17.3 C
ブリュッセル
10月(火曜日)3、2023
ニュース国連WFPの資金危機により西アフリカで何百万人もの人々が援助を受けられずに取り残される

国連WFPの資金危機により西アフリカで何百万人もの人々が援助を受けられずに取り残される

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

著者からのより多く

サヘル地域における同庁の緊急食糧・栄養支援活動はXNUMX月に始まり、難民、新たに避難民、栄養失調のXNUMX歳未満の子供、妊婦、授乳中の女性と女児に焦点を当てた。

©WFP/チェリック・オマール・バンダオゴ

国連WFPが栄養失調を防ぐ支援を行っているサヘル地域のブルキナファソで、生後10カ月の娘にお粥を与える母親。

記録的な飢餓 

西アフリカと中央アフリカでは全体的な食糧不安がここ10年で最高水準に達しており、47.2月からXNUMX月の閑散期にXNUMX万人が影響を受けている。

マリとチャドが最も大きな打撃を受けるだろうと言われている WFP、800,000万人がサバイバルセックス、早婚、武装集団への参加など、必死の対応策に頼る危険にさらされている。

「私たちは悲劇的な状況にいます。 今年の凶作期には、何百万もの家族がXNUMX月の次の収穫まで生活を維持するのに十分な食糧備蓄が不足し、多くの世帯が食糧を受け取ることになるだろう。 ほとんどまたはまったく援助がない 今後の過酷な数カ月を乗り切るために」と西アフリカ地域担当暫定ディレクターのマーゴット・ヴァンダーベルデン氏は語った。

「壊滅的な飢餓への大規模な落ち込みを防ぐために、私たちは直ちに行動を起こさなければなりません。」 

ビルディングレジリアンス 

紛争は依然としてこの地域における飢餓の主な要因であり、強制的な人口移動につながり、村全体が空っぽになり、コミュニティによる農業用土地へのアクセスが制限されている。 

WFPの閑散期への対応は、食料在庫が減少する中、深刻な飢餓に直面している家庭に命を救う食料と栄養支援を提供することを目的としている。 

ただし、予防と賢明な長期ソリューションへの積極的な投資により、そのような緊急措置への依存を大幅に減らすことができます。

これらのソリューションには、回復力構築活動、社会的保護プログラム、気候保険の支払いなどの将来のイノベーションや投資が含まれます。

人命救助 

サヘル地域におけるWFPの統合​​的強靱化プログラムは、学校給食やその他の栄養サービスなどの支援と連携した、集団的な流域計画、土地の回復と再生、小規模農家への支援に焦点を当てています。 

例えばニジェールでは、WFPのレジリエンス支援を受けた村の80%が、同じ地域の計画対象外の他の村とは異なり、2022年には人道支援を必要としなかった。

この成功は、WFPのおかげで約XNUMX万人が人道的食糧援助を必要としないことを意味しました。 長期投資 レジリエンス強化に。 

緊急ニーズの拡大を防ぐには、こうした活動を拡大することが重要です。 このプログラムは、人道的ニーズを引き起こす気候変動やその他の衝撃を予測し、それに対応する国家能力の強化にも貢献します。

ソースリンク

- 広告 ​​-
-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-