14.6 C
ブリュッセル
4月(木曜日)11、2024
ニュースCEC セミナーの講演者は、ウクライナ紛争における宗教の役割を強調します

CEC セミナーの講演者は、ウクライナ紛争における宗教の役割を強調します

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

CECセミナーのビデオプレゼンテーション 「ウクライナで進行中の紛争における宗教の役割」に関する記事が利用可能になりました。 ウクライナの教会を代表する講演者は、正義と真実を守りながら、世界的な教会の対応、宗教外交、およびエキュメニカルな対話を促進するヨーロッパの教会の責任に関連する話題を取り上げました。

先月、仮想セミナーのビデオ録画が行われました。

講演者の中には、チェルニーヒウとニジンのエフストラティ大司教、ウクライナ正教会の外部教会関係部門の副部長、ウクライナ正教会のスポークスパーソン、キエフ神学アカデミーの教授、セルギー・ボルトニク教授、ウクライナ正教会の外部教会関係部門とキエフ神学アカデミー(UOC)の教授、フリブール大学の信仰と社会センターの研究ディレクターであるクリスティン・シュリーサー博士。

CEC会長のクリスチャン・クリーガー牧師がセミナーを開会し、CEC神学対話担当事務局長のカテリーナ・ペクリドゥが司会を務めました。

今年XNUMX月にウクライナで戦争が勃発して以来、CECは加盟教会、およびその交わりを超えた教会と深く関わり、ウクライナの平和を提唱してきました。

CEC は、ウクライナと近隣諸国の発展を綿密に追跡し、ウクライナの教会の経験、戦争への対応、将来への希望に焦点を当てています。 CEC は、そのイベント、声明、公式メッセージを通じて、ウクライナの宗教的な声、特に国内の教会からの声を強調し、ウクライナでの戦争についての意識を高めてきました。

ビデオ:「ウクライナで進行中の紛争における宗教の役割」に関するCECセミナー 

ウクライナに対する教会の対応に関するページをご覧ください

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-