6 C
ブリュッセル
Wednesday, April 24, 2024
アフリカ世界最高齢のライオンが国立公園の近くで殺された。

ケニアの国立公園近くで世界最高齢のライオンが殺された

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュース

19歳のルンキイト君が牛を襲い、牧畜民に槍で刺された

BBCの報道によると、世界最古の同種の代表のひとつとされる野生の雄ライオンが、ケニア南部のアンボセリ国立公園近くで遊牧民によって殺された。

19歳のルンキイトさんは、食料を求めて牛を襲った後、槍で刺された。 自然保護団体ライオン・ガーディアンズは、ライオンは野生下で通常13年ほど生きるため、殺されたライオンはケニアの生態系の中で最高齢であり、おそらくアフリカ全土で最高齢であると述べた。

ケニア野生生物局の広報担当ポール・ジナロ氏はBBCに対し、ルンキイトは高齢で病弱で、おそらく村で採餌するために国立公園を離れたのだろうと語った。

自然保護活動家らは、ケニアの野生動物とライオンの数を保護するためのより厳格な措置を求めている。

「これは人間と野生動物の紛争の転換点であり、絶滅の危機に瀕しているライオンを保護するために国としてさらに努力しなければなりません」と自然保護活動家でありワイルドライフダイレクトの最高経営責任者であるポーラ・カフンブ氏は述べた。

写真:ライオン・ガーディアンズ/フェイスブック

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-