9 C
ブリュッセル
2月(水曜日)28、2024
健康ベルギーはCOVID-19を通常のインフルエンザと同一視

ベルギーはCOVID-19を通常のインフルエンザと同一視

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

この決定により、新しい病気に感染した後の強制的なXNUMX日間の検疫が確立されます

ベルギーの保健当局は今週、COVID-19 による病気を一般的なインフルエンザとして扱うことを決定したと地元メディアが報じた。 この決定により、新しい病気に感染した後の強制的なXNUMX日間の検疫が確立されます。

呼吸器疾患に苦しんでいる人は、症状が治まるまで家にいることをお勧めします。

特に高齢者と接するときは、保護マスクを着用してください。 老人ホームでは、居住者の XNUMX 人が病気になった場合に備えて、保健当局が必要な措置を検討します。 病院では、特定のケースでどのように行動するかについての決定は、医療施設の管理者によって行われます。

今年初め、ベルギーは COVID-19 に関連する最後の大量制限も解除しました

– 病院、診療所、待合室でのマスクの着用。 最近、地元の主要な健康専門家は、パンデミック中にベルギーで課せられた厳格な措置のほとんどが、病気の最初の数か月後にはかなり過度であったことを認めました.

一方、欧州疾病予防管理センター (ECDC) は、進行中の COVID-19 の流行から多くの結論を導き出した、と DPA は報告しています。

ストックホルムに本拠を置く保健当局は、各国が将来のパンデミックやその他の緊急事態によりよく備えるために、パンデミックから教訓を学ぶことができる XNUMX つの領域を特定しました。

EPCCC が本日発表したレポートによると、教訓の中には、医療従事者への投資の利点、次の健康危機へのより良い準備の必要性、リスクコミュニケーションとコミュニティの関与の必要性、データの収集と分析などがあります。 当局は、これらすべての分野が密接に関連していることを強調しています。 パンデミックが激しさが緩和された段階に移行する中、この報告書は、ヨーロッパでのパンデミックへの備えの改善に貢献する可能性のあるフォローアップ行動に注意を向けることを目的としています。

「COVID-19 のパンデミックは、私たちに貴重な教訓を教えてくれました。私たちの行動を見直し、評価して、何がうまくいき、何がうまくいかなかったかを判断することが重要です。 私たちは将来の公衆衛生上の危機に備える必要があり、これは多部門にわたる行動を通じて行われなければなりません.これには、公衆衛生の労働力への投資と強化、感染症の監視の改善、リスクコミュニケーションと公衆の関与の強化、および組織間、国間の協力の促進が含まれます. ECDC ディレクターのアンドレア・アモンは次のように述べています。

COVID-19 は 2020 年初頭にヨーロッパに到達し、その後非常に急速に広がりました。 多くの国は当初、公的生活に重大な制限を課し、国境を閉鎖することで対応しました。

COVID-19 に対するワクチンの記録的な急速な開発のおかげで、最終的に 2022 年には状況を制御下に置くことが可能になりました。 人々はまだ感染していますが、ヨーロッパは現在、危機のピーク時の高い感染率と死亡率からはほど遠いとDPAは述べています.

Karolina Grabowska によるイラスト写真:

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-