9 C
ブリュッセル
2月(水曜日)28、2024
アフリカタンザニアは、致命的なマールブルグ病の史上初の発生を確認します

タンザニアは、致命的なマールブルグ病の史上初の発生を確認します

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

公的機関
公的機関
主に公的機関(公的機関)からのニュース

この地域のXNUMX人が発熱、嘔吐、出血、腎不全などの「非常に毒性の高い」病気の症状を発症した後、臨床検査が実施されました。

確認されたXNUMX人の患者のうちXNUMX人が死亡した、医療従事者を含み、残りの161人は治療を受けています。 代理店はまた、現在監視されている感染者のXNUMX人の接触者を特定しました。

「この病気の原因を突き止めようとするタンザニアの保健当局の取り組みは、 アウトブレイクに効果的に対応する決意を明確に示す私たちは政府と協力して、制御手段を迅速に拡大しています ウイルスの拡散を食い止め、アウトブレイクをできるだけ早く終わらせるために」と、世界保健機関のマシディソ モエティ博士 ()アフリカの地域ディレクター。 

タンザニアがマールブルグの事例を記録したのはこれが初めてですが、国は他の危機への対応を直接経験しています。 コロナ過去 2022 年間のコレラ、デング熱。 XNUMX 年 XNUMX 月、国連保健機関は戦略的リスク評価を実施し、この国が感染症の発生リスクが高いまたは非常に高いことを明らかにしました。

「最近の他のアウトブレイクで得られた教訓と進歩 国を健全に保つべきだ この最新の課題に直面しているからです」とモエティ博士は述べています。 「私たちは、命を救うために国の保健当局と緊密に協力していきます。」

マールブルグ ウイルスは一般的に出血熱を引き起こし、致死率は最大 88% に上ります。

それはの一部です 原因ウイルスと同じ科 えぼら. マールブルグウイルスに関連する症状は突然始まり、高熱、激しい頭痛、激しい倦怠感を伴う、とWHOは述べた.

ウイルスは、一般的にオオコウモリからヒトに伝染し、感染したヒトの体液、表面、および物質との直接接触によって広がります。

がありますが ワクチンや抗ウイルス治療は承認されていません ウイルスを治療するには、支持療法、水分補給、および特定の症状の治療により、生存の可能性が高まります。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-