1.4 C
ブリュッセル
11月(​​木曜日)30、2023
アフリカモロッコ・アラミアで第11回MATA乗馬フェスティバル開催

モロッコ・アラミアで第11回MATA乗馬フェスティバル開催

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

MATA フェスティバル // 「ALAMIA 社会文化活動協会」は、11 年 02 月 04 日から 2023 日まで、ララシュ県ラルバ デ アヤチャのズニエド地区で第 XNUMX 回国際マタ乗馬フェスティバルを開催しました。

これは、「ジュバラ」部族がマタと名付けた例外的な地域の先祖代々の伝統であるため、プレイする人の勇気と知性が求められるユニークなゲームです。

モロッコMata開幕 2 モロッコ、アラミアで第11回MATA乗馬フェスティバル開催
モロッコ、アラミアで第11回MATA 22乗馬フェスティバル開催

ムハンマドXNUMX世国王の後援の下に置かれ、次のテーマの下で開催されました。 「マタ。 人類の遺産と文化の出会いユネスコの国際文化多様性フェスティバルと提携して開催されたこの回は、数万人の来場者とスペイン、ベルギー、カメルーン、セネガル、コートジボワール、ポルトガルなどの国々からの質の高いゲストを迎え、大成功を収めました。 。

フェスティバル会長のナビル・バラカ氏が説明するように、今回の第 11 回目のハイライトは、モロッコ政府がマタ馬術競技会を XNUMX 年に開催する決定を下したことである。 ユネスコの無形遺産のリストです。

この決定は、モハメド・メフディ・ベンサイド青年・文化・コミュニケーション大臣によって強く支持され、同大臣はフェスティバルの開会式に水・設備大臣、ニザール・バラカ産業貿易大臣の立会いの下で出席した。リヤド・メゾール氏、ワリ族、モハメド・ミディア氏、市民社会の代表者、モロッコの文化・青少年・コミュニケーション大臣、ナビル・バラカ氏、市民社会、そして主要な政治家らがこの手続きの開始を発表した。国際的規模でモロッコの文化遺産を促進することを目的とした国王陛下の啓発的なビジョンに沿って、マタ先祖代々の馬術競技をユネスコの無形遺産リストに登録したことに対して。 同氏は続けて、この伝統的なゲームもISESCOの無形遺産リストに含まれるだろうと述べた。

IMG 20230608 WA0029 モロッコ、アラミアで第11回MATA乗馬フェスティバル開催
モロッコ、アラミアで第11回MATA 23乗馬フェスティバル開催

この多面的なイベントの特殊な性質に言及し、大臣は、マタ祭りの推進を通じて、同省が、プレイする人々の勇気と知性を求めるユニークなゲームを世界に紹介することを目指していると述べた。これは、「ジュバラ」部族がマタと名付けた特別な地域の伝統的なゲームです。

フェスティバルの議長であるナビル・バラカ氏はこの機会に、モロッコはムハンマドXNUMX世国王の賢明な指導の下、豊かさと多様性を特徴とする有形・無形の文化遺産の保護と強化に精力的に取り組んでいると述べ、マタ馬術競技会がその基礎となる毎年恒例のイベントは、先祖代々の無形文明遺産を保存し、この地域の古くからの伝統を復活させるのに役立ちます。

同氏は、全大陸に開かれたマタ祭りが陽気さと文化的、社会的、経済的交流のフォーラムになっていると指摘した。 同氏は、北部地域における馬の役割に焦点を当て、騎手たちに敬意を表するこのイベントは、王国の北部と南部地域の多くの資産を紹介し、豊かで多様性に富んだ馬を宣伝することにより、王国の北部と南部の地域の経済と観光の発展を促進するものでもあると付け加えた。今や世界的に有名な地元の製品や工芸品。

ナビル・バラカ氏は、この人気の馬術ゲームの以前のバージョンは世界中からの愛好家によって非常に好評だったと指摘し、このフェスティバルはモロッコの伝統的な文明遺産を復活させ、保存し、連帯、寛容、そして生活の価値を祀ることを目的としていると述べたモロッコは、ムハンマド XNUMX 世国王の賢明な指導の下、その歴史を通じて、そして現在に至るまで、この団結を受け入れてきました。

同氏はさらに、このイベントは、フェスティバルの常設ゲストである南部の州が北部地域の協同組合と並んで製品を展示する機会でもあり、ゲストに両地域の地元の宝物の多様性と豊かさを発見する機会を与えると述べた。

例年と同様、主催者は幅広い活動を詰め込んだプログラムを考案しました。 XNUMX 日間のイベント中、国内外のゲストや訪問者は過去にタイムスリップし、地元の製品やモロッコの工芸品の展示を発見することができました。 このフェスティバルでは、地元、国内外の聴衆に一連の夜のスーフィーの歌や地元および全国の民俗ショーも提供されました。

環境意識向上キャンペーンや子供向けゲームなど、数多くのイベントもメニューに含まれていました。 文化、スポーツ、市民社会の世界の著名人にも敬意が表されました。

「この毎年恒例のイベントは、回復した名誉の意識、深く根付いた信仰、スーフィー派としての愛国心、精神的かつ普遍的な価値観を表現する先祖の文化を祝います。 偉大なクォトゥブ・ムーレイ・アブデスラム・イブン・マシチがチョルファス・アラミィネス、タリカ・マシチヤ・シャディリヤ、そしてこの特別な地域の住民に遺贈したすべての人文主義的遺産である」とマタ国際馬術祭とアラミア・ラルーシア社会文化協会のプレスリリースは述べている。アクション。

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-