15.6 C
ブリュッセル
月曜日、月27、2024
アジア中国はグローバル・サウス外交に磨きをかける

中国はグローバル・サウス外交に磨きをかける

ジョセフ・ローゼンによる記事。 ローゼン氏はイスラエル国家安全保障会議でアジア太平洋担当局長をXNUMX年間務めた。 そこで彼は、イスラエルの海外投資審査メカニズムと、イスラエルとアジアの大国との二国間関係の発展の原動力となった。

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

ジョセフ・ローゼンによる記事。 ローゼン氏はイスラエル国家安全保障会議でアジア太平洋担当局長をXNUMX年間務めた。 そこで彼は、イスラエルの海外投資審査メカニズムと、イスラエルとアジアの大国との二国間関係の発展の原動力となった。

イランとサウジの合意における中国の仲介役割は、狼の戦士からより建設的な外交への幅広い転換を示唆している

イランとサウジアラビアが長年の衝突を経て外交関係を再開することに合意したことは、特に米国を傍観者にし、当事者間の調停に中国が役割を果たしたことにより、多くの人を驚かせた。

この合意は、中東における地政学的構造全体を変える画期的な成果であり、この地域における米国の姿勢に影響を与えると一部の人は評している。

実際、この合意はイランとサウジアラビアを敵から友好国に変えるものではなく、中東諸国の多面的なアプローチを変えるものでもなかった。

さらに、中国の積極的な外交は驚くべきことではない。 むしろ、これは「狼の戦士」から中東だけでなく世界的に、より建設的な外交への新たな一歩を示した。

現実的に言えば、中国は世界の平和仲介者として米国に代わろうとしているわけではないが、影響力を拡大し、他国が行った成果を享受する世界的な機会を特定する能力は非常に高い。

さらに、安定の促進は中国経済にとって極めて重要であり、同様に重要なのは世界的なイメージを向上させることです。

例えば、最近中国はウクライナ戦争を終わらせるための「和平計画」を提示した。 これは主に習近平のモスクワ訪問を正当化するための煙幕だったが、バランスのとれた責任ある大国として自らをアピールしようとする中国の努力には注目する価値がある。

もう一つの例は、他国がすでに試みて失敗に終わった古い原則を再利用して、イスラエルとパレスチナ人との間を調停するという中国の提案である。

北京の新たな外交活動は、主にグローバル・サウスに焦点を当てた、中国の世界的役割についての新たな外交物語を形成することを目的としている。

この外交活動の初期の兆候は、昨年20月の中国共産党第XNUMX回党大会で見ることができた。 党とその機関に加えられた変更は、防衛機構と外交界との間により明確な分離を生み出すことを意図していた。

今年XNUMX月に行われた中国外交幹部の人事は、習氏が米国との関係と経済発展に注力していることを示していた。

新しい外務大臣で元駐米大使の秦剛氏が国務委員に昇進した。 秦氏とその直前の前任者である王毅氏はともに国務委員であり、米国問題で豊富な経験があり、両氏とも党内で王氏の前任者よりも大きな権力を握っている。

対照的に、外務省報道官としてより対決的な戦狼外交を体現してきた趙立堅氏は、XNUMX月に海洋問題を監督するポストに降格された。

XNUMX月以来、XNUMX人の上級外交官は、習主席がXNUMXつの核心文書「地球文明構想」「世界安全保障構想」「世界開発構想」で提唱した最新の外交ビジョンの実現に向けてさらに努力を続けている。

この XNUMX か国はいずれも、すべての国の主権と領土一体性を尊重しながら、世界的な協力と発展の重要性を強調しています。

XNUMXつの取り組みは国連の持続可能な開発目標と一致しているが、多くの西側諸国は中国の真の意図やそれを実現する能力について依然として懐疑的である。 しかし、グローバル・サウスでは、大国間の競争でどちら側を選ぶつもりはないが、財政的支援を必要としている国々は、はるかに受け入れやすいです。

グローバル・サウス諸国は中国との関与が複雑であることを認識しているが、差し迫った経済的課題の解決にもっと関心を持っている。 中国はインフラプロジェクトへの資本や製造業やサービス部門への投資など、前提条件なしでソリューションを提供できる。

中東では、イランとサウジアラビアの間の象徴的な調停は、この地域における中国の影響力が過去50年間に増大していることの表れである。 先月、中国がアラブ首長国連邦で軍事基地の建設を再開したと報じられた。 今年初め、中国はサウジアラビアとXNUMX億米ドル相当の投資を含むいくつかの取引や協定を締結した。

この傾向は南アジアでも非常に顕著であり、中国はすでにスリランカとパキスタンに多額の投資を行っている一方、ネパールやバングラデシュにもその範囲を拡大している。

バングラデシュの場合、中国は地政学的重要性と成長する経済がもたらす明るい展望を認識しているが、インドや日本との激しい競争に直面している。 バングラデシュの首相は、ウィン・ウィンの協力を促進するために、これらの力の間で賢明にバランスを取っている。

これら XNUMX つの地域で私たちが目にしていることは、グローバル・サウス全体に展開しており、分断ではなく協力に重点を置いた中国の新たな積極外交が非常に魅力的であることが証明されていることを示しています。

これに関連して、米国とグローバル・サウス諸国(サウジアラビア、パキスタン、バングラデシュなど)との間の公的意見の相違が、中国によって影響力を拡大するために効果的に利用されている。

米国がこの傾向に対抗したいのであれば、より建設的なアプローチを採用し、密室で意見の相違を管理すべきである。 そうでないと、米国は今後の展開にも気付かないままになってしまうだろう。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-