8.9 C
ブリュッセル
2月(火曜日)20、2024
防衛ウクライナの裁判所は、ロシアの政策を正当化したとして元キーロヴグラード首都圏ヨアサフ氏に有罪判決を下した。

ウクライナ裁判所、ロシア占領を正当化した元キーロヴグラード首都圏ヨアサフ氏に有罪判決

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

UOCの元キーロヴグラド府主教ジョアサフ(グーベン)と教区書記のローマン・コンドラチュク神父は、クロプヌィツキー地方裁判所から懲役2021年、執行猶予XNUMX年の実刑判決を受けた。 彼らは宗教的憎悪を煽り、ロシアによるウクライナ南部および東部領土の占領を正当化したとして非難されている。 彼らは文書、ロシア語の書籍、司祭区への口頭指示の助けを借りてこれを行いました。 起訴状によると、ヨアサフ府主教はモスクワ総主教キリルの側近にいて、ロシアによる占領とウクライナ国家に対する敵対と国家防衛のための行動を支持する教区感情をキリスト教徒に教え込むという命令を実行した。主権。 彼は、ウクライナの正教会の擁護としての親ロシア活動を提示することでこれを実現し、特にロシア侵攻の前年であるXNUMX年には、このテーマに関するロシア文学の教区への輸入が増加した。

「この本の頒布に関するあなたの行動との因果関係を理解し​​ていますか?」 セルヒイ・オジョグ判事は被告の聖職者らに質問した。 元キーロヴグラード都知事は簡潔にこう答えた。「私は自分の罪を認めているので、それ以上は何も言いません。」

ヨサフ首都圏とキロヴォグラード教区書記は芸術第2部に基づき有罪判決を受けた。 28およびアートのパート1。 ウクライナ刑法第161条(予備的陰謀に基づいて集団が犯した、人種、国家、地域的所属、宗教的信念、障害、その他の理由に基づく国民の平等の侵害)。

XNUMX人は事実上刑に服するわけではないが、保護観察当局への登録のため定期的に出廷する必要がある。

彼らの弁護側はXNUMX日以内に判決に対して控訴することができる。

首都圏ジョアサフ氏は2022年XNUMX月に首都圏のポストから解放され、その後聖UOC会議は彼の健康状態の悪化が動機となった。 同時に、スームィ地方とハリコフ地方のさらにXNUMXつの教区の指導者が交代し、大都市圏住民がロシアに逃亡した。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-