5.6 C
ブリュッセル
2月(火曜日)20、2024
ニュースレター2030年までに子供たちのエイズを終わらせるために新しい世界的同盟が発足

2030年までに子供たちのエイズを終わらせるために新しい世界的同盟が発足

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

公的機関
公的機関
主に公的機関(公的機関)からのニュース
HIV とともに生きるすべての成人の 52 分の 2030 以上が何らかの治療を受けていますが、そうしている子供の数はわずか XNUMX% に過ぎません。 この驚くべき格差に対応して、国連機関の UNAIDS、ユニセフ、WHO などは、新たな HIV 感染を防ぎ、XNUMX 年までにすべての HIV 陽性の子供たちが救命治療を受けられるようにするための世界的な同盟を結成しました。
2030 年までに子供のエイズをなくすための新しいグローバル アライアンスは、国連機関、市民社会団体、政府、国際パートナーで構成され、XNUMX 年に閉幕した画期的な国際エイズ会議で発表されました。 モントリオール、カナダ、火曜日。

「健康で情報に通じた世代」

レソト出身のリンポ・ンテコさんは会議で、HIVの突然の診断から、HIVの妊娠感染と闘うための女性主導のmothers2mothersプログラムの先駆者に至るまでの彼女の旅を共有しました。 診断されたときに妊娠していると、ンテコさんは強調しました コミュニティのリーダーシップの重要性 HIVとの闘いにおいて:

「成功するためには、HIVについて自由に話し、自分自身と子供たちをHIVから守るために必要なサービスとサポートを受けられる、健康で知識のある若い世代が必要です」と彼女は代表団に語った.

「mothers2mothers は、XNUMX 年連続で登録クライアントの HIV の母子感染を実質的に根絶することを達成しました。これは、女性とコミュニティが現実に合わせたソリューションを作成できるようにすることで何が可能になるかを示しています。」 

ネトコ氏がコミュニティのリーダーシップを強調することは、国際連合のリソースによって支えられることになります。

行動のXNUMXつの柱

 アライアンスの利害関係者は協力して、集団行動の XNUMX つの柱を特定しました。

  1. 授乳中の思春期の少女と HIV と共に生きる女性の間の治療ギャップを埋め、治療の継続性を最適化します。
  2. 妊娠中および授乳中の思春期の少女と女性の新たな HIV 感染を予防し、検出します。
  3. HIV にさらされ、HIV とともに生きる乳児、子供、青年のためのアクセスしやすい検査、最適化された治療、および包括的なケアを推進する。
  4. 男女平等、およびサービスへのアクセスを妨げる社会的および構造的障壁に対処します。

同盟の潜在的な成功は、その統一性にかかっています。 国連合同エイズ計画(UNAIDS) 事務局長の Winnie Byanyima は次のように主張しています。 私たちは子供のエイズを終わらせる世代になれる. 私たちはこれに勝つことができますが、一緒にしか勝つことができません。」

UNAIDS は、社会のあらゆるレベルでの協力によってのみ、HIV のさらなる感染を効果的に防止するための全体的な解決策を生み出すことができると述べています。

世界中のコミットメントとリソースを動員しながらソリューションをローカライズすることにより、アライアンスはイノベーションを刺激し、この差し迫った問題を解決するために必要な技術的卓越性を磨くことを目指しています。 

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-