2.6 C
ブリュッセル
2月(水曜日)28、2024
ニュースレタースーダンでの支援活動は、暴動で XNUMX 人の職員が死亡したため中断された

スーダンでの支援活動は、暴動で XNUMX 人の職員が死亡したため中断された

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

世界食糧計画 (WFP) は、土曜日に XNUMX 人の WFP 従業員が死亡したスーダンの対立する軍事グループ間の戦闘の結果として、スーダンでの援助活動を一時的に停止しました。 国連事務総長は、責任者を裁判にかけるよう呼びかけました。

によると、 ステートメント 国連機関の事務局長シンディ・マケインによると、労働者は北ダルフールのカブカビヤで人命救助の任務を遂行していた。

土曜日の別の事件では、 WFP-管理されている国連人道航空サービス (UNHAS) の航空機は、銃撃戦中にハルツーム国際空港で重大な損傷を受け、深刻な影響を与えました WFP人道支援要員を移動させ、国内で援助する能力。

声明の中で、マケイン女史は、スーダンでの援助活動は、進化する治安状況の見直しが行われるまで中断されていると説明した。

「国連WFPは、深刻な食糧不安に直面しているスーダンの人々を支援することに全力を尽くしています」とマケイン女史は述べました。 すべての関係者は、現場の人道支援従事者の安全を確保し、スーダンの人々の命を救う人道支援を継続して提供できるようにする合意に達する必要があります。 それらは私たちの最優先事項であり続けます。」

人道支援活動で人命が失われることは容認できず、私は残っている人々の安全を保証するための迅速な措置を要求します。

マケイン氏は、WFP チームに対する脅威が、この国で安全かつ効果的に活動し、国連機関の重要な仕事を遂行することを不可能にしていることを強調しました。

「遅滞なく正義を」:国連事務総長

日曜日の危機への対応、国連 アントニオ・グテーレス事務総長 責任者を遅滞なく裁判にかけるよう求めた。

ステートメント グテーレス氏に起因するものとして、彼は継続する衝突について深い懸念を表明し、戦争当事者に対し、国際法を尊重する必要があることを思い出させました。資産。

事務総長は、戦闘の即時停止と対話への復帰を求める呼びかけを繰り返し、この危機から抜け出す方法を見つけるために、地域の指導者やスーダンの利害関係者と引き続き関与していることを強調しました。

援助要員は「標的ではない」、国連施設の略奪は止めなければならない

スーダン事務総長特別代表であり、国連統合移行支援ミッション(UNITAMS)の責任者であるフォルカー・ペルテス氏は、 死刑囚 日曜日の攻撃を非難し、民間人や人道援助従事者は「標的ではない」と主張した。

ペルテス氏は、ダルフールのいくつかの場所で、発射物が国連やその他の人道施設に命中し、これらの施設で略奪が行われたという報告に言及した。

UNITAMSのチーフは、これらの暴力行為は救命援助の提供を妨げており、終わらせなければならないと述べました. 「このような事件が発生すると、最も苦しむのは女性、男性、そして子供たちであり、切実に助けを必要としています。」

ペルテス氏は日曜、現地時間の午後 XNUMX 時から XNUMX 時の間に、人道的な理由で一時的に敵対行為を一時停止するよう、現在の戦闘の XNUMX つの戦争当事者を説得したと発表した。

安保理メンバーは冷静さを求める

のメンバー 安全保障理事会 人命と負傷の損失に対する遺憾の意を表明する声明の中で、日曜日の敵対行為の終結を求める声に彼らの声を加えた。

声明の中で、彼らは当事者に冷静さを取り戻し、スーダンの現在の危機を解決するために対話に戻るよう促した。

両首脳は、人道的アクセスが維持され、国連要員の安全が確保されることの重要性を強調し、「スーダン共和国の団結、主権、独立、領土保全に対する強いコミットメント」を再確認した。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-