8.4 C
ブリュッセル
4月(土曜日)20、2024
ニュースFIFA と UNODC は、試合操作に対処するための XNUMX 年にわたるグローバル プログラムを終了します...

FIFA と UNODC は、サッカーにおける試合操作に対処するための XNUMX 年にわたるグローバル プログラムを終了します

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

ウィーン(オーストリア)、4年2022月XNUMX日– FIFA と国連薬物犯罪事務所 (UNODC) は、211 のすべての加盟協会がサッカーの試合操作に取り組む取り組みを支援することを目的とした、初めての国際的な高潔性教育プログラムを終了しました。

打ち上げ 昨年 FIFA が UNODC と協力して作成した FIFA グローバル インテグリティ プログラムは、211 の加盟協会内でインテグリティ能力を教育および構築し、サッカーのインテグリティ オフィサーと知識とリソースを共有することを目的としています。

2021 年 400 月の発足以来、世界中の政府やサッカー協会から約 29 人以上の代表者が XNUMX のワークショップに参加し、インテグリティ イニシアチブの確立、報告メカニズム、競技会の保護、加盟協会間の協力、および法執行機関。

「腐敗と不正行為は私たちの社会に居場所がなく、世界で最も人気のあるスポーツに居場所がないことは確かです. グローバル インテグリティ プログラムを通じて、FIFA と UNODC はサッカーのインテグリティの向上に大きな影響を与えてきました。 私たちはFIFAと協力して、美しいゲームを八百長やその他の犯罪から守り、持続可能な開発目標を達成するための取り組みにおいて、サッカーという世界的な力を活用していきます」とUNODC事務局長ガーダ・ワリーは述べました。

FIFA会長のジャンニ・インファンティーノ氏は、「誠実さ、優れた統治、倫理、フェアプレーは、サッカーの核心にある価値であり、私たちのスポーツへの信頼と信頼を確保するための基本です。 世界中から 400 人以上の参加者を集めて、UNODC とともに提供される FIFA グローバル インテグリティ プログラムは、試合操作と闘い、サッカーのインテグリティを保護するための継続的な取り組みを教育し、強化するための重要なプラットフォームを提供しました。

「UNODC と Ghada Waly 氏の継続的な協力に感謝し、将来の仕事とプログラムを一緒に継続できることを楽しみにしています。」

FIFA グローバル インテグリティ プログラムの一環として、ワークショップが XNUMX つの連盟すべてで開催されました。 アジアサッカー連盟 (AFC)、 アフリカサッカー連盟 (CAF)、 北中米カリブ海協会サッカー連盟 (CONCACAF)、 オセアニアサッカー連盟 (OFC)、 欧州サッカー連盟 (UEFA)、および 南米サッカー連盟 (CONMEBOL)。

FIFA グローバル インテグリティ プログラムは、FIFA の全体的なビジョンに沿って開発されました。 サッカーを真にグローバルにする また、UNODC の目的は、スポーツを汚職や犯罪から守る取り組みにおいて、政府やスポーツ組織を支援することです。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-