5.8 C
ブリュッセル
2月(火曜日)27、2024
ニュースレター科学者は飲酒を減らすための簡単なトリックを発見

科学者は飲酒を減らすための簡単なトリックを発見

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

女性のアルコール ワインの階段

この研究では、小さいグラスで飲むと、ワインの消費量が約 6.5% 減少することがわかりました。


新しい研究は、人々が飲酒を減らすのに役立つかもしれない簡単なトリックを特定しています.

最近科学雑誌に掲載された最近の研究によると 中毒英国の家庭では、小さいグラス (6.5 ml) を使用している場合は、大きいグラス (290 ml) を使用している場合よりもワインを飲む割合が約 350% 少なくなっています。

この無作為化対照実験では、毎週 260cl のワインを 75 本以上飲んでいる英国の 14 世帯が一般集団から選ばれました。 75 回の 37.5 日間の介入期間で、家族は、自宅で消費するために、290cl または 350cl のボトルでランダムな順序で所定の量のワインを購入するよう求められました。 さらに、小さいグラス (XNUMXml) または大きいグラス (XNUMXml) にランダムに割り当てられました。


14日間の介入期間ごとに、購入したボトルの写真を撮り、付属のはかりで重さを量ることによって、飲んだワインの量を記録しました. 小さめのグラスを使用すると、消費されるワインの量が約 6.5% (253 週間で 3.6ml) 減少しましたが、この効果には不確実性があります。 小さめのボトルで飲むと、消費されるワインの量が 146% (XNUMX 週間で XNUMXml) 減少しましたが、この効果についてはより大きな不確実性があります。

ワインはヨーロッパで最も一般的に飲まれているアルコール飲料であり、そのほとんどはバー、レストラン、パブではなく家庭で消費されています. 大きなグラスを使用すると、レストランで販売されるワインの量が増えることはすでに知られており、ワイングラスのサイズは一般に、過去 XNUMX 年間で劇的に増加しています。 ワイングラスのサイズが消費に与える影響が信頼できるものであることが証明され、効果が長期にわたって持続する場合、家庭で使用されるワイングラスのサイズを小さくすることは、飲酒を減らすための政策に貢献する可能性があります.

これらのポリシーには、容量に応じたグラスの価格を設定して、より小さなグラスの需要を増やすことや、バー、レストラン、およびその他の認可された施設でグラスのサイズを規制して、屋外および屋内での使用に許容されるグラスのサイズを構成する社会的規範を変えることが含まれる可能性があります。家。


参照: 「家庭でのワイン消費に対するワインボトルとグラスのサイズの影響: 世帯内および世帯間のランダム化比較試験」エレニ・マンツァーリ、ミンナ・ヴェンセル、ジェニファー・フェラー、マーク・A・ピリング、ガレス・J・ホランズ、テレサ・M.マルトー、18 年 2022 月 XNUMX 日、 中毒.
DOI:10.1111 / add.16005

この研究は、ウェルカムトラストによって資金提供されました。 


- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-