9.9 C
ブリュッセル
2月(火曜日)27、2024
アフリカケニアの茶摘み業者が、彼らに取って代わるロボットを破壊している...

ケニアの茶摘み業者が、畑で茶摘みの代わりに活躍するロボットを破壊している

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュースレター

たった 100 台の機械で XNUMX 人の労働者を代替できる

ケニアの茶摘み業者が暴力的な抗議活動で代替品として持ち込まれた機械を破壊しており、コスト削減のために自動化に頼るアグリビジネス企業が増える中、労働者が直面している課題を浮き彫りにしているとセマフォー・アフリカが報じている。

地元メディアの報道によると、過去10年間で抗議活動中に少なくとも23台の茶摘機が放火されたという。 今回のデモでは、デモ参加者1人が死亡、警察官や農場労働者23人を含む数人が負傷した。 ケニア茶生産者協会(KTGA)は、1.2月にベストセラー紅茶ブランド「リプトン」のメーカー、エカテラ社の機械XNUMX台が破壊された後、破壊された機械の価値をXNUMX万ドルと見積もった。

60月、地方政府の対策本部は、国内の多くの茶園を抱える最大都市ケリチョの製茶会社に対し、機械茶摘みと手作業茶摘みの新たな比率を40:30,000とするよう勧告した。 特別委員会はまた、茶摘み機械の輸入を制限する法律の可決も望んでいる。 特別委員会のメンバーであり、KTGA の元 CEO であるニコラス・キルイ氏は、ケリチョ郡だけでも、過去 XNUMX 年間で機械化により XNUMX 人の雇用が失われたとセマフォー・アフリカに語った。

「私たちはすべての郡で、さまざまなグループすべてと公聴会を開催しました。そして、私たちが聞いた圧倒的な意見は、機械を廃止すべきだということでした」とキルイ氏は言う。

2021年、ケニアは1.2億ドル相当のお茶を輸出し、中国、スリランカに次ぐ世界第2022位のお茶輸出国となった。 ブラウンズ・インベストメンツ、ジョージ・ウィリアムソン、そして200,000年XNUMX月にユニリーバによってプライベート・エクイティ会社に売却されたエカテラを含む多国籍企業は、ケリチョの約XNUMX万エーカーに茶を植えており、いずれも機械化された収穫を導入している。

一部の機械は 100 人の労働者を代替できると報告されています。 エカテラのケニア法人担当ディレクター、サミー・キルイ氏は、機械化は同社の運営とケニア茶の世界競争力にとって「極めて重要」であると語る。 政府の対策本部が発見したように、機械を使用すると、手摘みの場合の茶摘みのコストは 3 キログラムあたり 11 セントであるのに対し、茶摘みのコストは XNUMX キログラムあたり XNUMX セントに削減できます。

アナリストらは、東アフリカで最も高いケニアの失業率の原因の一部は、銀行や保険などの産業の自動化にあると考えている。 2022年の最終四半期には、生産年齢(13.9歳以上)のケニア人のうち約16%が失業または長期失業者となった。

自動化は、ケニアの農村部だけでなく、特に人工知能の普及により、アフリカ諸国の他の分野でも猛スピードで発展し続けるでしょう。 政府や企業が労働者を助ける方法を見つけなければ、茶摘み地域の怒りは将来の緊張の初期の兆候に過ぎないかもしれない。

茶摘み者の大部分は若く、その多くは女性であり、お茶の分野以外で能力を伸ばす機会やスキルが不足していることがよくあります。 農場の労働者を再訓練することは、より多くの雇用を創出し、茶生産コミュニティの経済を多角化することと同様に、暴力と増大する怒りに対抗する鍵となるだろう。

「私の省は、ケニア人の雇用機会を増やすために労働市場を開放することに尽力している」と、XNUMX月の最近の抗議行動の波から数日後、ケリチョを訪れた労働党のフローレンス・ボア内閣官房長官は語った。 彼女は、地元住民と製茶会社の間の紛争を解決するために努力が払われていると付け加えた。

民間部門も労働者の再訓練に役割を果たすことができる。 キルイ氏は、エカテラは技術および職業教育および訓練センターを含むプロジェクトで地域社会と提携することに熱心であると語った。

茶生産者にとって機械化はビジネス上合理的であり、コストを削減できる茶摘み機を手放す可能性は低いです。 しかし、この傾向は農場労働者が経済活動の中心である農村地域に打撃を与え続ける可能性が高い。 労働者と住民は、代替の雇用の選択肢がないため、今後もこうした変化に抵抗し続けるだろう。

世界最大のお茶輸出国は中国です。 XNUMX月に発表された、中国での茶摘みのより効率的な機械化を求める記事の中で、江西省農業科学院農業工学研究所のウー・ルオファ氏は、手作業による茶摘みが茶の生産コストの半分以上を占めていると指摘した。

「茶摘み機の開発と推進は、労働生産性の向上、人件費の削減、茶製品の市場競争力の向上、茶産業の持続可能な発展の促進に有益です」と同氏は述べた。

ケニアのアフリカ商品取引所AFEXのマネジングディレクター、タバサ・ヌジュグナ氏によると、テクノロジーと機械化の導入はアフリカ農業の可能性を解き放つ鍵であり、したがって一部の労働者の不満にもかかわらず受け入れられるべきである。

「テクノロジーと機械化の統合によって引き起こされる潜在的な混乱は、最初は脅威に見えるかもしれないが、関係するすべての利害関係者(農業団体、農家、加工業者)がそれらがますます避けられないと考えることが重要であることが彼女はSemafor Africaに語った。」

70月、BBCのドキュメンタリーは、英国企業ユニリーバとジェームス・フィンレーが運営する農園でXNUMX人の女性が管理者から性的虐待を受けているとして、ケリチョの茶園でセクシャルハラスメントと虐待が蔓延していることを明らかにした。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-