共有する一方で、正統派の人類学を著しく歪曲する「ロシア世界」教義の別の異端的側面にも法王の注意を喚起したいと思います。 それは、総主教キリルの解釈における「ロシア世界」の教義に固有の歴史的自己決定または歴史的宿命論に対する人々の権利を否定することです。 後者の神話的歴史的概念によれば、ロシア人、ウクライナ人、ベラルーシ人は「ロシア世界」の共通文明に属していると考えられており、それ自体、さらなる歴史的自己決定に対する道徳的権利はありません。 過去になされた彼らの選択は、彼らがロシアの世界またはロシアの国家の一部になることを彼らの残りの人生のために義務付けていると思われます.

全国民の自由の否定は、キリル総主教と彼の志を同じくする人々の世界観と、精神的に人種差別的な理論と組み合わされており、それによると、ロシアと「ロシア世界」は他の国よりも根本的に優れたものであり、ロシアの歴史的隣人であるウクライナ人とベラルーシ人には、ロシアの現実の一部としてのみ存在し、未来を持つ権利があります。 民族と国家を「現実」と「人為的」に分けるこの人種差別主義の概念の中で、ウクライナの人々が正教会の完全な独立(自頭症)と国家としての権利を否定することは、原則として非常に論理的です。

同時に、現代のロシア正教会のイデオロギーが、ウクライナだけでなく、正教会の世界全体にとっても脅威となっていることを理解することが重要です。 「ロシアがウクライナに侵攻したように、キリル総主教が率いるモスクワ総主教庁は、たとえばアフリカの正教会に侵略者となり、分裂と不和を引き起こした」と正教会の神学者たちは前述の宣言で指摘した。

「ロシア世界」の教義と、近年、キリル総主教によって開始された特定の教会の決定との関連性を理解することが重要です。 「アフリカの家父長制エクサルキー」 . ウクライナに対するロシア連邦の武力侵略(15年)。 少なくとも 2018 年 2022 月以降、キリル総主教のすべての行動は、特定の政治的目標に従属しています。 彼は、ロシア国外でのロシア正教会の存在感を根本的に高め、エキュメニカル総主教庁とギリシャ語を話す地元の教会を可能な限り弱体化させ、正教会の世界にモスクワ総主教の覇権と指示を押し付けようとしています。

現在の状況では、カトリック教会が異教のロシア正教から生じる課題に適切に対応することが非常に重要です。 福音書が証言しているように、「すべて良い木は良い実を結び、悪い木は悪い実を結びます」(マタイ 7:18)。 私たちの救い主によって命じられたこの原則に従って行動する教会は、今日「戦争の果実」を実らせている木が有毒であることを集合的に認識しなければなりません。つまり、「ロシア世界」の教義を異端として非難しなければなりません。

私たちは、法王と地方正教会の長老たちに対し、エキュメニカル総主教庁と多くの地方正教会に対する彼の反対に関連して、キリル総主教の活動をできるだけ早く調査することを求めます。分裂の、総主教を正統な責任に正義に導くため。

上記を考慮して、法王と地元の正教会の長に、2018年から2021年に採択されたロシア正教会の聖シノドスのいくつかの決定を正式に認定するよう要請します。正教会の教会学の原則に:

• エキュメニカル総主教庁、アレクサンドリア総主教庁、キプロス教会、ギリシャ教会との聖体拝領を(一方的に)中断する決定。

• 正教会の伝統と第一公会議の第六規則に反して、アレクサンドリアの古代総主教庁の正統領域にモスクワ総主教庁の教会構造を創設する決定。

私たちの教会の司教たちとロシアの対ウクライナ戦争の多くの犠牲者を代表して、モスクワ総主教が公然と明確に公に承認し支持している、私たちはあなたの法王と地元の正教会の首長に要請を求めます:

• 「ロシア世界」の教義を非難し、それを異端と認める。

• アレクサンドリア総主教庁の正規領域におけるキリル総主教の行動を分裂的であると認定すること。

• キリル・グンジャエフからモスクワ総主教庁を占拠する権利を奪うこと。

キリストにある誠実な兄弟愛を込めて、法王と地元の正教会の首長に、苦しんでいるウクライナの人々のために祈りを捧げ続け、この手紙で表明された要求を、客観的に、教えとロシア教会の現在の首長の活動を調べるために、教会の神聖な規範。

ウクライナ正教会司教会議を代表して

エピファニウス

キエフとウクライナ全土のメトロポリタン

ウクライナ正教会の霊長類

写真: 2019 年 XNUMX 月にイスタンブールで行われた、モスクワ総主教庁に従属していないウクライナの教会の表彰式でのメトロポリタン エピファニー © President.gov.ua

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-