9.9 C
ブリュッセル
2月(火曜日)27、2024
環境企業は人権と環境への悪影響を軽減する必要があります

企業は人権と環境への悪影響を軽減する必要があります

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

木曜日、議会は人権と環境への影響を企業のガバナンスに組み込む規則について加盟国と交渉する立場を採択した。

企業は、自社の活動が人権や社会に及ぼす悪影響を特定し、必要に応じて防止、終了、または軽減することが求められるでしょう。 環境 児童労働、奴隷制、労働搾取、汚染、環境悪化、生物多様性の損失など。 また、サプライヤーだけでなく、販売、流通、輸送、保管、廃棄物管理などの分野を含むバリューチェーンパートナーの影響を監視し、評価する必要もあります。

新しい規則は、従業員数250人以上、世界売上高40万ユーロ以上の金融サービスなど業種を問わずEUに本拠を置く企業、および従業員数500人以上、世界売上高150万ユーロ以上の親会社に適用される。 150億40万ユーロ。 売上高がXNUMX億XNUMX万ユーロを超える非EU企業(EU内で少なくともXNUMX万ユーロが発生した場合)も含まれる。

取締役の善管注意義務と会社'ステークホルダーとの関わり

企業は地球温暖化を1.5度に抑える移行計画を実施する必要があり、従業員1000人以上の大企業の場合、計画の目標達成は取締役の変動報酬(feボーナス)に影響を与えることになる。 新しい規則では、企業に対し、自社の行為によって影響を受ける人々と関わることも求められている。 人権 および環境活動家は、苦情処理メカニズムを導入し、デューデリジェンスポリシーの有効性を定期的に監視します。 投資家のアクセスを容易にするために、企業のデューデリジェンスポリシーに関する情報も、 欧州シングル アクセス ポイント (ESAP).

制裁と監督の仕組み

違反した企業は損害賠償責任を負い、国の監督当局から制裁を受ける可能性があります。 制裁には、「ネーミングと恥をかくこと」、企業の商品を市場から排除すること、または全世界の純売上高の少なくとも5%の罰金などの措置が含まれる。 非EU 規則に従わない企業はEUでの公共調達を禁止される。

採用された文言によると、新しい義務は企業の規模に応じて3年または4年後に適用されることになる。 中小企業は新規則の適用をさらに1年遅らせることができる。

議会の交渉立場は賛成366票、反対225票、棄権38票で採択された。

見積もり

「欧州議会の支持は、社会における企業の役割についての考え方の転換点です。 企業責任法は、環境破壊や環境搾取から収益モデルを築いた企業ではなく、人々と環境を健全な方法で扱う企業に未来があることを保証するものでなければなりません。 ほとんどの企業は、人々と環境に対する義務を真剣に受け止めています。 私たちはこれらの企業をこの「公正取引法」で支援します。 そして同時に、我々は規則を無視する数少ない大規模なカウボーイ企業を遮断した」と報告者は述べた ララ・ウォルターズ (S&D、ニュージャージー州) 本会議の採決を受けて。

経歴

最大XNUMXWの出力を提供する 欧州言語 議会は一貫して企業の説明責任の強化を求めており、 義務的なデューデリジェンス法。 欧州委員会 提案 23 年 2022 月 XNUMX 日に導入されました。これは、他の既存および今後の立法を補完します。 森林伐採規制紛争鉱物規制 > 強制労働で作られた製品を禁止する規制草案.

次のステップ

議会がその立場を採択したので、法案の最終文について加盟国との交渉を始めることができる。 加盟国は、 位置 2022年XNUMX月の指令草案について。

この報告書を採択するにあたり、議会は提案5(13)で表明されている持続可能な消費に関する国民の期待に応え、提案19(2)と19(3)で表明されている貿易の倫理的側面と持続可能な成長モデルを強化している。の提案 11(1) および 11(8) において ヨーロッパの未来に関する会議の結論。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-