8.4 C
ブリュッセル
4月月曜日、15、2024
人権イスラエルとハマスの対立で中東は「奈落の淵」にあると国連が警告…

イスラエルとハマスの対立でガザ危機が深刻化、中東は「奈落の淵」にあると国連が警告

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

国連事務総長の訴えは、イスラエルの封鎖を受けてガザ地区内できれいな水やその他の重要な物資が減少している中で行われた。 

7月XNUMX日に過激派組織がイスラエル国内の数カ所を攻撃し、その後イスラエルが宣戦布告したことを受けてイスラエルとハマスの間で最近の紛争が勃発して以来、国連や他の人道支援機関はXNUMX時間体制で援助の事前提供に取り組んできた。 

イスラエルが差し迫った攻撃を警告してからガザ地区の状況が急速に悪化する中、双方で数千人が殺害され、数十万人が避難を余儀なくされていると伝えられている。

アントニオ・グテーレス氏は声明で「われわれが中東の奈落の淵に立たされているこの劇的な瞬間に、2つの力強い人道的訴えを起こすのが国連事務総長としての私の義務だ」と述べた。

ハマスに対する同氏の訴えは、人質を無条件で即時解放することだ。 そしてイスラエルは、ガザ地区の民間人に対する人道支援への迅速かつ妨げのないアクセスを許可すべきである。  

グテーレス氏は、「現地の無私無欲なスタッフは、NGOパートナーとともに、これらの物資をガザ内およびガザ全域に安全に運ぶことができる必要がある」と述べた。  

これらの目標は交渉の材料になるべきではなく、実行されなければならない、と国連事務総長は訴え、それは「正しいことだ」と付け加えた。

「ガザは絞殺されている」

同様の嘆願は日曜日の初めにUNRWAのフィリップ・ラッザリーニ事務総長からも行われた。 

パレスチナ難民に対処する国連機関の責任者は東エルサレムでジャーナリストに語り、ガザにいる同僚たちはもはや人道支援を提供できないと警告した。 

「UNRWAの活動はガザ地区における国連の最大の拠点であり、我々は崩壊の危機に瀕している」と同氏は述べ、「水一滴も小麦一粒も燃料も一リットルもなかった」と説明した。過去XNUMX日間はガザ地区への立ち入りが許可された。   

そしてすぐに、食べ物も薬もなくなるだろうと彼は付け加えた。 子供や女性を含む数千人が殺害された。 ガザでは現在、遺体袋さえ不足しているとUNRWA長官は嘆いた。

「実際、ガザでは絞め殺されており、世界は今、人間性を失っているようだ」と彼は強調した。  

XNUMX週間だけで少なくともXNUMX万人が家からの避難を余儀なくされ、「人の川が南に流れ続けている」。 

「集団的懲罰に​​他ならない」

現在、少なくとも400,000万人の避難民がUNRWAの学校や建物に住んでいますが、そのほとんどは緊急避難所としての設備が整っていません。 ガザ地区にいる13,000万XNUMX人のUNRWA職員のほとんどは現在、避難しているか、家を追われている。

ガザのUNRWA学校に避難している家族の子どもたちが、世界食糧計画(WFP)から配布されたパンを食べる。

「私たちUNRWAはすでに14人の職員を失いました。 彼らは教師、エンジニア、警備員、心理学者、エンジニア、産婦人科医でした」とラッザリーニ氏は語った。  

イスラエルの最後通告を受けて活動を継続するため、ガザのUNRWAチームはラファに移転し、現在は同じように食料と水を配給している何千人もの絶望的な避難民が収容されている同じ建物で働いている。  

衛生状態はひどいものだ、とラッザリーニ氏は続けた。 「老人、子供、妊婦、障害のある人たちは、まさに人間としての基本的な尊厳を奪われており、これは全くの恥ずべきことだ!」 

同氏は「ガザ包囲、そのやり方は集団的懲罰に​​他ならない」と強調し、燃料、水、食料、医薬品などの必需品の即時安全な通過を要求した。

ブルーラインに沿った緊張

紛争は現在、より広い地域に波及する恐れがある。 

UNIFIL、レバノンの国連暫定軍は、日曜日中にレバノン領土とイスラエルの間のブルーラインに沿ったいくつかの地域で激しい銃撃戦が観察されたと発表した。 イスラエルとレバノンを隔てる非公式国境であるブルーラインの両側に影響が出ている。 

ブルーライン設備メンテナンス

UNIFIL チンメウ/ディン・ウェンドン

ブルーライン設備メンテナンス

UNIFILの声明には「ナコウラにある当社の本社がロケット弾で攻撃され、どこから来たのか確認を進めている」と書かれている。 この作戦の平和維持軍は当時避難所にいなかったが、負傷者はいなかった。

UNIFILは状況の沈静化に向けてブルーラインの両側の当局と積極的に連携し、関係者全員に停戦し、平和維持軍が解決策を見つけるのを支援できるよう要請している。 

「これ以上多くの人が傷つけられたり殺されたりするのは誰も見たくない」と強調し、軍事的エスカレーションが続いていることに遺憾の意を表明した。

WHO、対応能力を拡大 

イスラエルと南レバノンの国境における緊張の高まりを受けて、世界保健機関()現地の民間人に救命医療への即時アクセスを提供する能力を高める。  

本日、ドバイにあるWHOの物流拠点から800つの荷物がベイルートに到着しました。 これらには、1000 人から XNUMX 人の負傷患者のニーズを満たすのに十分な外科用および外傷用の薬と物資が含まれています。 

国連機関は声明の中で、進行中の経済危機、2020年のベイルート港爆発事故、シリア難民危機によるさらなる負担により、レバノンの医療制度が機能不全に陥っていると説明した。 

レバノン保健省は、WHOから重要な物資を受け取る紹介病院を特定中だ。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-