17.7 C
ブリュッセル
2009年5 22、2024
ニュース女性がユネスコのシーフラワー生物圏保護区で海洋修復活動を主導

女性がユネスコのシーフラワー生物圏保護区で海洋修復活動を主導

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

「七色の海の島」として知られるサン アンドレス島は、世界で最も豊かなサンゴ礁の一部を含むシーフラワー最大の島です。

サン アンドレス島自体はサンゴの島です。これは、サンゴの骨格や、これらの植民地生物に関連するその他の多数の動植物から得られた有機物質によって地質学的に構築されたことを意味します。 これらの種類の島は低地にあり、ほとんどが海抜わずか数メートルで、ココヤシの木と白いサンゴ砂のビーチに囲まれています。

このコロンビアの島が、透き通った海を持つ世界クラスのスキューバ ダイビングの目的地であり、毎年 XNUMX 万人以上が訪れる観光の中心地であることは偶然ではありません。

しかし、これほど「需要がある」ことには重要な欠点があります。それは、サンアンドレス島の独特の生態系と天然資源が深刻な影響を受けているということです。 これは生物学者でプロダイバーのマリア・フェルナンダ・マヤが直接目撃したことだ。

アンスプラッシュ/タチアナ・ザノン

サンアンドレス島はカラフルな海で知られています。

海を守るコミュニティ

「私は過去 20 年間にサンアンドレス島が変化するのを見てきました。 魚とサンゴの減少はかなり進んでいます。 世界の他の地域と同様に、私たちは非常に大規模な人口爆発を経験しており、私たちの資源への圧力は増大しています」と彼女は国連ニュースに語った。

マヤさんは人生のほとんどをダイビングに費やし、シーフラワー生物圏保護区の宝物を守るために働いてきました。 彼女はのディレクターです ブルーインディゴ財団、サンアンドレス諸島の持続可能な開発と海洋生態系の保護と回復に向けて活動する女性主導のコミュニティ組織です。

彼女は、地元コミュニティが自らの資源の保護を主導しなければならないと信じて、財団を設立することに決めたと言います。

「私はこれまで、多くの国際的および国家主導の環境プロジェクトに携わってきましたが、何が起こるかというと、人々は来て、期限付きのプロジェクトを行ってから去っていきます。 そして、地域社会がそれを継続する方法はありません」と生物学者は説明します。

私は島民です。 私は生まれる前から海との関係を築いてきました。

マヤさんは、財団のパートナーである科学コーディネーターのマリアナ・グネッコさんと協力しています。

「私は島民です。 私は生まれる前から海との関係を築いてきました。 海から遠く離れたくないことはずっとわかっていました」と彼女は国連ニュースに語った。

グネッコさんはわずか 10 歳の頃からフリーダイビングを続けており、マヤさんと同様に 14 歳前にスキューバの資格を取得し、その後生物学者として大学を卒業しました。 彼女は現在、博士号の取得も目指しています。

コロンビアのサンアンドレスにある、サンゴのテーブル型苗床でポーズをとるブルー・インディゴの女性生物学者。 ブルーインディゴ

コロンビアのサンアンドレスにある、サンゴのテーブル型苗床でポーズをとるブルー・インディゴの女性生物学者。

海洋科学分野の女性

による ユネスコ女性は海洋との交流のあらゆる側面に携わっているが、世界の多くの地域では、海洋産業だけでなく海洋産業でもジェンダー不平等が根強く残っているため、漁業などの海洋ベースの生計と保全活動の両方に対する女性の貢献はほとんど目に見えない。海洋科学の分野。

実は女性は、 全海洋科学者のわずか 38% にすぎない さらに、この分野における女性の代表の問題に関するデータや詳細な研究はほとんどありません。  

マヤさんもグネッコさんもこれを証言できます。

「海洋科学を主導するのは通常男性であり、女性が責任者である場合、彼らは常に疑われます。 どういうわけか、彼女たちをアシスタントや研究室に置くのは良いことですが、女性がプロジェクトを主導する場合、ある種の反発があると常に感じていました。 女性が情熱を持って話すとき、「彼女はヒステリックになっている」。 女性が型破りな決断をすると『彼女は気が狂っている』と思われるが、男性がそれをするのは『彼がリーダーだから』だ」とマヤさんは非難する。

これは女性たちが取り組んでいる暗黙の真実であるため、彼女は財団で反対の雰囲気を作り、育てるために懸命に働いたと彼女は言います。

「私たちは女性と男性のパートナー間の仕事を調和させることができ、女性の力と男性が提供しなければならないものを認識し、評価し、力を与えることができました」とマヤさんは強調します。

「私たちの意見、専門知識、知識は長年にわたって無視されてきたため、今このようなプロジェクトを主導できることは大きな意味を持っています。 それは平等と包摂の点で[大きなこと]を象徴しています。 科学界の女性は依然として多くの場合弱体化されているため、私たちが進むべき道はまだ長いですが、私たちはこの問題に永久に取り組むための正しい道を進んでいると思います」とグネッコ氏は同調します。

生物学者のマリア フェルナンダ マヤは、シーフラワー ユネスコ生物圏保護区の保護に生涯をかけて取り組んできました。 ブルーインディゴ

生物学者のマリア フェルナンダ マヤは、シーフラワー ユネスコ生物圏保護区の保護に生涯をかけて取り組んできました。

サンゴ礁を救う

ブルー・インディゴの生物学者らが国連ニュース現場取材チームと面会した日、マヤさんとグネッコさんはサンアンドレス島の寒冷前線によって引き起こされた、大西洋ハリケーンの季節にはよく起こる豪雨に耐えた。

その朝、私たちはこの記事を報道するのは不可能かもしれないと考えていました。雨で島の通りが川になり、私たちが行かなければならない地域の一部が泥沼になっていたからです。

「そして、女性は車の運転が怖いと言われています」とマヤさんは、全国規模のプロジェクトの地元実施者の一人として取り組んでいる修復現場の一つに向かう途中、私たちを迎えに来てくれたとき、いたずらっぽく笑いながら言った。コロンビアのXNUMX万個のサンゴ」は、全国の200ヘクタールのサンゴ礁の回復を目指しています。

その日の朝早く、天候のため島でのダイビングはすべて中止されていたが、(少なくとも水上では)状況は最終的に改善し、当局は赤旗を黄色に切り替えた。

そのニュースは、一日が台無しになったと思っていた熱心な学生ダイバーのグループの間で小さなお祝いを引き起こしました。

一方、残りの私たちはスキューバダイビングの装備を着て、(まだ)土砂降りの雨の中を海岸に向かって歩きました。

「一度水中に入ると、この灰色の一日のことは忘れてしまうでしょう。 わかるでしょ!" マヤさんは言いました。

コロンビアのサンアンドレスにある、ミドリイシ種を栽培するロープ型サンゴ苗床。 国連ニュース/ローラ・キニョネス

コロンビアのサンアンドレスにある、ミドリイシ種を栽培するロープ型サンゴ苗床。

そして彼女はこれ以上に正しいことはありませんでした。 島の西側にある岩だらけの(そして滑りやすい)サンゴ礁の海岸から思い切って海に入った後、私たちは波の下で信じられないほどの静けさを体験しました。

視界は非常に良好で、生物学者たちは私たちを、彼らが取り組んでいるロープ式サンゴ苗床のいくつかに案内してくれました。 ミドリイシサンゴの破片が成長中。 サンアンドレス島の美しいサンゴ礁内で、すでに移植されたサンゴの一部も見ました。

ブルー インディゴ財団は島のダイビング スクールと緊密に連携し、その修復活動に貢献しています。 この NGO は、年に数回、海外ダイバー向けに修復の専門コースも教えています。

「人々は私たちのプロジェクトを見て学びに来ます。そうすれば彼らは私たちにサンゴを求めてくるので、彼らはより簡単に参加することができます。 「ああ、うちのサンゴの調子はどう?」 私たちがサンゴ礁に植えたものはどうなっているの?」とマリアナ・グネッコ氏は説明し、人々がその生物が繁栄しているのを見ると、一般的な意識を高めるのに役立つと付け加えた。

シーフラワー生物圏保護区内のサンゴは、過剰な炭素排出とそれに伴う気候変動による水温の上昇と酸性化が原因で、70年代から減少し続けている。

「これらは世界的な脅威ですが、乱獲、悪質な観光慣行、ボートの衝突、汚染、下水処理など、サンゴ礁に害を及ぼす局所的な脅威もいくつかあります」とグネッコ女史は強調する。

苗床で育てたスタッグホーンサンゴを移植しました。 ブルーインディゴ財団

苗床で育てたスタッグホーンサンゴを移植しました。

ライザルの人々の取り組みと持続可能な観光

By 定義, ユネスコ生物圏保護区は、持続可能な開発について学ぶための事実上のセンターです。 また、生物多様性の管理を含む、社会システムと生態系の間の変化と相互作用を詳しく調べる機会も提供されました。

「生物圏保護区が宣言されるということは、その生物多様性だけでなく、その生物多様性と特別なつながりを持つコミュニティがあり、そのつながりは文化的・文化的なものと何十年も続いているという理由から、そこが特別な場所であることを意味します。歴史的価値があります」とグネッコさんは説明します。

シーフラワーは非常に特別で、カリブ海の 10 パーセント、コロンビアのサンゴ礁の 75 パーセントを占め、サメ保護のホットスポットであると彼女は付け加えました。

「地元のコミュニティ、つまり何世代にもわたってここに住んでいるライザルの人々は、健全で持続可能な方法でこれらの生態系と関わる方法を学んでいます。 これが、Raizal にとっても、他の住民にとっても、私たちの生き方です。 私たちはこの生態系とその生物多様性に完全に依存しており、だからこそそれが重要で特別なのです」と生物学者は付け加えた。

ライザル族は、コロンビアのカリブ海沿岸沖のサンアンドレス島、プロビデンシア島、サンタカタリナ島に住むアフリカ系カリブ海の民族グループです。 彼らは政府によってアフリカ系コロンビア人の民族グループの一つとして認められています。

彼らは、カリブ海地域で使用される多くの英語クレオール語の 20 つであるサン アンドレス プロビデンシア クレオール語を話します。 80,000 年前、ライザル族は島の人口の半分以上を占めていました。 現在、一般人口は約 40 人ですが、本土からの大量の移民流入により、ライザル族が約 XNUMX パーセントを占めています。

ライザルの生物学者アルフレド・アブリル=ハワード氏は、ブルー・インディゴ財団のマリア・フェルナンダ・マヤ氏とマリア・グネッコ氏とともに研究を行っています。 国連ニュース/ローラ・キニョネス

ライザルの生物学者アルフレド・アブリル=ハワード氏は、ブルー・インディゴ財団のマリア・フェルナンダ・マヤ氏とマリア・グネッコ氏とともに研究を行っています。

Raizal 海洋生物学者で研究者の Alfredo Abril-Howard も、Blue Indigo Foundation で働いています。

「私たちの文化は海と密接に結びついています。 漁師はサンゴの変化に最初に気づきます。たとえば、健全なサンゴ礁にはより多くの魚が集まってくることに気づきます。 彼らは、過去のサンゴ礁の様子を鮮明に描写することができます…私たちのサンゴ礁の重要性を彼ら以上に理解している人はいません」と彼は強調します。

この専門家は、サンアンドレスには大きな社会経済的問題があると考えていると述べ、観光以外に住民が生計を立てる方法がほとんどないという。

「観光業は成長を続けており、ほとんどの経済活動は観光業を中心に回っています。 観光客が増えているので、より多くの魚が必要です。そのため、生態系に影響を与えるあらゆるサイズの魚を捕獲できるようになりました。」と彼は言い、観光管理を改善することで、サンゴ礁を繁栄させながら、地元住民により良い経済機会を生み出すことができると強調しました。

アブリルハワード氏は、ダイビングが持続可能な方法で管理されていれば、生態系にも影響を与える可能性があると説明します。 また、修復活動に対する意識を高め、同時にサンゴ礁に恩返しすることにも役立ちます。

「私たちは観光のやり方を変える必要があります。 サンゴ礁を復元することは重要ですが、サンゴ礁がそこにあること、それが岩ではなく生き物であること、そしてサンゴ礁を踏んではいけないことを訪問者に認識させる必要もあります。 これらは、将来のサンゴ礁に利益をもたらす可能性のある小さなことです。 また、この島にはパーティーに来て酔っぱらうこと以上の魅力があることを人々に示し、人々が何かを学ぶことができるようにする必要もあります」と彼は言います。

朝の釣りに出発する直前のライザルの漁師カミロ・レチェさん。 国連ニュース/ローラ・キニョネス

朝の釣りに出発する直前のライザルの漁師カミロ・レチェさん。

「スーパーヒーロー」のための仕事

ライザルでもあるカミロ・レチェにとって、サンゴの修復活動は今や漁師としての生活の一部となっている。

「私は釣りを30年以上続けています。 私は初めてサンゴの白化を見たとき、サンゴが白くなり始めるのを見たとき、私たちが白髪になるのと同じように、サンゴも老化しているからだと思ったのを覚えています。 しかし、今ではそれが気候変動のせいだと理解しています」と彼は朝の釣りに出かける直前に私たちに語った。

「以前はこの辺りで美しい巨大サンゴを見ることができ、ロブスターや大きな魚を見つけるのはとても簡単でしたが、今ではそれらを見つけるためにさらに遠くまで行かなければなりません。」と彼は付け加えました。

レチェ氏は、世界の指導者たちが「胸に手を当て、ポケットに手を入れて」、財団が現在支援しているようなさらなる復興活動に資金を提供してほしいと述べた。

「私はサンゴを砕いてロープにかける方法を学びました。 移植にも出かけます。 そして、それらの小さな部分が今ではとても大きくて美しくなり、それを見るととても誇りに思います。 スーパーヒーローになったような気分だよ」

Raizal コミュニティは、サンゴ礁の修復活動に積極的に参加しています。 ここではXNUMX人の男性がテーブル型のサンゴ苗床を設置する準備をしています。 ブルーインディゴ

Raizal コミュニティは、サンゴ礁の修復活動に積極的に参加しています。 ここではXNUMX人の男性がテーブル型のサンゴ苗床を設置する準備をしています。

潮に逆らって泳ぐ

サンアンドレス島は、サンゴ礁と魚群島​​を失いつつあるだけでなく、海岸侵食にも直面しており、海面上昇やハリケーンなどの異常気象に対して脆弱です。

これらすべてがインフラを破壊し、島の美しい海岸面積を減少させています。 一部の地域では、今では砂浜がわずか XNUMX メートルしかない場所で、以前はサッカーの試合ができたと地元住民が話しています。

Blue Indigo が復元に取り組んでいる生態系は、異常気象時に地域社会を守るために不可欠です。

たとえば、コロンビアの科学者は、 証明できた 2020 年のハリケーン「イータ」と「イオタ」の際、マングローブが風速を時速 60 km 以上低下させるなどの方法でサンアンドレス島をどのように守ったかを説明します。

同時に、サンゴ礁はカリブ海の東から来る波の高さを 95% 近く下げ、嵐の際の波の強さも弱めます。

「サンゴ礁は非常に複雑な生態系であるため、私たちの修復努力では完全に元の状態に戻すことはできないことを私たちは知っています。 しかし、特定の種を育てることで、プラスの影響を与え、魚を取り戻し、これらの生物の自然な回復能力に火をつけることができます」とブルー インディゴの責任者、マリア フェルナンダ マヤは言います。

生物学者のマリア・フェルナンダ・マヤさんは、ロープ式のサンゴ苗床を掃除しています。 ブルーインディゴ

生物学者のマリア・フェルナンダ・マヤさんは、ロープ式のサンゴ苗床を掃除しています。

マリアナ・グネッコにとって、それは、気候変動による環境の変化の中でサンゴ礁が生き残れるよう支援することです。

「私たちに必要なのは、機能的なエコシステムです。 私たちは、気候変動に適応できるよう、少なくとも支援の手を差し伸べようとしています。 生態系は変化し、それは起こりますが、私たちが助ければ、少なくとも完全に消滅することはない形で変化が起こるでしょう」と彼女は言います。

両方の 生態系回復のための国連のXNUMX年国連持続可能な開発のための海洋科学のXNUMX年どちらも2021年に始まり、2030年まで実施される予定で、清潔で生産性が高く安全な海洋を保証し、海洋生態系を回復する革新的な海洋科学ソリューションを見つけることを目的としている。

ユネスコによると、海洋科学の2030年を通じてジェンダー平等を主流化することで、XNUMX年までに男性と同様に女性も海洋科学と管理を推進し​​、豊かで持続可能で環境的に安全な未来に必要な海洋を提供することができるようになるだろう。

「これに関わっている女性たちは、後に続くすべての女性のために道を切り開いています。 確かに、将来には問題があり、私たちは流れに逆らって泳いでいますが、何もしないよりはできることは何でもいいと思います。」

それがマリアナ・グネッコから私たち全員へのメッセージです。

これは、コロンビアにおける海洋回復の取り組みに関する特集シリーズの第 XNUMX 部です。 読む パートI コロンビアがXNUMX万個のサンゴを復元する計画をどのように計画しているかを知るため、そして パートII 楽園の島プロビデンシアへ行き、そこでハリケーンと生態系回復の関係について説明します。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-