24.6 C
ブリュッセル
10月(日曜日)1、2023
宗教キリスト教神は悪の責任を負わない

神は悪の責任を負わない [2]

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

著者からのより多く

著者: 聖バジル大帝 (330-378)

しかし、依然として悪は存在し、それが世界中にどれだけ広がっているかは明らかです。 したがって、彼らは言う:「それが始まりがなく、作成されていないのであれば、それはどこからですか?」 これを調べて、病気はどこから来るのかを尋ねます。 身体への危害はどこから来たのですか? 病気は生まれてくるものではありませんが、神の被造物でもありません。 それどころか、動物はその性質に応じて似た体質で作られ、完全な生物として生命に導入されます。 彼らは、彼らにとって自然なことから逸脱したときに病気になります: 悪い食べ物や他の病気の原因のいずれかです. したがって、神は病気ではなく体を創造しました。 魂は傷つき、本来あるべき姿から逸脱しています。 そして、彼女にとって最も重要な善は何でしたか? 神にとどまり、愛を通して神と一体になること。

彼から離れて、彼女はさまざまな病気に苦しみ始めました。 なぜ彼女は悪の影響を受けやすいのですか? 何よりも合理的な性質に特有の、自由な努力の理由による。 いかなる必要性にも縛られず、創造主によって神のかたちに創造された自由な生活を与えられた彼女は、善を理解し、それを楽しむ方法を知っており、自由と強さを与えられ、美しいものの熟考の中に生き、理にかなっています。楽しみ、彼女の人生の自然を観察することができます。 しかし、時には美しいものから逸脱する自由もあります。 そしてこれは、至福の快楽に飽き飽きし、一種のまどろみのように、高揚した状態から落ちて、肉欲の卑劣な快楽のために肉体との交わりに入ったときに起こる。

アダムはかつて、住むことによってではなく、善意によってハイになりました。 魂を受け取ったとき、彼は天国を見て、その美しさに感心し、彼に永遠の命の楽しみを与えてくれた恩人を愛し、彼を天国の真ん中に置き、天使のような支配権を彼に与えたとき、彼は高揚しました。彼は大天使に似ており、神の声を聞くことができます。 これらすべてにもかかわらず、神の保護下にあり、神の恩恵を享受していた彼は、すぐにすべてにうんざりし、精神的な美しさに目がくらみ、肉の目に心地よいものを好み、精神的なものよりも胃の充満を優先しました。

すぐに彼は天国から、至福の人生から、必要からではなく無謀から悪になりました。 このように、彼は間違った選択によって罪を犯し、罪によって死にました。 神は生命であり、生命の剥奪は死です。 「あなたから離れる者は滅びる」(詩篇 72:27) と書かれているとおり、アダム自身が神から離れることによって死を準備しました。 神は、陶器師が問題の欠陥を修正するまで、漏れた粘土の容器を火に入れるのと同じように、私たちの欠陥自体を不滅のものとして保存しないように、上記で説明した理由により、私たちの破壊を妨げませんでした.

しかし、彼らは言うだろう、「私たちの体質には、罪を犯したとしても罪を犯すことができないように、なぜ無謬性が組み込まれていないのですか?」と言うでしょう。 したがって、あなたはしもべを縛っている限り、あなたのしもべをそれほど良いとは認識していませんが、彼らがあなたの前で自発的に義務を果たしているのを見ると. したがって、神は強制ではなく美徳を喜ばれます。 そして、美徳は必要ではなく、善意から生まれます。 そして、善意は私たちの中にあるものに依存します。 私たちの中にあるものは自由です。 したがって、私たちを自然に罪のないものにしなかったことで創造主を非難する人は、実際には合理的な性質よりも不合理な性質を好み、自由意志と行動を与えられた性質よりも不動で欲望のない性質を好みます。

これは、思考の深淵に陥った人が、自分の望むものを失うことによって、神も失うことがないようにするために必要な逸脱であると言われています。 では、賢者の修正はやめましょう。 彼が創造したものよりも優れたものを探すのはやめましょう。 その私的な規定の理由は私たちには隠されていますが、善から悪は生じないことを心の中で断言しましょう.

概念に関するこの質問に関連して、悪魔についての別の質問があります。 「悪が神のものでなければ、悪魔はどこから来たのですか?」 それに何と言いましょうか。 そのような問題では、人間の狡猾さに関して私たちが提示したのと同じ推論で十分です。 なぜ人は狡猾なのですか? 彼自身の意志で。 悪魔はなぜ悪いのか? 同じ理由で、彼にも自由な生活があり、神と共に住むか、善から離れる力を与えられたからです。 ガブリエルは天使であり、常に神の前にいます。 サタンは完全に階級を落とした天使です。 善意が前者を高みに保ち、意志の自由が後者を打倒した。 しかし、前者は神の飽くなき愛によって守られ、後者は神から離れることによって否定されました。 神から疎外されているものは悪です。 目の小さな動きで、私たちは体の明るい側を見たり、影の側を見たりします。 そして、まっすぐに見つめる者には悟りが用意されており、影に視線を向ける者には遮るものが必要です。 同様に、悪魔も狡猾であり、彼の本性が善に反しているわけではなく、彼の意志に従って彼の狡猾さを持っています。

「なぜ彼は私たちと敵対しているのですか?」 したがって、すべての悪徳の受け皿になり、彼は嫉妬の病気を自分自身に取り入れ、私たちの名誉を嫉妬しました。 楽園での私たちの幸せな生活は、彼にとって耐え難いものでした。 裏切りと狡猾さで人を欺き、神のようになりたいという人間とまったく同じ欲求を欺く手段として使用して、彼は木を見せ、その果実を味わうことで人間は神のようになると約束しました。 「あなたがそれらを味わうと、あなたの目は開かれ、神のようになり、善悪を知るようになる」(創世記3:5)と彼は言ったからです。 したがって、彼は私たちの敵として作成されたのではなく、嫉妬から私たちと敵対するようになりました。 というのは、彼自身が天使たちに倒されたのを見て、地球生まれの人間が成功によって天使のような威厳に高められる様子を無関心に見ることができなかったからです。

そして、彼が敵になったので、神は彼への抵抗を維持し、彼自身への脅威に言及して、彼の武器である獣に次のように言いました。種」(創世記 3:15)。 悪徳に近づくことは本当に有害です。なぜなら、親しくなる人には、通常、お互いをシミュレートする結果として、そのような友情の結合が生じるからです。 「うそをつくな。悪口は善良な品性を損なう」(コリント第一 1:15)というのは正しいことです。 不健康な気候の国では、たとえ短時間でも空気を吸い込むと必ず病気が発生するように、悪い社会は魂に大きな混乱をもたらします。 だからこそ、ヘビとの敵意は和解できないのです。 大砲がそのような憎悪に値するのであれば、大砲の使用者とさらに戦争をするべきではありませんか?

しかし彼らは言うだろう。 そして、その誘惑的な餌がなかったら、どうして彼は私たちを不従順によって死に至らせることができたでしょうか?」 それは、私たちの従順を試すための戒めが必要だったからです。 したがって、それは美しい実を結ぶ植物であり、私たちが楽しいことを控えることで、禁欲の素晴らしさを示し、当然のことながら忍耐の冠を授かることができました. 試飲の後、戒めの違反だけでなく、裸の知識も続きました。 「彼女は食べて夫に与え、彼も食べた。 すると、二人の目が開け、自分たちが裸であることに気づきました」(創世記 3:6-7)。 そして、人の心が気を散らされないように、衣服や裸からの保護を発明し、一般的には肉を気にかけ、神を追求することに集中した注意をそらすために、裸を知る必要はありませんでした。

しかし、創造直後に衣服が与えられなかったのはなぜでしょうか。 天然も人工物もまともな服ではなかったからです。 羽毛、毛皮、荒れた肌など、寒さと耐久性のある暑さから身を守ることができる自然な服装が言葉のない人の特徴です。 そして、この点において、ある動物は他の動物よりも少しも有利ではありません. そして、神の愛に従って、人が優れた贈り物や品物を受け取るのは当然のことでした。 芸術の練習は時間の不足を生み出すだろうが、それは主に人に害を及ぼすので避けるべきだった. そのため、主は再び私たちを天国の生活へと呼び、私たちの魂から心配事を取り除き、次のように言われています。 . 6:25) . したがって、人間が天然の覆いと人工の覆いの両方を持つ必要はありませんでした。 それどころか、もし彼が腕前を示していたなら、彼のために他の覆いが用意されていたでしょう。それは神の恩寵によってその人を美しくし、彼の衣服に似た明るい衣服の形で彼を照らしたでしょう。星々の多彩な色、明るさ、輝きを超えた天使たち。 この理由で、衣服は徳に対する報酬として彼のために意図されていたので、すぐに人間に与えられましたが、悪魔の悪意により、人間はそれらを受け取ることができませんでした.

そして悪魔は、彼の悪意によって私たちが陥落した結果、私たちの敵になりました。 そして、神の家造りによれば、私たちは従順さをもって神を打ち負かし、敵に打ち勝つために、神と闘っています。 別のことですが、彼が悪魔になったのではなく、首長が最初に彼を配置したランクに住んでいた場合! しかし、彼は背教者、神の敵、神の似姿に造られた人間の敵になったので(彼は神と闘う者であるのと同じ理由で人間嫌いです:彼は私たちを神の被造物として憎んでいます。彼は神の似姿としても私たちを憎んでいます)、そして賢明で慈悲深い人事のマスターは、医師が健康薬の組成物にエキドナの毒を使用するように、私たちの魂の訓練のために彼の狡猾さを利用しました。

「悪魔は誰? 彼のランクは? 彼はどんな尊厳を持っていますか? そして、なぜ彼は実際にサタンと呼ばれるのですか?

・善の相手だから。 王国という本から分かるように、これがヘブライ語の意味です。 「そして、主はソロモンに敵対する者、すなわちイドメア人の王族のイドメア人アデラを起こされた」(3列王記11:14)。 彼は私たちの罪の扇動者であり告発者でもあるため、悪魔です。彼は私たちの破壊を喜び、私たちの行いを嘲笑します。 そして使徒の言葉によると、彼の本性は非実体的です。 同じ使徒が言うように、彼のリーダーシップの場所は空中にあります。 彼の権威は天界にあるので、彼はこの世界の王子と呼ばれる理由です。 主は次のように言われます。 今、この世の君は追い出されるであろう」(ヨハネ6:12)。 また、「この世の王子が来ようとしていますが、彼は私の中に何も持っていません」(ヨハネ2:2)。 悪魔の群れについて語るとき、これらは「天の悪霊」(エペソ 12:31) であり、聖書では通常、空のことを「空の鳥」などと呼んでいることを知っておく必要があります。 (マタイ 14:30) – そして「天に昇る」(詩篇 6:12)。 そのため、主は「サタンが稲妻のように天から落ちる」(ルカ 6:26)のを見たのです。 主は弟子たちに「へびやさそり、また敵のあらゆる力を踏みにじる力」を与えられたからです(ルカ106:26)。

彼の邪悪な抑圧が打ち負かされ、地球が「天にあり地にあるすべてのもの」(コロサイ1:16)のピースメーカーの贖いの苦しみを通して清められる限り、神の王国はすでに私たちに説教されています。 このようにヨハネは次のように語っています。至高の神に、地上に平和を。」 (ルカ 3:2)そして、わたしたちの主がエルサレムに入られたことを喜んでいる人々は、「天に平和、いと高きところに栄光あれ!」と叫びます。 (ルカ4:23)。 全体として、何千もの勝利の声が敵の最終的な打倒を証明しています。 したがって、高みに闘争や偉業が残らないように、誰も反対したり、祝福された人生から私たちをそらしたりしませんが、私たちは落ち着いて前進し、生命の木を永遠に楽しみ、最初は私たちを妨げていたものに加わりますへびの狡猾さは、「神はケルビムと燃える剣を置かれました...命の木への道を守るために」(創世記2:14)。 この道を妨げられることなく完了することによって、私たちの主であるイエス・キリストの恵みに入りましょう。

アーメン!

出典: カエサレア カッパドキアの大司教バジル大王の作品。 エド。 4、h。 4. 聖トロイツカヤ セルギエヴァ大修道院、1901 年 (ロシア語)。

- 広告 ​​-
-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-