12.9 C
ブリュッセル
9月(水曜日)27、2023
編集者の選択国家は宗教や信念に基づく不寛容に対する取り組みを強化しなければならない

国家は宗教や信念に基づく不寛容に対する取り組みを強化しなければならない

トルコ首相は各国に対し、「政治的目的のための宗教的差異の武器化」と闘うよう呼びかけている。 11年2023月XNUMX日の国連人権理事会での緊急討論会におけるフォルカー・テュルク国連人権高等弁務官の声明。

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

フォルカー・テュルク
フォルカー・テュルク
フォルカー・テュルク (1965 年生まれ) はオーストリアの弁護士であり、国連職員です。 彼は17年2022月XNUMX日から国連人権高等弁務官を務めている。

著者からのより多く

トルコ首相は各国に対し、「政治的目的のための宗教的差異の武器化」と闘うよう呼びかけている。 11年2023月XNUMX日の国連人権理事会での緊急討論会におけるフォルカー・テュルク国連人権高等弁務官の声明。

人間は言葉を超えて、記号を通してコミュニケーションをとります。 指輪は私たちの結婚の誓いを表します。 色付きのライトは私たちに停止または発進の合図をします。 宗教的シンボルはさらに奥深いものです。 三日月、星、十字架、座った人物。一部の人にとっては、これらはほとんど意味を持たないかもしれませんが、何百万人もの人々にとって、それらは膨大な歴史、広範囲にわたる価値体系、基盤の宝庫であり具体化であるため、深い意味を持っています。集団的なコミュニティと帰属意識、そして彼らのアイデンティティと核となる信念の本質。

私たちの内なる信念の表現を乱用したり破壊したりすると、社会が二極化し、緊張が悪化する可能性があります。

この緊急討論は、XNUMX億人を優に超える人々の信仰の核心であるコーランが焼かれるという最近の事件をきっかけに引き起こされた。 これらの事件やその他の事件は、軽蔑を表現し、怒りを煽るためにでっち上げられたようです。 人々の間にくさびを打ち込むこと。 そして、視点の違いを憎しみ、そしておそらくは暴力に変えて挑発することです。

ここで私が言いたい最初の点は、法律で何が許されるか許されないかという問題はひとまず脇に置き、自分自身の宗教的信念の有無に関係なく、人々は行動する必要があるということです。 他者への敬意を持って。 他のすべて。

法律で何が許されるか許されないかという問題はひとまず脇に置き、自分の宗教的信念の有無に関係なく、人々は行動する必要があります。 他者への敬意を持って。 他のすべて

フォルカー・テュルク国連人権高等弁務官(11年2023月XNUMX日、ジュネーブの国連人権理事会にて)

この方法によってのみ、持続的な対話が可能になります。 このようにしてのみ、私たちが直面する課題に協力して取り組むことを可能にする人類間の行動が可能になります。

しかし、宗教施設の破壊行為や聖像、信者にとって神聖な文書、宗教的品物の破壊は、何世紀にもわたって人々を侮辱し、挑発するために利用されてきました。 私にとって、イスラム教徒に対する言論や扇動行為は明らかです。 イスラム恐怖症。 反ユダヤ主義。 そしてキリスト教徒、あるいはアフマディ教徒、バハーイー教徒、ヤジディ教徒などの少数派をターゲットにした行動や言論は、まったくの無礼の表れである。 彼らは攻撃的で、無責任で、間違っています。

多様性があらゆる社会に多大な恩恵をもたらすことを思い出すことが重要です。 すべての人は信じるか信じないかの平等な権利を持っています。これは私たちを団結させる世界人権宣言の基礎です。 私たちはすべてのコミュニティの利益のために、宗教間の調和と相互尊重を促進する必要があります。

政治的および宗教的指導者は、自分たちのコミュニティだけでなく、攻撃を受けているあらゆる集団に対する無礼や不寛容に対して、明確に断固として即座に声を上げるという特に重要な役割を担っています。 また、暴力は、実際のものであるか認識されているかにかかわらず、事前の挑発によって正当化されないことを明確にする必要があります。

また、暴力は、実際のものであるか認識されているかにかかわらず、事前の挑発によって正当化されないことを明確にします。

フォルカー・テュルク国連人権高等弁務官(11年2023月XNUMX日、ジュネーブの国連人権理事会にて)

大統領、

これらは複雑な領域です。 基本原則として、あらゆる種類の言論や表現の制限は例外であり続けなければなりません。特に言論を制限する法律は、重要な問題についての議論を抑圧するなど、権力者によって悪用されることが多いためです。

しかしその一方で、言論行為は、それが発生する特定の状況においては、他者の行動を扇動することになり、場合によっては、非常に暴力的で差別的な行為となる可能性があります。 近年、礼拝所内を含め、宗教的信念を理由に人々を標的にした暴力行為、テロ攻撃、大規模な残虐行為が数多く発生しています。

国際法はこの種の扇動に関して明確です。 第20条 市民的及び政治的権利に関する国際規約 国家:締約国は例外なく、「差別、敵意、または暴力の扇動となる国家的、人種的または宗教的憎しみの擁護」を禁止しなければならない。

これをどのように適用する必要があるかをよりよく理解するために、2011 年に私のオフィスは一連の地域ワークショップを開催しました。 ラバト行動計画。 これは、言論の自由を扇動から暴力まで区別するのに役立つ、文脈、話者、意図、内容、危害の範囲と可能性に関する XNUMX 段​​階のしきい値を提供します。  

最終的には、自由権規約第 20 条の適用は、各国の立法者と裁判所が特定の事件に応じて決定する問題となります。 国際人権法が定めるガードレールに沿った方法でそうする必要がある。 意見と表現の自由に対する最優先の権利に対する国家的制限は、宗教の教義を批判的な検討から守ることではなく、個人を保護することを唯一の目的と結果とするように策定されなければなりません。

私のXNUMX番目のポイントは次のとおりです。 暴力、差別、敵意の扇動となる憎しみの擁護は、すべての国で禁止されるべきです。

大統領、

それらは暴力を扇動するとはみなされないかもしれませんが、他の形式の表現は暴力を扇動するものとみなされる可能性があります。 ヘイト·スピーチ、性別、信念、人種、移住ステータス、性的指向、またはその人やアイデンティティに固有のその他の要素に基づいて、個人またはグループに対して軽蔑的または偏屈な言葉を使用し、その尊厳を低下させ、社会における価値を貶めようとする場合他人の目。  

もっと詳しく説明したいと思います。女性を非人間化し、男性との平等を否定することです。 スカーフをかぶったイスラム教徒の女性や少女を言葉で虐待する。 障害のある人々を嘲笑する。 移民や特定の民族の人々は犯罪に巻き込まれる可能性が高いという虚偽の主張をする。 あるいは、LGBTIQ+ の人々を中傷するなど、そのようなヘイトスピーチはすべて、一部の人々は人間として尊敬に値しないという基本的な概念に由来しているという点で似ています。

ソーシャルメディアの波の影響を受け、国際的および国内的不和と二極化が増大する状況の中で、あらゆる種類のヘイトスピーチがあらゆる場所で増加しています。 それは個人にとって有害で​​あり、すべての社会が健全に機能するために必要な社会的結束を損なうものです。

XNUMX 番目のポイントは次のとおりです。 ヘイトスピーチは、すべての社会において、対話、教育、意識向上、宗教間およびコミュニティ間の関与を通じて対処する必要がある およびその他の公共政策ツール。 すべての責任ある当局、影響力のある人物、民間部門が積極的に対抗する必要があります。

 ヘイトスピーチに関する国連の戦略と行動計画 この現象に対処し、各国がそれに対抗するのを支援するための国連の対応です。

国家当局などによる効果的な防止戦略は、ヘイトスピーチの根本的な原因を特定し、対処することができます。 私は各国に対し、人権理事会で定められた宗教や信念に基づく不寛容と闘うための行動計画の実施に向けた努力を倍増するよう奨励します。 解像度16 / 18 ビア  イスタンブールプロセス。 関連記事で強調したように、 レポート 今年初めに、教材やピアツーピア学習は、宗教や信仰の分野における多元主義と多様性の尊重を促進する必要があります。 学んだ教訓と有望な実践の交換は、私たちの支援も含めて引き続き促進されるべきです。 権利のための信仰の枠組み.

大統領、

多くの社会が、政治的目的のために宗教の違いを兵器化することに苦しんでいます。 私たちは、政治的利益を目的とした混乱の商人、つまり意図的に私たちを分断しようとする挑発者たちに巻き込まれ、利用されることを許してはなりません。

私は、自分たちの最も深い価値観や信念を標的にした行為に腹を立て、激怒している何百万人もの人々に非常に同情しています。

今日の私の最も重要な目標は、私たちの多様性、人間存在の理解、そして私たちの考えや信念によってもたらされる、私たち全員の深い豊かさを認識することです。 私たちの社会は、宗教的、文化的背景が何であれ、私たちのすべての社会が、過去に複数の文明によって達成されたように、異なる人々の間の尊重、対話、協力を磁石にするよう努力しなければなりません。

国際の平和と安全を促進する。 豊かで安全で敬意を持った社会構造。 すべての加盟国の貢献から十分な恩恵を受けることができる経済や社会と同様に、私たちは寛容性の向上に取り組む必要があります。 より大きな敬意を表します。 そして、 私たちの違いの重要性と価値.

メディアで。 オンライン。 ビジネスにおいて。 学校で。 政府において。 警察で。 そして礼拝所の外と屋内の両方で。 ヘイトスピーチに対抗する最善の方法は、より多くの対話、より多くの会話、より多くの共通理解を構築し、私たちは皆平等であるという信念を表明するより多くの行動を行うことです。

私たち全員が、異なる信念を持ち、異なる生き方を採用し、異なる意見を持ち、共有する権利を含む権利を持っていること。

私は、この理事会が団結、建設的な関与、相互尊重、そして当然の深い反省の精神でこれらの複雑な問題を議論できると信じています。

ありがとうございました

- 広告 ​​-
-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-