8.8 C
ブリュッセル
12月(日曜日)10、2023
健康6歳から11歳までの子供に対する離婚の影響

6歳から11歳までの子供に対する離婚の影響

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

離婚は、子どもの世界における極めて重要で、しばしばトラウマとなる変化を表しており、彼らの観点からは、家族の喪失を表しています。 離婚について話すと、多くの子供たちは悲しみ、怒り、不安を感じ、自分たちの生活がどう変わるかを理解するのが難しい場合があります。 子供の年齢も、新しい家族構成に対する子供の反応に影響を与えます。

子供がいるときに離婚をナビゲートするには、離婚が子供にどのような影響を与えるかを考慮する必要があります。

ここでは、6 歳から 11 歳までの子供が理解していることと、離婚後の移行を容易にする方法について簡単に説明します。

離婚が子供に与える影響: 6 歳から 11 歳

離婚により、6 歳から 11 歳までの学齢期の子供は、見捨てられたという感情に苦しむことになります。 年少の子供、特に 5 歳から 8 歳の子供は、この概念を理解できず、両親が離婚しているように感じるかもしれません。 彼らは、両親のどちらかを失うことを心配し、両親が再会することを夢見ているかもしれません. 実際、両親の結婚を「救う」ことができると信じていることがよくあります。

8 歳から 11 歳の子供は、別居の原因を一方の親のせいにし、「悪い」親に対して「良い」親をターゲットにすることがあります。

彼らは、クラスメートと喧嘩したり、世間を非難したり、不安になったり、引きこもったり、憂鬱になったりするなど、さまざまな方法で怒りを表現し、両親が意地悪または利己的であると非難する場合があります。 子どもによっては、離婚の影響が身体に現れることがあります。たとえば、胃のむかつきやストレスによる頭痛、でっち上げの症状で学校を休むようになることを考えてみてください。

離婚後の移行を容易にする

離婚した親は、質の高い時間を一緒に過ごすための信頼できる一貫した機会を作ることで、子供が見捨てられたと感じるのを防ぐことができます.

小学生は離婚時に極度の喪失と拒絶を経験する可能性がありますが、親は子供の自尊心と安心感を取り戻すことができます. まず、すべての親は子供と充実した時間を過ごし、自分の気持ちを明らかにするように励ます必要があります。

どちらの親も彼らを見捨てないことを伝え、離婚は彼らのせいではないことを繰り返し伝えます。 (同様に、両親は別居についてお互いを責め合うべきではありませんが、それは相互の決定であったことを説明するべきです。)

子供たちは予測可能性を重視して成長するため、定期的な面会スケジュールを維持することも重要です。特に混乱の時期には重要です。

最後に、お子様が楽しんでいるイベントや楽しみに参加するように促します (この年齢では、学校、友情、課外活動がますます重要になります)。

彼らが自尊心を再構築するのを助け、世界から引きこもるのではなく、他の人に手を差し伸べるように励まします.

コットンブロスタジオによる写真

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-