19.1 C
ブリュッセル
4月(土曜日)13、2024
防衛ロシアでドローンと戦う「空の警察」

ロシアでドローンと戦う「空の警察」

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

サンクトペテルブルクにドローン対策警察の特別部隊が登場した。 BBCロシア放送局は、大規模イベント中に空の安全を担うことになると報じた。

「従業員はさまざまな業務を行っています。 これらは、無人航空機 (UAV) の操縦者を逮捕することを任務とする移動パトロール隊です。 スナイパーやカービン銃で武装した射手のグループが創設されました。 彼らは技術的手段を使ってドローンを制圧し、無力化します。 まず第一に、新しい部隊には新しい領土(ロシアにおけるウクライナの占領地域のことをそう呼んでいる――注編注)に配属された警察官が派遣された」と内務省の代表者の言葉を引用してRBCは伝えた。

対ドローン電磁ライフルを持った狙撃兵が9月XNUMX日に初めて現れ、建物の屋上や戦勝記念日のパレード中に空域を警備した。

ウラル地方では水曜日、内務省地域主要総局は、主要都市にドローン飛行が禁止されている地域でのドローン飛行を監視する特別部門を設置すると発表した。

先週3月XNUMX日水曜日、クレムリンは上院宮殿のドーム上空でドローンが撃墜されたと報告し、対応するビデオがソーシャルネットワーク上に公開された。 ウラジーミル・プーチン大統領の報道局は、この攻撃を「大統領暗殺の試み」と呼んだ。

昨年末以来、ロシアの少なくとも40地域でドローン飛行が制限または禁止されている。

Дмитрий Трепольский による説明写真:

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-