14.6 C
ブリュッセル
Friday, May 24, 2024
環境特に子供たちにとって、ヨーロッパ全体の大気汚染レベルはまだ安全ではありません

特に子供たちにとって、ヨーロッパ全体の大気汚染レベルはまだ安全ではありません

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

本日発表された欧州環境機関 (EEA) の大気質評価によると、大気汚染の悪影響から子供や若者の健康を守るために、さらに多くのことを行う必要があります。 大気汚染は、ヨーロッパで 1,200 歳未満の人々の年間 18 人以上の早死を引き起こし、その後の人生で病気のリスクを大幅に高めます。 過去数年間の改善にもかかわらず、ヨーロッパの多くの国における主要な大気汚染物質のレベルは、特に中央東ヨーロッパとイタリアで、世界保健機関の健康に基づくガイドラインを頑固に上回っています。

一方、 主な大気汚染物質の排出 ヨーロッパの大気汚染レベルは、ここ数十年で減少しましたが、依然として安全ではありません。 子供と青年 彼らの体、臓器、免疫システムはまだ発達しているため、特に大気汚染の影響を受けやすい. EEAによると、大気汚染は子供時代の健康を害し、その後の人生で病気のリスクを高めます」大気汚染と子供の健康ブリーフィング。

大気汚染は、 1,200早死 EEA の 18 加盟国の 32 歳未満の若者の間で毎年行われています。 この年齢層の早死の数は、 毎年 EEA によって推定されるヨーロッパの人口の合計、人生の早い段階での死は、将来の可能性の喪失を表し、子供時代とその後の人生の両方で慢性疾患の重大な負担を伴います. 

子供の肺機能と肺の発達は、大気汚染の影響を受けます。 オゾンと二酸化窒素 (NO2) 短期的に、そして 微粒子 (午後2.5) 長期的には。 妊娠中の母親の大気汚染への曝露は、低出生体重と早産のリスクに関連しています。 出産後、周囲の大気汚染は、喘息、肺機能の低下、呼吸器感染症、アレルギーなど、いくつかの健康問題のリスクを高めます。 また、喘息などの慢性疾患を悪化させる可能性もあり、欧州では小児および青年の 9% が罹患しており、成人後の一部の慢性疾患のリスクも増加します。

大気汚染が全体的に安全なレベルにまで低下するまで、 学校と幼稚園 通学やスポーツなどの活動中に、子供の曝露を減らすのに役立ちます.

ハンス・ブルィニンクス

ヨーロッパ全体の大気汚染レベルは依然として安全ではなく、ヨーロッパの大気質政策はすべての市民を保護することを目的とすべきですが、特に大気汚染の健康への影響を最も受けやすい子供たちを保護する必要があります。 自分自身を守ることができない子供たちを保護するために、EU、国、および地方レベルで対策を強化し続けることが急務です。 それらを安全に保つ最も確実な方法は、私たちが呼吸する空気をよりきれいにすることです。

EEA 監視更新 2022: 大気汚染レベルは依然として高いままです

2021年以降 EU の都市人口の 90% 有害なレベルの二酸化窒素、オゾン、および微粒子状物質 (PM) にさらされました。2.5).

PM2.5 PM にさらされることで、人間の健康に最も有害な汚染物質の XNUMX つです。2.5 脳卒中、がん、呼吸器疾患の主な原因。 2021 年には、都市人口の 97% が PM の濃度にさらされました2.5 2021 年の WHO 年間ガイドラインである 5 µg (マイクログラム) /m を上回っています3.

2022 年の予備データによると、中央東ヨーロッパとイタリアで、両方の PM の濃度が最も高いことが報告されました。2.5 主に、家庭用暖房用の石炭などの固形燃料の燃焼と産業での使用によるものです。

EEAブリーフィング」ヨーロッパの大気質状況 2023EU の大気質基準と 2021 年の WHO ガイドライン レベルの両方に関連して、2022 年と 2021 年の規制対象汚染物質の大気汚染物質の濃度の状態を示します。

ヨーロッパの大気質状況 2023

あなたの街はどれくらいきれいですか? ポルトガルとスウェーデンの都市が最もきれいな空気を獲得

ファロ、ポルトガル、およびスウェーデンの都市 ウメオとウプサラ ヨーロッパで最もクリーンな都市としてランク付けされ、微粒子状物質 (PM) の平均レベルが最も低かった2.5、更新されたEEA都市大気質ビューアによると、過去XNUMX年間。 都市は、微粒子状物質の長期平均レベルに基づいて、最もクリーンな都市から最も汚染された都市までランク付けされます。

経歴

欧州グリーンディールの下で ゼロ汚染行動計画、欧州委員会は、PMによる早死の数を減らすという2030年の目標を設定しました2.5 (主要な大気汚染物質) を 55 年のレベルと比較して少なくとも 2005% 削減します。 この目的のために、欧州委員会は 2022 年に、大気質基準を WHO の勧告により近づけることを目的として、周囲の大気質指令を再検討する提案を発表しました。

EEAの 大気質評価 と見なされる汚染物質を強調表示する 人間の健康に最も有害 または、EU の大気質基準と WHO のガイドライン レベルを最も頻繁に超えています。 濃度は、ヨーロッパ全土の 4,500 を超える監視ステーションでの測定値から取得され、メンバーおよび他の協力国によって EEA に公式に報告されています。

画像アデラ・ハズチョバ、NATURE@work /EEA

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-