9.4 C
ブリュッセル
2月(水曜日)21、2024
防衛イスラエルとパレスチナの持続可能な共存のために

イスラエルとパレスチナの持続可能な共存のために

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ラーセン・ハンムーチ
ラーセン・ハンムーチhttps://www.facebook.com/lahcenhammouch
ラーセン・ハムーシュはジャーナリストです。 ブリュッセル・メディアCEO。 ULBの社会学者。

何年もの間、私はイスラム教徒として話をしてきましたが、イスラム主義者としては決して話しませんでした。 私は個人の信仰と政治は切り離すべきだと強く信じています。 イスラム主義は、自らのビジョンを社会に押し付けようとすることにより、穏健な民主主義と近代国家の原則に矛盾します。

1987 年に設立されたイスラム主義運動ハマスは、イスラエル占領を背景に出現しました。 その始まりは絶望感とパレスチナ人の権利を守りたいという願望に満ちていました。 しかし、長年にわたり、ハマスはより過激な政治的アプローチへと進化し、排他的で独断的なビジョンを提唱しました。

ハマスには、イスラエルを含むパレスチナの完全解放からパレスチナにおけるイスラム国家の樹立に至るまで、多くの目的がある。 ハマスは、個人の寄付者、慈善団体、政治的願望の一部を共有する国々など、さまざまな資金源から資金提供されています。 ハマスを支援する国には、同様の政治的、宗教的利益を共有するイラン、カタール、トルコが含まれる。 この財政的および政治的支援は運動の発展に影響を与え、その立場を強化するのに役立ちました。

ハマスの攻撃による最近の劇的な出来事は、千人以上のイスラエル国民の命を奪い、計り知れない悲しみと悲しみを引き起こしています。

今日の解決策はハマスの締め付けを終わらせることにある。 パレスチナ人に民主的に意見を表明する機会を与えるためには、パレスチナ人をイスラム主義の支配から解放することが極めて重要である。 建設的な対話に参加し、隣国イスラエルとの共存に向けた平和的解決策を見つけるためには、民主的に選出された代表者を選ぶ必要がある。

パレスチナ人のすべての声の参加を保証し、透明な民主的プロセスを確立することが不可欠です。 これは、リーダーを選ぶ自由だけでなく、オープンで敬意を持った議論を促進する環境を作り出すことも意味します。 パレスチナ人は、すべての個人の尊厳と権利を守りながら、永続的な解決策の探求に積極的に貢献する機会を得る権利がある。

ハマスによる締め付けを終わらせることで、パレスチナ人は政治的イスラム主義の束縛から解放され、民主的で豊かな未来への道を歩み始めることができるようになる。 これは、正義、寛容、相互尊重に基づいた社会を構築するための重要な一歩です。

ヨーロッパは、長期的には現代の民主主義社会の基盤を破壊する可能性があるこの脅威に目覚める時期が来ています。 私たちは相互尊重と平和共存に基づいて、恒久的な平和を目指して努力しなければなりません。

イスラエルとパレスチナが良き隣人として尊重され、独立して生活し、すべての個人が完全な自由で信仰を実践できるようにしながら、地域の繁栄と平和に貢献する未来に向けて力を合わせていきましょう。

啓発されたビジョンのために: パレスチナを支援し、過激主義を見極める

私は、近隣諸国と調和して共存する、自由で独立したパレスチナへの支持を表明したいと思います。 しかし、パレスチナ人、パレスチナ、そしてイスラム主義運動ハマスを決定的に区別することが重要である。 ハマスはパレスチナ全体を代表しているわけではありませんが、イスラエルの抹殺という単一の目的を持ったイスラム主義政治団体です。

ハマスが大きな力を持っていることは否定できないが、この運動がパレスチナ人民全体の願望や願望を反映したものではないことを理解することが不可欠である。 このため、個人の信仰の源である精神的宗教としてのイスラム教と、政治的プロジェクトとしてのイスラム主義を区別することが不可欠です。

残念なことに、私たちのヨーロッパ諸国では​​、政治と市民社会がこれら XNUMX つの現実を混同する影響力に浸潤されている状況に直面しています。 この区別をしようとする私たちは、しばしば脅迫や非難に直面することがあります。

ヨーロッパの国々が目を覚まし、洞察力を示し、賢明な対話を促進する時が来ています。 パレスチナを支援することは、自動的にハマスを支援することを意味するものではない。 私たちはすべての近隣諸国との建設的な対話にオープンな、自由で独立したパレスチナのために働かなければなりません。

パレスチナ人の独立に対する正当な願望と過激な政治グループの行動を区別する啓発的なビジョンを推進することは、国民としての私たちの義務です。 このようにして、私たちはこの地域における永続的かつ公正な平和の模索に貢献していきます。

公正な批判と性急な判断を区別する

今日、一部のイスラム教徒がハマスに対するいかなる形の批判も受け入れることに消極的であることは残念である。 しかし、自分の信仰と宗教を大切にする信者にとって、その起源が何であれ、テロ行為を支持することは考えられません。

ハマスはイスラム主義組織として、大きな懸念を引き起こしている。 大義を主張しながらも、その行動は何よりもまずパレスチナ人自身にとって非常に危険である可能性があることを認識することが不可欠である。 現実には、この組織は常に公平な解決に向けた平和的で建設的な方法を模索することなく、パレスチナ人の生命と権利を危険にさらす戦術を使用しています。

これはパレスチナ人だけに限ったことではない。 ハマスは世界中のイスラム教に対する認識に大きな影響を与えています。 残念なことに、それは否定的な固定観念を強化し、イスラム教徒全体に対する不信感を引き起こす可能性があります。 したがって、これはパレスチナの国境を越え、世界のイスラム教徒コミュニティに影響を与える懸念です。

イスラム教徒にとって、神への信仰と自分たちの宗教への愛は、テロ行為や暴力行為の正当化と共存できないことを覚えておくことが極めて重要です。 イスラム教は全人類に対する平和、正義、思いやりを提唱します。

信者として私たちには、パレスチナ人の権利の正当な擁護と、時にはイスラム教の基本的価値観に反する組織の行為とを区別する責任があります。 ハマスを批判することは、パレスチナの大義を拒否することを意味するのではなく、むしろ公正かつ永続的な解決策を見つけるために建設的な対話に参加することを意味します。

今こそ、イスラム教の真の原則、つまり平和、正義、そして全人類の平和的共存という原則を守るために立ち上がって私たちの声を届ける時です。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-